ニッカンプロ野球

新着ニュース

阪神9回表サンズの適時二塁打で追いつきドロー 3位巨人-2位阪神/詳細

25日阪神2軍戦で俊介引退セレモニー 桑原謙太朗は展開見て登板予定

阪神は25日の2軍オリックス戦で今季限りで引退する俊介の引退セレモニーを行う。同じく現役引退する桑原謙太朗は本人の希望で引退試合やセレモニーは行わず、試合展開を見ながら登板する予定で、26日の同戦になる可能性もある。平田2軍監督はマイクを通じて「本当にタイガースで命を削ってくれて、頑張ってくれた俊介です。桑原です。チケットは完売。俊介の人気やな。明日は俊介と...

関連するニュースを読む

阪神9回表サンズの適時二塁打で追いつきドロー 3位巨人-2位阪神/詳細

<巨人6-6阪神>◇24日◇東京ドーム2位阪神が3位巨人との接戦をドローに持ち込んだ。中10日で先発した西勇が3点の援護をもらいながら、今季最短3回5失点KO。打線は最大3点差を5回にマルテの2ラン、9回にサンズの適時打で同点に追い付いた。最後は2死満塁ピンチで中野の好守で踏ん張った。2試合連続7度目のドロー。首位ヤクルトが勝ったため0・5ゲーム差と広がった...

関連するニュースを読む

巨人亀井善行が客席に消えた 負傷恐れずエキサイトシートに飛び込む

巨人対阪神 9回表阪神2死一、三塁、近本の飛球を追い客席に飛び込む亀井(撮影・たえ見朱実)

<巨人6-6阪神>◇24日◇東京ドーム巨人亀井善行外野手が負傷を恐れずスタンドに飛び込んだ。 9回、同点に追いつかれ、阪神の押せ押せムードが球場に漂う。守護神ビエイラの制球が定まらない。なんとか2死一、三塁にこぎつけた。打者近本のカウント1-2からの4球目はファウルゾーンの三塁側エキサイトシート付近へ飛球が上がった。左翼手のベテラン亀井が必死に追う。グラブを...

関連するニュースを読む

DeNA今季5度目の4連敗 宮国椋丞5回5失点 全体で14安打浴びる

DeNA対広島 5回裏、ベンチで厳しい表情のDeNA三浦監督(撮影・江口和貴)

<DeNA2-9広島>◇24日◇横浜DeNAは7月以来、今季5度目の4連敗を喫した。2回に宮崎敏郎内野手の通算99号となる13号ソロで先制した。しかし、9月7日以来、中16日で2度目の先発となった宮国椋丞が5回7安打5失点と粘れず。相手の2番小園に1発を含む5安打を許すなど、投手陣全体で14安打を浴びた。 打線は広島先発の大瀬良に手を焼き、7回まで3安打で1...

関連するニュースを読む

阪神土壇場でなんとかドロー! 9回裏中野拓夢、間一髪で本塁封殺

巨人対阪神 9回裏巨人1死満塁、中野は丸の打球を好捕、本塁へ送球し封殺する(撮影・加藤哉)

<巨人6-6阪神>◇24日◇東京ドーム2位阪神が土壇場で試合を振り出しに戻し、なんとか引き分けた。1点を追う9回表無死二塁、6番ジェリー・サンズ外野手(33)が中堅フェンス直撃の同点二塁打。首位ヤクルトとのゲーム差は0・5に広げられたが、3位巨人とのゲーム差は2を保った。 主将大山悠輔内野手(26)を28日ぶりに4番起用した一戦。序盤は優位に試合を進めた。1...

関連するニュースを読む

阪神佐藤輝明の連続打席無安打が42に セ新人記録更新 好機も代打送られ

巨人対阪神 6回表阪神2死、左飛を打ち上げ凡退した佐藤輝(撮影・加藤哉)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム阪神佐藤輝明内野手(22)がこの日3打数無安打で連続打席無安打が42となり、55年に藤井弘(広島)が記録したセ・リーグ新人の連続打席無安打記録41打席を更新した。2リーグ分立後の球団記録の40(20年植田)も更新した。 9回はサンズの適時二塁打で同点に追いつき、第4打席が回ってきたが、代打島田と交代しベンチへ下がった。 1軍...

