ニッカンプロ野球

高校野球ニュース

学法福島61年ぶり2度目「春の福島」4強 山本速人が決勝犠飛「これまでの打席で一番嬉しい」

学法福島61年ぶり2度目「春の福島」4強 山本速人が決勝犠飛「これまでの打席で一番嬉しい」

7回に勝ち越しを決め、歓喜する学法福島ナイン

<春季高校野球福島大会:学法福島4-3東日本国際大昌平>◇準々決勝◇19日◇あいづ球場学法福島は4-3で東日本国際大昌平に逆転勝ち。 61年ぶり2度目となる「春の福島」4強入りを決めた。3-3の同点で迎えた7回1死満塁。山本速人外野手(3年)に打席が回った。「つなぐ意識だった」。追い込まれてからの6球目。最速151キロを誇る相手エースの直球を捉え、決勝犠飛。...

関連するニュースを読む

光南、福島東との「公立校対決」制す 金沢太陽が3安打1打点と奮起

8回、右前適時打を放ちハイタッチする金沢(中央)

<春季高校野球福島大会:光南2-0福島東>◇準々決勝◇19日◇白河グリーンスタジアム光南は福島東との「公立校対決」を2-0で制した。金沢太陽内野手(3年)が3安打1打点と奮起し、4年ぶりの4強に貢献した。 グラウンドに光を照らす太陽のように、金沢がバットで輝いた。息詰まる投手戦で1点リードの8回2死二塁。追加点が欲しい場面で4番が打席に入った。ベンチからは「...

関連するニュースを読む

学法石川競り勝ち聖光学院との準決勝へ 上野洸明2安打1打点と堅守で勝利に貢献

6回に右前適時打を放ち、ハイタッチする上野(右)

<春季高校野球福島大会:学法石川4-3いわき光洋>◇準々決勝◇19日◇白河グリーンスタジアム昨秋東北大会出場の学法石川は、いわき光洋に4-3で競り勝った。 上野洸明内野手(3年)が「4番三塁」でフル出場。2安打1打点と堅守で3大会連続4強に導いた。1点を勝ち越した6回2死一、三塁。バットを短く持って初球を引っ張り、貴重な右前適時打。1点リードの9回無死一塁の...

関連するニュースを読む

聖光学院4強 エース佐山が1安打完封&決勝打「自分のできる最大限を常に出そうと」

9回1安打と完璧な投球を披露した聖光学院・佐山(撮影・佐藤究)

<春季高校野球福島大会:聖光学院1-0福島商>◇準々決勝◇19日◇あいづ球場今春センバツ出場の聖光学院が1-0で福島商に競り勝ち「春の福島」4強入りを決めた。エース佐山未来投手(3年)が9回を投げ1安打完封。0-0で迎えた2回には自ら決勝適時打を放った。 エースの名にふさわしいマウンドだった。1点リードの9回。最後の打者を三ゴロに仕留め、佐山はグラブをポンと...

関連するニュースを読む

高野連が夏甲子園地方大会のコロナ予防ガイドライン 感染者出たら試合開始前まで登録変更可能に

甲子園球場の外観(2021年7月26日撮影)

日本高野連は19日、第104回全国選手権大会(8月6日開幕・甲子園)の臨時運営委員会を大阪市内で開き、地方大会を対象とした新型コロナ感染拡大予防ガイドラインをまとめた。 地方大会前や大会中に感染者、感染が疑われる選手が出た場合は、試合開始前まで登録変更が可能になった。また試合中はベンチの選手、監督らは熱中症対策を講じてマスクを着用し、素手でのハイタッチ、握手...

関連するニュースを読む

仙台三、東陵に逆転サヨナラ勝ち 2番手登板の朝倉が値千金の一打

9回、サヨナラ打を放つ朝倉

<春季高校野球宮城大会:仙台三2-1東陵>◇準々決勝◇18日◇石巻市民球場劇的決着で春4強入りだ! 昨夏の県準優勝校の仙台三が、2-1で東陵にサヨナラ勝ち。0-1の9回2死二、三塁。2番手で登板した朝倉光優投手(3年)が、左中間へ値千金の一打を放ち、試合に終止符を打った。     ◇    ◇    ◇   歓喜に沸く輪の中心で、朝倉がとびっきりの笑顔を見せ...

