ニッカンプロ野球

ふくださんの高校野球が好き

合同練習会実現 18年前に米国で見たショーケース

大リーグの公式球(2020年2月22日撮影)

6月25日、興味深いニュースが飛び込んできた。日本学生野球協会が、日本高野連が申請したプロアマ共催による「合同練習会」の実施を承認したという。プロを目指す高校3...

幻の夏、甲子園優勝校は…今年も予想メール届く

甲子園球場(19年夏開会式)

5月下旬のある日、高校野球ファンのNさんから「幻の夏…」というタイトルのメールが届いた。 Nさんからは8年前から地方大会開幕前の6月に夏の甲子園優勝校を予想する...

頑張ることはつながる…高校球児が受け継ぐエール 

甲子園球場

「頑張ることは…つながるんやって」 21日に放送されたNHK連続テレビ小説「エール」で、早大の応援部団長が主人公に語りかけた言葉だ。 夏の甲子園大会の中止が決ま...

14都県、4地区で中止 春季大会開催状況一覧

関東大会が行われる予定だった山梨県の山日YBS球場

新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初めてセンバツが中止となった高校野球。春季大会も開催中止や延期が相次いでいる。3月31日現在、開催されているのは沖縄だけ。...

センバツ出場32校をズバリ予想 24日選考委員会

昨年のセンバツ決勝・習志野対東邦 優勝し歓喜の東邦ナイン(撮影・清水貴仁)

センバツ出場校を決める選考委員会が今週24日(金曜)に迫った。出場32校をズバリ予想してみた。 ちなみに12年以降の予想は、12年=3校外れ、13年=2校外れ、...

渡辺元智氏の金言「指導者は役者になった方がいい」

横浜高元監督の渡辺元智氏(2019年1月20日撮影)

元横浜高校監督の渡辺元智氏(75)が12日、東京・代々木で行われた野球指導者講習会にパネリストとして参加した。15年夏を最後に監督を勇退したが、変わらぬ情熱で小...

履正社優勝 V予想6年ぶり外したNさんの敗因とは

夏の甲子園大会が終わった。履正社(大阪)が星稜(石川)を破り初優勝。決勝戦は手に汗握るナイスゲームだった。 初優勝を飾り喜ぶ履正社ナイン(撮影・清水貴仁) 翌日...

奥川、林、敦賀気比の1年生打者にも注目/甲子園

甲子園大会が6日に開幕する。個人的に注目する選手を挙げておきたい。 星稜・奥川(2019年7月28日) 【投手】 伊藤 樹(宮城・仙台育英=1年) 鈴木寛人(茨...

明石商、明豊、星稜がV候補 今年も予想メール届く

夏の甲子園を目指す熱い戦いが今週末の22日、全国のトップを切って南北海道と沖縄で開幕する。今年も先日(6月15日)、高校野球ファンのNさんから恒例のメールが届い...

星稜・奥川投手と白えびと富山アルペンスタジアム

高校野球春季北信越大会を取材に富山県に出張した。 北信越大会3連覇の星稜ナイン 【5月31日】 早朝から会社でルーチンワークをこなし午後4時24分東京駅発の「か...

県岐阜商新ユニホームと智弁対決を見に静岡~奈良へ

5月24日から26日間まで、春季東海大会と近畿大会をはしご取材した。 「智弁」がいっぱい 【24日】 午前7時過ぎ、都内の自宅を出発。東海大会の行われる静岡へ向...

「令和の怪物」大船渡・佐々木投手を見に岩手へ/2

釜石にサヨナラ負けで初戦敗退を喫した大船渡・佐々木(中央奥)は、表情を隠して相手を見つめる(2019年5月18日撮影)

「令和の怪物」163キロ右腕、大船渡の佐々木朗希投手の岩手県大会を取材しに再び岩手へ出張した。 【16日】 午前に都内の自宅を出発。岩手県の宮古市を目指す。まず...

「令和の怪物」大船渡・佐々木投手を見に岩手へ

「令和の怪物」大船渡・佐々木朗希投手(3年)を見に岩手に行ってきた。大型連休真っただ中の1日に東京を出発、6泊7日の長い旅になった。 住田対大船渡 1回表住田無...

智弁和歌山・細川、春日部共栄・村田らに注目

春日部共栄・村田賢一

センバツ高校野球が今日23日、いよいよ開幕する。開幕当日となってしまったが注目選手を何人かピックアップしてみた。 まずは投手から。 星稜・奥川恭伸(3年)と横浜...

イチロー引退 忘れられないレーザービーム記念日

イチローの「レーザービーム」を伝える01年4月13日付日刊スポーツ1面

忘れられないイチローのプレーがある。メジャー1年目の2001年(平13)4月12日。当日は編集局野球部の当番デスクだった。 鮮烈なデビューを飾ったイチローはアス...

