ニッカンプロ野球

新着ニュース

村上宗隆、今日こそ王貞治超え56号なるか 中野2夜連続先頭弾 ヤクルト-阪神/ライブ速報中

村上宗隆、今日こそ王貞治超え56号なるか 中野2夜連続先頭弾 ヤクルト-阪神/ライブ速報中

<ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮セ・リーグ優勝を果たしたヤクルトが、クライマックスシリーズ進出を狙う3位阪神と対戦。先発はヤクルトが市川悠太、阪神は伊藤将司。 試合開始は午後6時。ニッカンスポーツ・コムでライブ速報します。 チーム123456789計 阪  神100      1 ヤクルト000      0 【神】伊藤将 【ヤ】市川 【本】中野6...

関連するニュースを読む

【日本ハム】近藤健介が先制8号2ラン 4年ぶりのチーム100号

日本ハム対ロッテ 1回裏日本ハム1死二塁、右中間に2点本塁打を放ち叫ぶ近藤(撮影・黒川智章)

<日本ハム-ロッテ>◇28日◇札幌ドーム札幌ドーム最終戦で、日本ハム近藤健介外野手(29)が先制2ランを放った。3番左翼で先発。1回1死二塁、初球の直球を右中間スタンドに運んだ。自身今季8号はチーム100号の節目。18年以来4年ぶり大台に到達する1発で、2点先制に成功した。 日本ハム対ロッテ 1回裏日本ハム1死二塁、右中間に2点本塁打を放つ近藤(撮影・黒川智...

関連するニュースを読む

【DeNA】ソトが頭部死球受け途中交代、代走に大田泰示 中日柳は危険球退場、警告試合が宣告

DeNA対中日 2回裏1DeNA死二塁、頭部に死球を受けたソト(撮影・たえ見朱実)

<DeNA-中日>◇28日◇横浜DeNAネフタリ・ソト内野手(33)が、中日の柳から頭部死球を受け、途中交代した。 0-0で迎えた2回1死二塁、内角高めに抜けた142キロがヘルメットに直撃。自力でベンチに引き揚げたが、代走に大田が送られた。 柳には危険球退場が宣告され、2番手には鈴木博志が上がった。また、球審の笠原から警告試合が宣告された。 DeNA対中日...

関連するニュースを読む

【ソフトバンク】森唯斗29日楽天戦先発「行ける所まで行きたい」V決定までフル回転誓う

キャッチボールを行う森(撮影・岩下翔太)

ソフトバンク森唯斗投手(30)が2年ぶりVへ向け自らの投球で「王手」をかけるつもりだ。29日の楽天戦(楽天生命パーク)の先発に向け「1人1人しっかり抑えていくだけ。行ける所まで行きたい」と力を込めた。 この日は福岡・筑後市のファーム施設で練習。ランニングや遠投などに汗を流した。元守護神にとってプロ2度目の先発も楽天が相手。前回16日は3回1失点だったが「みん...

関連するニュースを読む

【中日】柳裕也が危険球で退場 142キロストレートが抜けてソトの右後頭部を直撃

DeNA対中日 2回裏DeNA1死一塁、ソトは柳から頭部に死球を受ける。捕手石橋(撮影・丹羽敏通)

<DeNA-中日>◇28日◇横浜中日柳裕也投手(28)が危険球での退場処分を受けた。今季24試合目の先発マウンドに上がった柳は1回を3人で片付ける好スタート。 2回1死から宮崎に右中間二塁打を打たれた直後、6番ソトへの初球142キロストレートが抜けて、ソトの右後頭部を直撃した。柳は打席にうずくまったソトをマウンドから降りて心配そうに見守った。その後ベンチに戻...

関連するニュースを読む

【阪神】中野拓夢、04年今岡以来の2試合連続先頭打者弾「しっかり振り抜けた」球団18年ぶり

ヤクルト対阪神 1回表阪神無死、中野は右越えソロ本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮阪神中野拓夢内野手(26)が、2試合連続の先頭打者アーチを放った。 プロ初先発のヤクルト市川を相手に、カウント1-2からの4球目、低めのカーブを振り抜き、打球は右翼スタンドに吸い込まれた。試合開始1分での先制パンチだ。 「いい勝ち方ができた次の日でしたし、昨日と同じく試合の入りでチームに勢いを付けるような仕事がしたいと思ってい...

関連するニュースを読む

セCSファーストステージは10月8日、ファイナルステージは12日から 延長12回、予告先発制

NPB旗(2022年7月23日撮影)

セ・リーグは28日、「2022 JERA クライマックスシリーズ セ」の開催概要を発表した。ファーストステージは10月8日から横浜スタジアムで午後2時開始(予備日の11日のみ午後6時)。2位のDeNAと3位球団が3試合制で行い、先に2勝した球団が勝者。ファイナルステージは同12日から神宮球場で午後6時開始。1位のヤクルトとファーストステージ勝者が6試合制で行...