関連するニュースを読む

東北、猛打さく裂16安打18得点 6回コールドで4強入り

2回、走者一掃の適時二塁打を放つ柴田

<春季高校野球宮城大会:東北18-4東北学院榴ケ岡>◇準々決勝◇18日◇石巻市民球場東北は16安打18得点と打線が爆発し、6回コールド勝ちで4強入りを決めた。 「3番右翼」で先発出場した柴田昌吾主将(3年)が3安打「猛打賞」7打点の大暴れ。初回に左犠飛で先制点を挙げると、2回1死満塁の場面では走者一掃となる適時二塁打をマーク。5回に適時三塁打、6回には2点適...

関連するニュースを読む

古川学園、仙台一に逆転勝ち 林優真捕手が決勝&ダメ押し打

4回、勝ち越しの左前適時打を放ち、右腕を突き上げる林(左)

<春季高校野球宮城大会:古川学園8-4仙台一>◇準々決勝◇18日◇仙台市民球場昨秋県8強の古川学園は、仙台一に8-4で逆転勝ち。林優真捕手(2年)が勝ち越し適時打を含む2安打2打点で3大会ぶり4強に導いた。 林がチャンスで輝いた。同点の4回2死三塁。2-1と打者有利のカウントでフルスイング。「真っすぐを狙って思い切り打ちにいった」。芯で捉えた打球は勝ち越しの...

関連するニュースを読む

仙台育英・遠藤が同点適時打 V3懸かるも「一戦必勝で目の前の試合を全力で」

4回、同点の2点適時打を放ち、ガッツポーズする遠藤

<春季高校野球宮城大会:仙台育英9-2日本ウェルネス宮城>◇準々決勝◇18日◇仙台市民球場仙台育英は日本ウェルネス宮城に逆転で8回コールド勝ちした。 仙台育英が逆転勝ちで3大会連続4強を決めた。遠藤太胡外野手(3年)が、2点を追う4回無死満塁で同点の2点中前適時打。以降は失策と押し出し四球で得点を重ね、打者11人で6得点。終盤も点差を広げ、2試合連続のコール...

関連するニュースを読む

北見緑陵、伝統の「緑陵ダッシュ」で鍛えた脚力生かし14年ぶり初戦突破目指す

初戦の相手が釧路工に決まり気合のこもった表情を見せる北見緑陵の武田主将(撮影・永野高輔)

第61回春季全道高校野球(23日開幕、札幌円山)の組み合わせ抽選が18日、札幌市内で行われ、7年ぶり5度目出場の北見緑陵は、12年ぶり12度目出場の釧路工との対戦が決まった。20年夏に1年生で北北海道大会8強を経験した主将の武田将汰遊撃手(3年)ら5選手を中心に、地区予選3戦17盗塁の機動力を生かし、08年以来14年ぶり初戦突破を目指す。     ◇    ...

関連するニュースを読む

釧路工、粘り強さ生かす「終盤の粘り強さを次のステージでも出せるかどうか」

春季高校野球全道大会組み合わせ

第61回春季全道高校野球(23日開幕、札幌円山)の組み合わせ抽選が18日、札幌市内で行われた。 釧路工が地区予選で磨いた粘り強さを生かす。昨年は夏が地区代表決定戦で中標津に1点差敗戦、秋は地区3回戦の釧路北陽戦でサヨナラ負け。接戦で勝ちきれなかったが、この春は地区2回戦で釧路湖陵に4-3と1点差で競り勝ち、徐々に勝負強さがついてきた。中村昭和監督(47)は公...

関連するニュースを読む

クラーク、熾烈なチーム内競争で地区予選圧倒 2季連続道大会制覇へ準備万全

春季高校野球全道大会組み合わせ

第61回春季全道高校野球(23日開幕、札幌円山)の組み合わせ抽選が18日、札幌市内で行われた。 クラークの初戦は初出場の北星学園大付に決まった。地区予選は3戦23得点無失点と圧倒的強さで、2季連続道大会制覇へ準備を整えてきた。センバツ初戦の九州国際大付(福岡)戦でスタメンを外れた主将の白取太郎外野手(3年)は、地区代表決定戦でスタメン復帰。チーム内競争も熾烈...

