ニッカンプロ野球

注目コーナー

スコア速報

新着ニュース

村上宗隆、今日こそ王貞治超え56号なるか 中野2夜連続先頭弾 ヤクルト-阪神/ライブ速報中

<ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮セ・リーグ優勝を果たしたヤクルトが、クライマックスシリーズ進出を狙う3位阪神と対戦する。予告先発はヤクルトが市川悠太、阪神は伊藤将司。 試合開始は午後6時の予定。ニッカンスポーツ・コムでライブ速報します。 チーム123456789計 阪  神10       1 ヤクルト00       0 【神】伊藤将 【ヤ】市川...

関連するニュースを読む

【日本ハム】本拠最終戦、スペシャルアドバイザーでOB田中賢介氏が始球式 ストライク投球披露

日本ハム対ロッテ 始球式を務める日本ハム田中SA(撮影・黒川智章)

<日本ハム-ロッテ>◇28日◇札幌ドーム 札幌ドーム最終戦の始球式を日本ハムOBでもある田中賢介スペシャルアドバイザー(41)が務めた。札幌ドームでの歴代最多安打数の「573」の背番号入りユニホーム姿で登場。ストライク投球を披露した。 直前にはスタンドの人文字で試合を盛り上げた。青色と白色のボードが客席に設置されており、来場者が手元のボードを掲げるとは「TH...

関連するニュースを読む

【DeNA】木村カエラが始球式 野茂英雄氏ばりワインドアップからワンバン投球披露

DeNA対中日 始球式を務めた木村カエラ(撮影・たえ見朱実)

<DeNA-中日>◇28日◇横浜歌手の木村カエラが、DeNA-中日23回戦(横浜)で始球式を行った。 「I☆YOKOHAMA SERIES」のスペシャルユニホームに袖を通し、笑顔でグラウンドに登場。野茂英雄氏ばりのワインドアップから、ダイナミックなフォームでワンバウンド投球を披露した。 投球後は、笑顔で手を振りながら、グラウンドを引き揚げ、スタンドからは大き...

関連するニュースを読む

【阪神】藤浪晋太郎メジャー挑戦直訴は「事実」ポスティング交渉へ「自分の気持ちは変わらない」

ヤクルト対阪神 引退する嶋基宏のところあいさつに走る藤浪(撮影・加藤哉)

<ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮阪神藤浪晋太郎投手(28)が28日、今オフにポスティングシステムを使用して大リーグ移籍を目指すことを正式表明した。 昨年12月の契約交渉中、メジャー挑戦の意思を球団に直訴。前日27日、今オフに大リーグ移籍を目指す意思が明らかになっていた。 この日はブルペン待機するヤクルト戦の練習後、神宮球場で報道陣に対応。 「チャレンジさせて...

関連するニュースを読む

【阪神】メジャー移籍目指す藤浪晋太郎に球団社長「今後本人と話をしながら決めていきたいなと」

阪神藤浪晋太郎(22年9月撮影)

<ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮阪神藤浪晋太郎投手(28)が28日、今オフにポスティングシステムを使用して大リーグ移籍を目指すことを正式表明した。 昨年12月の契約交渉でメジャー挑戦の意思を球団に直訴。前日27日、今オフに大リーグ移籍を目指す意思が明らかになっていた。 この日の試合前には百北幸司球団社長(61)が取材対応。今シーズンに入っても何度か話し合いの...

関連するニュースを読む

コラム

頼もしさ増す高橋光成 先発25戦中QS21試合「エース」の肩書似合う存在に
虎だ虎だ虎になれ!

【虎になれ】選手と監督との相性はあるけれど それを超えるものは存在感だ

岡田彰布氏(08年7月11日撮影)

選手にとって監督との関係はどういう感じだろう。会社員にとって上司のような感覚だろうか。ある球界の大物OBにそんな質問をしたことがある。内容的に名前は書きにくいけれど答えはこんな感じだった。 「居酒屋で酔っぱらった後、女のコを目当てに飲み屋さんに行くとするだろ? 気に入ったコがいればそのまま、その店にいる。いなかったら次の店に行く。そういう感じかな」 ??? ...