関連するニュースを読む

巨人坂本勇人171回目の猛打賞 王貞治氏に並ぶ歴代3位タイ/セ歴代記録

巨人対阪神 4回裏巨人1死二塁、左前適時打を放ちガッツポーズする坂本(撮影・足立雅史)

<巨人6-6阪神>◇24日◇東京ドーム巨人坂本勇人内野手(32)が、王貞治氏に並ぶ通算171回目の猛打賞を達成した。同点の9回1死、阪神の守護神スアレスから右中間への二塁打でサヨナラのチャンスを演出した。 3点を追う3回2死一塁では左前打で、続く岡本和の3ランにつなげた。4回1死二塁は左前へ適時打を放った。 9月は試合前時点で、3割7分9厘、5本塁打、13打...

関連するニュースを読む

楽天則本昂大8回途中3失点で降板、今季最多の127球

オリックス対楽天 楽天先発の則本昂(撮影・前岡正明)

<オリックス-楽天>◇24日◇京セラドーム大阪楽天先発の則本昂大投手(30)が8回途中、今季最多127球、7安打3失点で、自身3年ぶりの2桁白星となる10勝目の権利を持ってマウンドを降りた。 2回までは得意のフォークを見切られ45球と球数を要したが、修正をかけた。3点リードの5回2死三塁、3回にチェンジアップを同点ソロとされた紅林に対し、カウント2-2からフ...

関連するニュースを読む

「ラオウ」オリックス杉本裕太郎が28号2ラン「感触もよかった」

オリックス杉本裕太郎(2021年8月9日撮影)

<オリックス-楽天>◇24日◇京セラドーム大阪 オリックスのラオウこと杉本裕太郎外野手(30)がリーグ単独トップとなる28号2ランを放った。3点を追う8回1死一塁から、楽天則本昂の127キロのフォークを完璧に捉え、バックスクリーン上段へ放り込み、昇天ポーズを決めた。 「打った瞬間の感触もよかった。監督に室内のゲージでバッティングを打つように言っていただいた。...

関連するニュースを読む

ヤクルト村上宗隆、最年少100打点あと2 最年少40発は王、秋山23歳

ヤクルト対中日 3回裏ヤクルト1死一塁、左越え2点本塁打を放つ村上。投手大野雄(撮影・鈴木みどり)

<ヤクルト3-0中日>◇24日◇神宮▼ヤクルト村上宗隆内野手がともに自己新となるシーズン37本塁打、98打点をマーク。19年の36本塁打、96打点を上回った。 シーズン40本塁打の最年少記録は63年王(巨人)85年秋山(西武)の23歳、100打点は18年岡本(巨人)の22歳。21歳シーズンの村上は最年少100打点へあと2と迫った。 ヤクルト対中日 3回裏ヤク...

関連するニュースを読む

阪神マルテ反撃19号2ラン! 左翼亀井1歩も動けず左中間中段まで運ぶ

巨人対阪神 5回表阪神2死一塁、マルテは左中間越え2点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム阪神ジェフリー・マルテ内野手(30)が反撃ムードを高める19号2ランを決めた。 3点を追う5回2死一塁、1ボール1ストライクから2番手桜井の真ん中146キロ直球を豪快に振り抜いた。左翼亀井が1歩も動けない大飛球を左中間中段まで運び、重苦しいムードを一変させた。 9月1日中日戦以来の3番スタメンとなった一戦。1回無死一、二塁で...

関連するニュースを読む

阪神西勇輝今季最短3回5失点KO 巨人岡本&丸に被弾 3点リード守れず

巨人対阪神 3回裏、巨人打線に5失点を許しマウンドでロジンをつける西勇(撮影・加藤哉)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム阪神西勇輝投手(30)が今季最短となる3回8安打5失点で降板した。 3-0と3点リードの3回。2死走者なしから2番松原に四球を与えると、3番坂本の左前打を許して2死一、二塁。続く4番岡本和に初球チェンジアップをバックスクリーンに運ばれる3ランを浴びた。その後も6番丸に右越えの17号2ランを浴びて試合をひっくり返された。 西勇...