福井国体取材日記 恐竜と根尾と輝星と松井博物館

9月29日から10月4日まで福井国体高校野球取材のため福井県に出張した。大会は台風のため短縮され準決勝、決勝が行われず。4強入りした浦和学院(埼玉)金足農(秋田...

根尾、篠木、斉藤らに注目 甲子園明日開幕

大阪桐蔭・根尾

 第100回全国高校野球選手権が明日5日、甲子園で開幕する。ギリギリになってしまったが、個人的に注目する選手を挙げておきたい。  【投手】  沼田翔平(北北海道...

タイブレーク35試合 最長15回 後攻が22勝 

30日の西東京大会決勝戦。9回裏1死一塁、サヨナラ本塁打を放ち生還した大塚(背番9)を出迎える日大三ナイン。手前はガックリとしゃがみこむ勝又(撮影・宇治久裕)

 甲子園を目指す地方大会は30日にすべて終了。56代表が決まった。3781チームが参加し3726試合が行われた。そして夏の大会で初めて採用されたタイブレークは3...

大阪桐蔭、創成館が横綱 今年も予想メール届く

17年8月、第99回全国高校野球選手権大会で優勝を決めた花咲徳栄ナイン

 夏の甲子園を目指す熱い戦いが23日、全国のトップを切って北海道と沖縄で開幕した。今年も先日(6月10日)、高校野球ファンのNさんから恒例の1通のメールが届いた...

大阪桐蔭・根尾投手と明石城 近畿大会取材日記

明石商対大阪桐蔭 力投する大阪桐蔭・根尾。後方は明石城(ISO記者撮影)

 先週末、春季近畿大会を取材するため兵庫・明石市に出張した。  【5月26日】  午前6時に起床。西明石駅前のビジネスホテルを出発しJRで隣の明石へ移動。改札を...

37本塁打とスコアボード故障 関東大会取材日記

千葉県天台球場のスコアボード、急きょ用意した手動のカウント表示板(撮影・保坂淑子)

 19日から23日まで千葉県で春季関東大会を取材した。18試合で37本塁打が飛び出すなどあらためて高校生の打力アップを感じさせられた大会となった。  【18日】...

ゴールデンウィーク「プチ高校野球旅」

 世の中はゴールデンウィークのまっただ中。休みが取れた4月30日、5月1日の2日間を利用して「プチ高校野球旅」に出かけた。  【4月30日】  春季埼玉大会を見...

センバツ甲子園取材日記/3月22~26日

伊万里対大阪桐蔭 9回表伊万里2死満塁、末吉が空振り三振に倒れゲームセット。投手森本(撮影・田崎高広)

 第90回センバツ高校野球大会を甲子園で取材中。5日分をまとめて更新。 【22日】  東京・築地の会社へ。明日からの日刊(N)式テーブルでの速報の準備。早大スポ...

センバツ出場36校をズバリ予想 26日選考委員会

明治神宮大会で優勝した明徳義塾

 センバツ出場校を決める選考委員会が今週26日(金曜)に迫った。今年は90回記念大会ということで36校が出場。ハードルは高くなったが36校を予想してみた。  ち...

動作解析の専門家が見つけた日本人離れした打者とは

オリックス吉田正尚(17年9月撮影)

 12日から3日間、東京・代々木で行われた「野球指導者講習会」を取材した。その中で興味深い講義があったので紹介したい。  2日目の13日、筑波大の准教授で野球部...

花咲徳栄監督明かす 2回戦前に発した主将の言葉

指導者講習会で講師を務めた花咲徳栄・岩井監督(右端)

 昨夏の甲子園で優勝した花咲徳栄(埼玉)の岩井隆監督(48)が14日に東京・代々木で行われた野球指導者講習会に出席した。「Good Coachの条件」というテー...

愛媛国体取材日記 財布をなくしてさあ大変

愛媛国体で優勝し胴上げされる広陵・中村

 10月5日から10日まで愛媛国体取材で松山市に出張した。大会は夏の甲子園準優勝の広陵(広島)が初優勝を果たした。 【5日】  都内の自宅から新横浜へ。のぞみに...

NさんV予想が今年もズバリ的中/2017夏回顧上

 夏の甲子園大会が終わって10日あまり。ちょっと遅れてしまったが、今年の夏の高校野球をふりかえってみた。  全国制覇を果たしたのは花咲徳栄(埼玉)だった。...

甲子園取材日記/8月23日・最終回

広陵に勝利し初優勝を決めた花咲徳栄ナインは歓喜の輪を作る(撮影・鈴木みどり)

 私の担当チーム、花咲徳栄が優勝した。埼玉県勢としては夏の甲子園初制覇となった。いろんな方から「おめでとう」と電話やメールをいただいた。私が優勝したわけで...

甲子園取材日記/8月17~22日

 6日分をまとめて更新。   【17日】  現地休暇をいただく。といってもやることがないので甲子園で野球観戦。試合後は再びHさんのウイークリーマンションへ...