評論家コラム

【森本稀哲】日本ハム清宮幸太郎が満塁弾 ヤクルト村上と同等の潜在能力ある来季こそ覚醒に期待

日本ハム対ロッテ 2回裏、満塁本塁打を放ち新庄監督に出迎えられジャンプする清宮(撮影・黒川智章)

<日本ハム14-0ロッテ>◇27日◇札幌ドーム日本ハム清宮幸太郎内野手が満塁本塁打を含む4安打を放った。ホームランアーチストで、もともとツボがあり、昨年はそれがぼやけてしまうくらい迷いが生じたと思うが、今は「自分が得意にしているここに来たときは」という自信ができてきている。毎回打てるわけではないが、これは野球人生においての武器になってくる。 今季ここまで18...

評論家コラム

【大石大二郎】どこが優位とはいえない3球団のCS争い 阪神は28日勝ってプレッシャーを

ヤクルト対阪神 4回表阪神1死満塁、高寺は中犠飛を打ち上げ得点を挙げるとベンチのナインから祝福のタッチを受ける(撮影・加藤哉)

<ヤクルト1-4阪神>◇27日◇神宮阪神は4回に高寺の犠飛で挙げた2点目が大きかった。明日なき戦いで、代打投入でもおかしくない場面。2球連続ボール球の空振りで厳しい状況だったが、甘く入った球を打ち損じず中堅に飛ばした。青柳、高梨の両先発とも状態が良くない中、あの回0点なら結果が逆になっていたかも知れない。流れを決める意味で大きな1点だった。 青柳は得意のツー...

球団別情報マイ球団設定

記事ランキング

【とっておきメモ】内川聖一「今度藤田が行くんで、よろしく」元同僚移籍で楽天担当記者に電話

笑顔で引退会見をするヤクルト内川(代表撮影)

<とっておきメモ>引退を決めたヤクルト内川聖一内野手(40)と交わした、10年前の会話が思い出される。ナイター前に遠征先のホテルでひと息ついていると、スマホが鳴った。発信元は「内川聖一」。突然のコールに驚きつつ、電話を取った。 「古川さん、楽天担当でしたよね。今度、藤田が行くんで、よろしくお願いします」 DeNA藤田一也内野手の楽天へのトレード移籍が発表され...

【ソフトバンク】松田宣浩、選択肢は「NPBのみ」ホークスの存在「人生そのもの」一問一答2

退団会見を行った松田(撮影・岩下翔太)

今季限りでソフトバンクを退団することになった松田宣浩内野手(39)が28日、ペイペイドーム内で会見を行った。主な一問一答は以下の通り。 -17年の思い出は 「プロ1年目に入ったときの感想を思うと、すごくレベルの高いところに入って、このままじゃ通用しないなという思いでスタートした1年目から、練習をたくさんしてここまでやってきて、17年間ホークスのユニホームを着...

【ヤクルト】嶋基宏が引退会見「今年1年やったらと覚悟はできていた」16年間の現役生活に幕

引退会見で感極まるヤクルト嶋(代表撮影)

今季から捕手兼任コーチ補佐を務めるヤクルト嶋基宏(37)が28日、神宮で引退会見を開いた。今季は出場は1試合のみだが、練習中から大きな声を出し、内山壮ら若手捕手へ積極的に助言。チームの頭脳として連覇を支えた。ユニホーム姿で登場し「今シーズン限りで現役を引退することを決断しましたので、報告させていただきます。昨年優勝した後、契約更改でコーチ兼任でやらせていただ...