関連するニュースを読む

巨人丸19試合ぶり17号「岡本さんありがとう」主砲38号に続く1発

巨人対阪神 3回裏巨人2死一塁、右越えに2点本塁打を放つ丸。投手西勇(撮影・たえ見朱実)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム4番の一振りで試合を振り出しに戻した。巨人岡本和真内野手(25)が、3点を追う3回2死一、二塁、阪神西勇の初球フォークをバックスクリーンに運んだ。ベンチも大盛り上がりで「わっしょいポーズ」を披露した。この日、37号を放って並んだばかりのヤクルト村上を突き放す、38号3ラン。「打ったのはフォークです。なんとかランナーをかえした...

関連するニュースを読む

西武中村剛也14号で通算438号!歴代15位、秋山幸二氏抜いた

中村剛也(2021年9月22日撮影)

<西武-ロッテ>◇24日◇メットライフドーム西武中村剛也内野手(38)が、今季14号ソロを放ち、通算438本塁打とし、歴代単独15位に立った。 2点を追いかける4回無死、カウント1-1からロッテ二木の変化球を左翼席に運んだ。 22日の楽天戦で元西武、ダイエー(現ソフトバンク)の秋山幸二氏に並んだが、2試合ぶりのアーチで抜いた。

関連するニュースを読む

阪神高橋遥人「しっかり自分の投球を」連勝へ25日巨人戦先発

巨人対阪神 ウオーミングアップする高橋(撮影・加藤哉)

阪神高橋遥人投手が連勝を懸けて25日巨人戦に先発する。上肢のコンディション不良から復帰2戦目の前回18日中日戦で7回無失点と好投し今季初勝利。 「前回試合をつくれたことは良かったですし、自信を持って登板に入れると思います」。昨季巨人戦は6試合で3勝3敗ながら防御率は2・03。エース菅野との投げ合いにも「あまり意識していないです。しっかり自分の投球を出して試合...

関連するニュースを読む

DeNA宮崎敏郎通算100号王手13号「風にも乗ってくれて最高の結果」

DeNA対広島 2回裏DeNA無死、右中間に先制ソロ本塁打を放つ宮崎(撮影・江口和貴)

<DeNA-広島>◇24日◇横浜DeNA宮崎敏郎内野手(32)が通算100号に王手をかけた。 2回、先頭打者として広島大瀬良大地の初球、146キロ直球を右翼席へ運んだ。推定飛距離118メートルの1発に「打ったのはストレートです。イニングの先頭だったので、塁に出ようと思い打席に向いました。風にもうまく乗ってくれて最高の結果にうれしいです」と話した。これがプロ9...

関連するニュースを読む

阪神佐藤輝明41打席連続無安打で球団野手新記録 20年植田海を抜く

巨人対阪神 2回表阪神1死、佐藤輝は左飛を打ち上げる(撮影・加藤哉)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム阪神佐藤輝明内野手(22)が4回の第2打席で空振り三振に倒れ、連続打席無安打が41となり、2リーグ分立後の球団野手最長記録となった。 序盤から激しい打撃戦で、巨人は4回から2番手桜井に交代。1死後、佐藤輝は打席に立ったが、桜井の緩いカーブにタイミングが合わず、フルカウントからも低めに120キロカーブを投げられバットが空を切っ...

関連するニュースを読む

試合中に“島内語録”でタイムリーを反省? 楽天島内宏明まさかのコメント

オリックス対楽天 1回表楽天2死二塁、島内は先制の中前適時打を放つ(撮影・前岡正明)

<オリックス-楽天>◇24日◇京セラドーム大阪楽天島内宏明外野手(31)がオリックス宮城から先制打を放ったが“謝罪”した。 1回2死二塁、フルカウントから外角カーブに合わせ、中前にはじき返した。リーグトップの86打点目を挙げたが、まさかのコメントを発した。 「打ったのはカーブ。安保通訳にバッティングの指摘を受けて打てたんですけど、たぶん、安保さんの思っていた...