関連するニュースを読む

知内、地区予選60得点の攻撃力試す「夏の前に道大会で戦えるのは大きい」

春季高校野球全道大会組み合わせ

第61回春季全道高校野球(23日開幕、札幌円山)の組み合わせ抽選が18日、札幌市内で行われた。 知内の24年ぶりの春全道初戦の相手は、駒大苫小牧に決まった。地区予選は147キロ左腕の坂本拓己、141キロ右腕で主砲でもある馬躰光瑛(ともに3年)を軸に、4戦60得点5失点で勝ち上がってきた。吉川英昭監督(46)は「夏の前に道大会で戦えるのは大きい。やってきたこと...

関連するニュースを読む

花巻東の女子硬式野球部、みちのくコカ・コーラとスポンサー契約 過去にはOB大谷翔平も支援

花巻東女子硬式野球部、みちのくコカ・コーラボトリングがオフィシャルスポンサー契約締結式を行った。左から三鬼監督、萩原主将、小田島理事長、谷村社長、柱谷スポーツ部強化推進アドバイザー、同社の阿部氏(撮影・山田愛斗)

花巻東(岩手)の女子硬式野球部が、みちのくコカ・コーラボトリング(本社・盛岡市)とオフィシャルスポンサー契約を締結し、18日に盛岡市内で記者会見を行った。 同社は同校OBのエンゼルス大谷翔平投手をスポンサーとして支えた実績があり、地域を応援する地元企業として同校が掲げる「立志 夢実現」の教育理念に賛同し、女子硬式野球部をサポートすることになった。 同社はユニ...

関連するニュースを読む

大阪桐蔭・前田悠伍センバツ以来の復帰登板でV導く2失点完投「履正社の打者は秋より威圧感」

履正社対大阪桐蔭 9回表履正社2死一塁、代打伊藤のスイングをアピールする前田(撮影・前田充)

<高校野球春季大阪府大会:大阪桐蔭3-2履正社>◇17日◇決勝◇南港中央大阪桐蔭が履正社との接戦を3-2で制して優勝した。エース前田悠伍投手(2年)がセンバツ以来の復帰登板で2失点完投。打線は松尾汐恩捕手(3年)のソロなどで援護した。 公式戦27連勝で甲子園連覇へはずみをつけた。履正社は大阪桐蔭の快進撃阻止へ手応えもつかむ惜敗だった。 大阪桐蔭・前田が吠(ほ...

関連するニュースを読む

【ストーリーズ】18日紙面は甲子園最多勝監督、前智弁和歌山の高嶋仁さんが大切にしていること

野球教室でアドバイスを送る智弁和歌山・高島名誉監督(2021年12月11日撮影)

ニッカンスポーツ・コムの会員限定サイト「日刊スポーツPREMIUM」では、各担当記者による書き下ろし記事「ストーリーズ」を随時更新しています。 毎週水曜日の日刊スポーツ紙面では、裏面で各ジャンルの「ストーリーズ」記事を掲載中です。 18日の紙面には甲子園で最も勝った監督、前智弁和歌山監督の高嶋仁さん(75)が登場します。春夏通算68勝を挙げた名将が、少年野球...

関連するニュースを読む

センバツ出場の広陵は立正大淞南と、昨年V創志学園は石見智翠館と対戦/春季中国大会組み合わせ

6月4日開幕の春季中国大会(島根県立浜山公園野球場)の組み合わせが決定した。 センバツ出場の広陵(広島)は島根1位の立正大淞南と。昨年優勝の創志学園(岡山)は石見智翠館(島根)と対戦する。決勝は7日。 ◆4日 大東(島根)-宇部工(山口)、立正大淞南(島根)-広陵(広島)、石見智翠館(島根)-創志学園(岡山)、益田東(島根)-鳥取城北 ◆5日 準決勝 ◆7日...

関連するニュースを読む

履正社あと1点遠くV逃す「悔しい。桐蔭さんはやっぱりいいチーム」多田監督

履正社対大阪桐蔭 大阪桐蔭に敗れ、悔しそうに整列する履正社・多田監督(後方中央)ら(撮影・前田充)

<高校野球春季大阪府大会:大阪桐蔭3-2履正社>◇17日◇決勝◇南港中央履正社はあと1点が取れなかった。序盤で2点を先制する理想の展開だった。 3回1死一塁から光弘帆高内野手(3年)が右翼線を襲う三塁打を放って先制した。続く西稜太外野手(2年)も右前に打ち返して、2点目。好左腕の前田悠伍投手(2年)に対して、ともに左打者がクリーンヒットした。 先発のエース増...