【ヤクルト】内川聖一が引退会見「球団には感謝しかありません」若手には「後悔のないように」

笑顔で引退会見をするヤクルト内川(代表撮影)

通算2185安打を誇るヤクルト内川聖一内野手(40)が28日、神宮球場で引退会見を開いた。横浜(現DeNA)、ソフトバンク、ヤクルトを渡り歩き、輝かしい実績を誇る男が、22年間の現役生活に別れを告げた。 グレーのスーツ姿で登場した内川は冒頭、「22年間お世話になりました日本プロ野球の選手として引退を決断しました。本当に長い期間プロという世界で野球ができたこと...

【ソフトバンク】「熱男!」松田宣浩が退団へ 鷹一筋17年も来季構想外、他球団でのプレー模索

ソフトバンク松田宣浩(2022年6月27日)

ソフトバンクは28日、松田宣浩内野手(39)と来季契約を結ばないことを発表した。 松田は05年大学生・社会人ドラフト希望枠で入団。以降は17年目となる今季まで、ソフトバンク一筋でチームの黄金期を支えた。パンチ力のある打撃や堅実な守備、またグラウンドやベンチでの盛り上げ役としても貢献。近年は本塁打を放った際の「熱男!」パフォーマンスがファンにも人気だった。 1...

高校野球ニュース

【ドラフト】ヤクルト村上の弟・慶太内野手らが提出 計131人が提出/高校生プロ志望届一覧

高校生のプロ志望届提出者一覧。28日現在、131人が提出。ドラフト会議は10月20日に行われる。 北海道 苫小牧中央・斉藤優汰投手 最速151キロの大型右腕。今夏南北海道大会4強 2004年(平16)5月27日、岩見沢市生まれ。岩見沢日の出小4年時に岩見沢日の出タイガースで野球を始める。中1まで捕手も岩見沢明成中2年の秋から投手転向。苫小牧中央では1年...

関連するニュースを読む

【一覧】高校生プロ志望届 新たにヤクルト村上弟の慶太ら7人が提出 計131人

今夏の甲子園に出場した九州学院・村上慶太(撮影・和賀正仁)

日本高野連の公式HPは28日、プロ志望届提出者を更新し、新たにヤクルト村上宗隆内野手の弟で今夏甲子園に出場した九州学院(熊本)の慶太内野手ら7人が提出した。合計で131人になった。 ドラフト会議は10月20日に行われる。 【北海道】 東海大札幌・門別啓人 東海大札幌・唐川侑大 苫小牧中央・斉藤優汰 知内・坂本拓己 知内・田中隆貴 白樺学園・大宮悠真 桧山北・...

関連するニュースを読む

浦和学院、昌平に敗れ2季連続の準優勝 9回に2点適時二塁打出るも、反撃及ばず

浦和学院対昌平 準優勝の浦和学院ナイン(撮影・阿部泰斉)

<高校野球秋季埼玉大会:昌平6-3浦和学院>◇28日◇決勝◇大宮公園浦和学院が昌平に敗れ、2季連続の準優勝となった。 先発の「背番号7」渡辺聡之介投手(2年)から合計4人の投手をつないだが、昌平打線の勢いを止められず、計10安打で6失点を喫した。 打線は昌平の左腕・石井晴翔投手(1年)ら3投手を前に、8回まで3安打1得点に抑えられた。5点を追う9回2死一、三...

関連するニュースを読む

石川・星稜中教諭、一部生徒に校内試験の問題と解答を漏洩 写真で撮影、SNSで送信

学校法人稲置学園は28日、星稜中(石川)において校内試験問題の漏えいがあったことを公表した。同校の教諭が昨年5月に実施した校内試験の問題と解答を事前に写真で撮影し、データを一部生徒にSNSで送信したもの。今年6月11日に受理した通報に基づいて同教諭に確認し、事実が判明した。 同校は文書で「日常的に教員等に対する守秘義務の周知を行い、施錠可能な場所に文書保管す...