関連するニュースを読む

“オカマル弾”巨人岡本和真38号&丸佳浩17号で試合ひっくり返す

巨人対阪神 3回裏巨人2死一、二塁、岡本和(右)は中越え3点本塁打を放ち笑顔を見せる(撮影・足立雅史)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム4番の一振りで試合を振り出しに戻した。巨人岡本和真内野手(25)が、3点を追う3回2死一、二塁、阪神西勇の初球チェンジアップをバックスクリーンに運んだ。ベンチも大盛り上がりで「わっしょいポーズ」を披露した。 主砲の38号3ランに不振で苦しむ丸佳浩外野手(32)も続いた。2死二塁から内角スライダーを右翼席に運んだ。19試合ぶり...

関連するニュースを読む

阪神大山悠輔リーグ単独最多7犠飛 28日ぶり4番スタメン、満塁で中犠飛

巨人対阪神 3回表阪神1死二、三塁、大山は中犠飛を放つ(撮影・加藤哉)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム阪神大山悠輔内野手(26)がセ・リーグ単独最多となる今季7犠飛を記録した。 8月27日広島戦以来、28日ぶりの4番スタメン。2点リードの3回1死満塁、ライナー性の飛球を中堅に運んだ。

関連するニュースを読む

中日ビシエド球団外国人最多766安打「うれしい」パウエル打撃コーチ抜く

ヤクルト対中日 4回表中日1死、中前打を放つビシエド。投手高梨(撮影・鈴木みどり)

<ヤクルト3-0中日>◇24日◇神宮中日ダヤン・ビシエド内野手(32)が、球団外国人選手最多安打を放った。 4回の第2打席でヤクルト先発高梨から中前打を放ち、来日6年目でNPB通算766安打とし、22日に並んだばかりのパウエル打撃コーチが持つ球団外国人選手最多安打を抜いた。 ビシエドは「タイ記録に並んでから、いい当たりでも正面に飛んだりして、なかなかヒットが...

関連するニュースを読む

ヤクルト村上宗隆37号!シーズン自己最多更新「しっかりと押し込めた」

ヤクルト対中日 3回裏ヤクルト1死一塁、村上は左越え2点本塁打を放つ(撮影・浅見桂子)

<ヤクルト3-0中日>◇24日◇神宮ヤクルト村上宗隆内野手(21)が、シーズン自己最多を更新する37号2ランを放った。 1点を先制した直後の3回1死一塁、カウント1-2から、高めの145キロ直球をフルスイング。高々と上がった打球は、そのまま左翼席中段へと突き刺さった。「外の球でしたが力負けせず、しっかりと押し込むことができました」と振り返った。これで19年の...

関連するニュースを読む

西武今井達也12球連続ボール 痛恨の押し出し四球、2回まで6四球3失点

西武対ロッテ 西武先発の今井(撮影・滝沢徹郎)

<西武-ロッテ>◇24日◇メットライフドーム西武今井達也投手(23)が、痛恨の押し出し四球を与え、ロッテに追加点を許した。 2点ビハインドの2回1死一塁から、藤原、中村奨、レアードに対し、12球連続ボールで歩かせた。 初回から最速は154キロをマークしながら、制球が定まらず、3四球が絡み、安田、佐藤都の適時打で2失点。2回終了時点で球数は66球に達した。 3...