関連するニュースを読む

大阪桐蔭が公式戦27連勝!履正社を1点差で下し近畿大会へ/詳細

<高校野球春季大阪府大会:大阪桐蔭-履正社>◇17日◇決勝◇南港中央春の頂点をかけ、大阪桐蔭と履正社の「大阪2強」が激突。大阪桐蔭がライバル履正社との大接戦を制し、公式戦連勝を27に伸ばした。 履正社が3回に光弘帆高内野手(3年)の右翼線三塁打などで2点を先制するも、 大阪桐蔭はその裏にすぐさま反撃。松尾汐恩捕手(3年)の左翼越えソロで1点を返すと、さらに5...

関連するニュースを読む

大阪桐蔭「やるべきこと見えた」勝ち切って大阪大会V 履正社監督うならせた「大きな1点差」

履正社対大阪桐蔭 履正社を破り優勝した大阪桐蔭ナイン(撮影・前田充)

<高校野球春季大阪府大会:大阪桐蔭3-2履正社>◇17日◇決勝◇南港中央大阪桐蔭がライバル履正社との接戦を制して優勝し、公式戦27連勝とした。21日から始まる近畿大会(和歌山市)に大阪代表で出場する。 エース前田悠伍投手(2年)がセンバツ以来の復帰登板を、2失点完投勝利で飾った。甲子園のあとはコンディション調整もあり、実戦は紅白戦のみ。1カ月半ぶりの対外試合...

関連するニュースを読む

大阪桐蔭は22日に県和歌山商と、智弁和歌山は21日に西城陽と対戦/春季近畿大会組み合わせ

履正社対大阪桐蔭 履正社を破り優勝した大阪桐蔭ナイン(撮影・前田充)

21日から和歌山市で始まる高校野球春季近畿大会の組み合わせが17日、発表された。 センバツ覇者で、この日大阪で優勝した大阪桐蔭は、2日目の22日に和歌山商と対戦する。和歌山1位で、昨夏甲子園優勝の智弁和歌山は21日の開幕試合で西城陽(京都)と対戦。 主催の和歌山から3校、ほか5府県は1校ずつの計8校が出場し、全て紀三井寺運動公園野球場で行われる。21日と22...

関連するニュースを読む

大阪2強対決は大阪桐蔭が制す!ライバル履正社との大接戦を制し公式戦27連勝

履正社対大阪桐蔭 大阪桐蔭先発の前田(撮影・前田充)

<高校野球春季大阪府大会:大阪桐蔭3-2履正社>◇17日◇決勝◇南港中央大阪2強対決は大阪桐蔭が制した。 今春センバツを圧倒して制した大阪桐蔭と、19年夏甲子園優勝の履正社がぶつかる注目の一戦。大阪桐蔭はエース前田悠伍投手(2年)を今大会初めて登板させた。先制したのは履正社。3回、光弘帆高内野手(3年)の右翼線三塁打などで2点を先制した。 大阪桐蔭はその裏、...

関連するニュースを読む

公式戦26連勝中の大阪桐蔭が履正社と決勝戦 エース前田悠伍が今大会初登板/スタメン

大阪桐蔭先発の前田悠伍(2022年3月31日)

<高校野球春季大阪府大会:履正社-大阪桐蔭>◇17日◇決勝◇南港中央大阪2強を形成する大阪桐蔭と履正社の決勝戦は午後1時開始予定。スタメンが発表された。先攻は履正社。今春甲子園を制し、昨秋から公式戦26連勝中の大阪桐蔭はエース前田悠伍投手(2年)が今大会初めて登板する。 【履正社】 (遊)光弘帆高(3年) (中)西稜太(2年) (捕)坂根葉矢斗(2年) (一...

関連するニュースを読む

好勝負必至! 大阪桐蔭対履正社13時開始 18年夏予選は9回2死逆転 17年センバツ決勝でも対戦

2017年4月1日、大阪桐蔭対履正社 履正社を破り優勝を決めた大阪桐蔭の選手はマウンド上で喜ぶ

<高校野球春季大阪府大会:大阪桐蔭-履正社>◇17日◇決勝◇南港中央今年の春も、大阪の頂点を争うことになった大阪桐蔭と履正社の「2強」対決。過去には印象に残る名勝負を多く演じてきた。 アベック出場した17年春の甲子園は決勝で史上初の大阪対決が実現し、大阪桐蔭が8-3で勝った。 中日根尾らを擁した大阪桐蔭が2度目の春夏甲子園連覇を果たした18年夏は語り草だ。大...