関連するニュースを読む

昌平が浦和学院下し2年ぶり2度目の優勝 1年生左腕・石井陽翔が緩急駆使し1失点好投

浦和学院対昌平 優勝を決め、マウンドに集まる昌平ナイン(撮影・阿部泰斉)

<高校野球秋季埼玉大会:昌平6-3浦和学院>◇28日◇決勝◇大宮公園昌平が浦和学院を下し、2年ぶり2度目の優勝を果たした。 先発した「背番号17」の1年生左腕・石井陽翔投手が緩急を使った投球を見せた。浦和学院打線を相手に6回途中3安打1失点と試合をつくり、計3投手の継投で逃げ切った。 打線は2ケタ10安打で6点を奪った。4番の斎藤陽貴捕手(2年)が勝利に貢献...

関連するニュースを読む

大学・社会人野球ニュース

【ドラフト】明大・村松開人、早大・蛭間拓哉ら147人が提出/大学生プロ志望届一覧

大学生のプロ志望届提出者一覧。28日現在、153人が提出。ドラフト会議は10月20日に行われる。 北海道学生野球 東農大北海道オホーツク・伊藤茉央投手(喜多方) 180センチ、80キロ。右投げ左打ち 東農大北海道オホーツク・中村壮宗投手(上田西) 函館大・竹下瑛広投手(厚木北) 札幌学生 札幌国際大・笹森雄大 東海大札幌キャンパス・渡部雄大投手...

関連するニュースを読む

【一覧】大学生プロ志望届 明大・村松開人内野手ら新たに6人が提出 計153人

明大・村松(9月11日撮影・野上伸悟)

全日本大学野球連盟公式HPは28日、プロ志望届提出者を更新し、新たに明大・村松開人内野手(静岡)6人が追加された。合計で153人になった。 ドラフト会議は10月20日に行われる。 【北海道学生野球】 東農大北海道オホーツク・伊藤茉央 東農大北海道オホーツク・中村壮宗 函館大・竹下瑛広 【札幌学生】 札幌国際大・笹森雄大 東海大学札幌キャンパス・渡部雄大 【北...

関連するニュースを読む

パンチ力魅力の大阪ガス・三井健右にスカウト9球団「あまり三振しない点は自分でも評価できる」

ドラフトファイル:三井健右

<ドラフト候補生全員!? 会いに行きます>今秋ドラフト候補の大阪ガス・三井健右外野手(24=立大)が27日、兵庫・西宮市内で行われた三菱重工Westとのオープン戦の8回にライナーで左中間へ安打を放ち、好調ぶりを示した。 アピールポイントを「長打もそうですが、あまり三振しない点は自分でも評価できる」と胸を張った。立大時代の18年春、4発で本塁打王に輝いたパンチ...

関連するニュースを読む

阪神大学野球 天理大ドラフト候補友杉篤輝の先制打で勢い、大産大に圧勝しリーグ4連覇に前進

阪神大学野球は天理大が大産大に圧勝し、リーグ4連覇に前進した。 今秋ドラフト候補の天理大・友杉篤輝内野手(4年=立正大淞南)が1回に中前に先制打を放ち、勢いをつけた。大阪電通大は関西国際大に競り勝った。2回に3点先制した後、追いつかれたが、8回に中井陽大内野手(3年=福井工大福井)が中前に勝ち越し打を放ち、勝負を決めた。

関連するニュースを読む

大阪ガス・河野佳7月以来の先発で空振り三振量産「ドラフト意識せず」9球団12人スカウト集結

大阪ガス対三菱重工West 今秋ドラフト候補の大阪ガス河野は先発で5回2失点だった

<社会人野球オープン戦:三菱重工West6-4大阪ガス>◇27日◇大阪ガス今津総合グラウンド今秋ドラフト候補で最速151キロ右腕の大阪ガス・河野佳投手(21=広陵)が7月の都市対抗以来の先発で持ち味を発揮した。 1回こそ球が上ずったが、2回以降は140キロ台後半の速球で空振り三振を量産。5回5奪三振2失点で、この日最速は148キロだった。「久しぶりの感覚。最...

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。