関連するニュースを読む

西武森友哉6打席連続出塁 前日は全打席出塁、1回に遊撃への内野安打

西武森友哉(2021年9月23日撮影)

<西武-ロッテ>◇24日◇メットライフドーム西武森友哉捕手(26)が、1回2死から遊撃への内野安打を放ち、6打席連続出塁を記録した。 23日の楽天戦では1打席目の10号ソロから左前打、四球、四球、二塁打と全打席出塁し、この日の1打席目も遊撃への内野安打を放った。

関連するニュースを読む

阪神佐藤輝明40打席連続無安打 2リーグ分立後の球団野手最長タイ記録

巨人対阪神 2回表阪神1死、佐藤輝は左飛を打ち上げる(撮影・加藤哉)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム阪神佐藤輝明内野手(22)が2回の第1打席で左飛に倒れ、連続無安打が40打席となり、2リーグ分立後の球団野手最長タイ記録となった。 「7番・右翼」でスタメン出場し、2回1死で打席がまわってきた。フルカウントからの外角125キロの外角低めにバットを合わせたが、力ない左飛におわった。巨人先発メルセデスとは過去3試合で7打数3安打...

関連するニュースを読む

阪神マルテ先制打!メルセデス直球を中前に 4番大山併殺打の間に2点目

巨人対阪神 1回表阪神無死、一、二塁、先制の適時打を放つマルテ。投手メルセデス(撮影・たえ見朱実)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム阪神ジェフリー・マルテ内野手(30)が先制打を放った。 9月1日中日戦以来の3番スタメンとなった一戦。1回無死一、二塁、1ボール2ストライクと追い込まれながら、左腕メルセデスの内角直球を中前に運んだ。 この適時打で1点をもぎ取ると、なおも無死一、三塁から4番大山悠輔内野手(26)の遊ゴロ併殺打の間に2点目をゲットした。 巨人...

関連するニュースを読む

ロッテ脱炭素社会の実現に向け再生可能エネルギーに電力切り替え

ZOZOマリンスタジアム(2019年6月4日撮影)

ロッテは脱炭素社会の実現に向けた取り組みとして、10月1日からZOZOマリンの使用電力を再生可能エネルギー100%の電力に切り替えると24日、発表した。 電力切り替えにより、球場全体で消費している温室効果ガスの約93%相当となる年間約932トン(一般家庭約230世帯分)のCO2排出量を削減する効果が期待される。この取り組みは千葉市が20年11月に公表した「千...

関連するニュースを読む

阪神大山悠輔4番、8月27日以来 佐藤輝明2戦連続「7番右翼」/スタメン

巨人対阪神 両チームスタメン(撮影・加藤哉)

<巨人-阪神>◇24日◇東京ドーム阪神は前日23日の中日戦で2点適時打を放った主砲の大山悠輔内野手(26)を8月27日広島戦以来の4番に起用した。 3番はマルテ、5番に糸原を入れた。1軍復帰した佐藤輝明内野手(22)は、2戦連続で「7番右翼」に入った。前日は4打数無安打で降格前から39打席連続無安打となっている。トンネル脱出なるか。 阪神のスタメンは以下の通...

関連するニュースを読む

クイズに答えて巨人選手直筆サイン入りグッズなどゲット!CLUB会員対象

巨人の選手が出演する動画を視聴してクイズに答えると、正解数に応じて賞品がもらえる「動画でGIANTS QUIZ」(球団提供)

巨人は、選手が出演する動画を視聴してクイズに答えると、正解数に応じて賞品がもらえる「動画でGIANTS QUIZ」を、24日から、CLUB GIANTS会員を対象に実施する。GIANTS IDのマイページから、動画配信ページで動画を視聴し、アンケートページから回答することができる。 クイズは全10問で、「これは誰の手か」「打ったボールはどこに飛ぶのか」など。...

関連するニュースを読む

DeNA東克樹「無事に投げている姿を」ヤクルト戦で2年ぶり1軍登板も

DeNA対広島 1軍に合流したDeNA東(左)。右は今永(撮影・江口和貴)

DeNAの1軍に合流した東克樹投手(25)が24日、2年ぶりの1軍登板に向けての意気込みを語った。横浜スタジアムで背番号11を披露し「1軍の舞台でプレーすることがプロ野球選手だと思うので戻ってくることができうれしいです。多くの方々が支えてくれたおかげで今があると思っているので、無事に投げられている姿を見せて勝利を届けたいと思います」と話した。 28日からのヤ...

関連するニュースを読む