関連するニュースを読む

【日本ハム】本拠最終戦、スペシャルアドバイザーでOB田中賢介氏が始球式 ストライク投球披露

日本ハム対ロッテ 始球式を務める日本ハム田中SA(撮影・黒川智章)

<日本ハム-ロッテ>◇28日◇札幌ドーム 札幌ドーム最終戦の始球式を日本ハムOBでもある田中賢介スペシャルアドバイザー(41)が務めた。札幌ドームでの歴代最多安打数の「573」の背番号入りユニホーム姿で登場。ストライク投球を披露した。 直前にはスタンドの人文字で試合を盛り上げた。青色と白色のボードが客席に設置されており、来場者が手元のボードを掲げるとは「TH...

関連するニュースを読む

【DeNA】木村カエラが始球式 野茂英雄氏ばりワインドアップからワンバン投球披露

DeNA対中日 始球式を務めた木村カエラ(撮影・たえ見朱実)

<DeNA-中日>◇28日◇横浜歌手の木村カエラが、DeNA-中日23回戦(横浜)で始球式を行った。 「I☆YOKOHAMA SERIES」のスペシャルユニホームに袖を通し、笑顔でグラウンドに登場。野茂英雄氏ばりのワインドアップから、ダイナミックなフォームでワンバウンド投球を披露した。 投球後は、笑顔で手を振りながら、グラウンドを引き揚げ、スタンドからは大き...

関連するニュースを読む

【阪神】藤浪晋太郎メジャー挑戦直訴は「事実」ポスティング交渉へ「自分の気持ちは変わらない」

ヤクルト対阪神 引退する嶋基宏のところあいさつに走る藤浪(撮影・加藤哉)

<ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮阪神藤浪晋太郎投手(28)が28日、今オフにポスティングシステムを使用して大リーグ移籍を目指すことを正式表明した。 昨年12月の契約交渉中、メジャー挑戦の意思を球団に直訴。前日27日、今オフに大リーグ移籍を目指す意思が明らかになっていた。 この日はブルペン待機するヤクルト戦の練習後、神宮球場で報道陣に対応。 「チャレンジさせて...

関連するニュースを読む

【阪神】メジャー移籍目指す藤浪晋太郎に球団社長「今後本人と話をしながら決めていきたいなと」

阪神藤浪晋太郎(22年9月撮影)

<ヤクルト-阪神>◇28日◇神宮阪神藤浪晋太郎投手(28)が28日、今オフにポスティングシステムを使用して大リーグ移籍を目指すことを正式表明した。 昨年12月の契約交渉でメジャー挑戦の意思を球団に直訴。前日27日、今オフに大リーグ移籍を目指す意思が明らかになっていた。 この日の試合前には百北幸司球団社長(61)が取材対応。今シーズンに入っても何度か話し合いの...

関連するニュースを読む

【DeNA】藤田一也、元チームメート内川聖一&嶋基宏引退に「本当に寂しい気持ちでいっぱい」

2013年9月 パ・リーグ優勝を決め、記念撮影する嶋(左)と藤田

DeNA藤田一也内野手(40)が28日、楽天時代のチームメートだったヤクルト嶋の現役引退、横浜時代のチームメートだったヤクルト内川のNPB選手引退について、自身の思いを語った。 嶋とは、楽天で13年に球団初の日本一に貢献し「先日連絡をいただいて、『引退します』という連絡をもらった時は寂しかったし、僕の野球人生の中でも優勝、日本一を一緒に味わえた選手なので、本...

関連するニュースを読む

【日本ハム】札幌ドーム最終戦に臨む 観戦証明書付きシート 清宮幸太郎ら選手が集合写真

日本ハム対ロッテ 札幌ドームでの最終戦を迎え記念撮影をする日本ハムナイン(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム-ロッテ>◇28日◇札幌ドーム日本ハムは、来年3月開業の新球場「エスコンフィールド北海道」に本拠地移転のため、札幌ドームでの最終戦に臨む。 スタンドにはファンによって「THANK YOU 2004→2022 GO TO 2023」が浮かび上がるように、座席に「札幌ドーム最終戦観戦証明書」付きのシートが置かれた。練習前には清宮幸太郎内野手(23)らが...