関連するニュースを読む

釧路工5回コールドで12年ぶり春全道出場 北海道大会16校出そろう 18日抽選、23日開幕

<春季高校野球北海道大会釧根地区予選:釧路工10-0別海>◇16日◇代表決定戦◇ウインドヒルひがし北海道スタジアム釧路工が別海を5回コールドで下し、12年ぶり12度目の春全道大会進出を決めた。最後の1枠が決まり、北海道大会(23日開幕、札幌円山)出場16校が出そろった。組み合わせ抽選は18日に行われる。 全道大会出場校は以下の通り。 【センバツ出場枠】 クラ...

関連するニュースを読む

東京学館新潟が創部39年初制覇 0-5から逆転、7番新田龍生V打「振るしかないと思った」

初優勝を決め、タッチをしながら喜ぶ東京学館新潟ナイン

<春季高校野球新潟大会:東京学館新潟8-7日本文理>◇15日◇決勝◇長岡市悠久山球場東京学館新潟が1983年(昭58)の創部から39年で春、夏、秋を通じて初の県制覇を果たした。日本文理に8-7で逆転勝ち。6-7と追い上げた7回裏2死満塁で7番・新田龍生左翼手(3年)の中前2点適時打で逆転した。日本文理は3番中堅で打撃専念のプロ注目の田中晴也投手(3年)が先制...

関連するニュースを読む

東京学館新潟4度目の正直 昨秋就任の旅川監督「引き継ぎながら壁を破ろうと」目標達成に笑み

県大会初優勝を喜ぶ東京学館新潟ナイン

<春季高校野球新潟大会:東京学館新潟8-7日本文理>◇15日◇決勝◇長岡市悠久山球場東京学館新潟が1983年(昭58)の創部から39年で春、夏、秋を通じて初の県制覇を果たした。日本文理に8-7で逆転勝ち。6-7と追い上げた7回裏2死満塁で7番・新田龍生左翼手(3年)の中前2点適時打で逆転した。    ◇   ◇   ◇ 東京学館新潟の旅川祐介監督(40)は昨...

関連するニュースを読む

日本文理プロ注目エース田中晴也、打で豪快2連発も空砲 最後の夏へ「何が足りないのか」

1-0の5回1死満塁で2打席連続本塁打を右翼場外に放つ日本文理・田中

<春季高校野球新潟大会:東京学館新潟8-7日本文理>◇15日◇決勝◇長岡市悠久山球場日本文理の3番、田中晴也(3年)が放った豪快な2発が“空砲”になった。最速148キロのプロ注目エースは、決勝は中堅手でスタメン出場。専念した打撃で、2打席連続本塁打を放ったが勝利にはつながらなかった。「バッティングで貢献したいという思いを込めた」という打撃は、5打数3安打。チ...

関連するニュースを読む

新潟V東京学館新潟は6・4開幕の北信越大会に出場 夏選手権のシード順も決定、6・23抽選

県大会初優勝を喜ぶ東京学館新潟ナイン

<春季高校野球新潟大会:東京学館新潟8-7日本文理>◇15日◇決勝◇長岡市悠久山球場東京学館新潟が日本文理に8-7で逆転勝ち。1983年(昭58)の創部から39年で春、夏、秋を通じて初の県制覇を果たした。東京学館新潟は福井で行われる北信越大会(6月4日開幕)に出場する。 ◆夏シード 7月9日開幕の選手権新潟大会のシード8校が決まった。第1シードから順に<1>...

関連するニュースを読む

旭川明成初代表、全道大会へ 千葉広規監督の長男、隆広投手が好救援7回2失点

旭川明成対旭川大高 4回から登板し2失点と踏ん張った旭川明成・千葉(撮影・山崎純一)

<春季高校野球北海道大会:旭川明成8-6旭川大高>◇旭川地区代表決定戦◇15日◇旭川スタルヒン8地区で代表決定戦12試合が行われた。旭川地区では旭川明成が延長10回の末、旭川大高を8-6で破り、初の春全道大会出場を決めた。3番手でリリーフした背番号9の左腕、千葉隆広(2年)が7回2失点。打線は6番荒木隼杜左翼手(3年)が先制打を含む2安打2打点で15安打の打...

関連するニュースを読む