関連するニュースを読む

楽天滝中瞭太-ソフトバンク森唯斗、DeNA石田健大-中日高橋宏斗ほか/29日予告先発

楽天滝中瞭太(左)とソフトバンク森唯斗

29日のプロ野球予告先発は以下の通り。 <セ・リーグ> DeNA石田健大-中日高橋宏斗(横浜=18時) 広島森下暢仁-ヤクルト石川雅規(マツダスタジアム=18時) <パ・リーグ> 楽天滝中瞭太-ソフトバンク森唯斗(楽天生命パーク=18時)

関連するニュースを読む

【楽天】田中将大「一緒に成長していけた」則本昂大「寂しい気持ち」嶋基宏引退を惜しむコメント

13年、コナミ日本シリーズ2013・第7戦 楽天対巨人 胴上げ投手となり嶋基宏(左)と抱き合う田中将大

楽天田中将大投手(33)、銀次内野手(34)、則本昂大投手(31)、岡島豪郎外野手(33)の4選手が、28日にヤクルト嶋基宏捕手兼任コーチ補佐(37)が引退を表明したことを受け、コメントを発表した。嶋は国学院大から06年大学・社会人ドラフト3巡目で楽天入り。19年まで仙台でプレーした。13年には、正捕手として球団史上初のリーグ優勝と日本一へけん引。楽天の後輩...

関連するニュースを読む

【阪神】平田監督「まだCSも何が起こるかわからない」ファーム2連覇王手/一問一答

阪神対ソフトバンク 阪神先発の小川(撮影・前岡正明)

<ウエスタン・リーグ:阪神4-2ソフトバンク>◇28日◇甲子園阪神が接戦を制し、ファーム2連覇に王手をかけた。 1点を追う6回1死一、二塁で、アデルリン・ロドリゲス内野手(30)が右前適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。 さらに、ロドリゲスのパワーがさく裂したのは8回だ。井上が右前打で出塁した無死一塁で、カウント1-1からソフトバンク椎野の139キロの変化...

関連するニュースを読む

【ソフトバンク】松田宣浩、選択肢は「NPBのみ」ホークスの存在「人生そのもの」一問一答2

退団会見を行った松田(撮影・岩下翔太)

今季限りでソフトバンクを退団することになった松田宣浩内野手(39)が28日、ペイペイドーム内で会見を行った。主な一問一答は以下の通り。 -17年の思い出は 「プロ1年目に入ったときの感想を思うと、すごくレベルの高いところに入って、このままじゃ通用しないなという思いでスタートした1年目から、練習をたくさんしてここまでやってきて、17年間ホークスのユニホームを着...

関連するニュースを読む

【ソフトバンク】松田宣浩「大好きな野球を自分からやめる決断には至らなかった」/一問一答1

退団会見を行った松田(撮影・岩下翔太)

今季限りでソフトバンクを退団することになった松田宣浩内野手(39)が28日、ペイペイドーム内で会見を行った。 主な一問一答は以下の通り。 (冒頭にあいさつ) 「お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。福岡ソフトバンクホークスのユニホームを着てプレーするのは今シーズン限りとなりました。現役続行を希望して退団することをここにご報告させていただきます。ホー...

関連するニュースを読む

【一覧】新庄BIGBOSS 143試合戦いの跡 全スコア 全スタメン 全コメント/9月

「BIGBOSS」日本ハム新庄剛志監督の1年目、2022シーズンの戦いを追う。3、4月は通算9勝19敗で最下位。5月は12勝12敗の5割と巻き返し。交流戦も行われた6月は6勝15敗と再び大きく負け越し、通算27勝46敗。最下位脱出はならず。7月は11勝11敗の5割で終えた。8月は8勝13敗3分けと再び負け越し。CS自力進出が消滅した。9月の戦いは-。 ...

関連するニュースを読む

【ソフトバンク】松田宣浩「お別れの場」は10・1ウエスタン・リーグ中日戦

若手選手と元気いっぱいにノックを受ける松田(撮影・岩下翔太)

今季限りでソフトバンクを退団することになった松田宣浩内野手(39)が28日、ペイペイドーム内で会見を行った。現役引退ではなく、移籍先を求めての退団では異例のシーズン中の発表、会見となった。 松田は「長年、ファンのみなさんにプレーを見ていただいたんですけど、最後の姿を見せることなくホークスのユニホームを脱いでしまう。これだけはやめたいなという思いがありまして、...

関連するニュースを読む

【DeNA】藤田一也&京山将弥を登録、上茶谷大河&倉本寿彦を抹消

藤田一也(2022年4月15日撮影)

DeNA藤田一也内野手(40)、京山将弥投手(24)が28日、出場選手登録された。 京山は今季、先発、ロングリリーフを任され、15試合に登板し、2勝2敗、防御率3・40。藤田は30試合に出場し、打率2割5分8厘、0本塁打、5打点。 代わりに、27日の中日戦で6回3失点と好投した上茶谷大河投手(26)、倉本寿彦内野手(31)が抹消された。

関連するニュースを読む

DeNA藤田一也、日本ハム王柏融ら登録 広島羽月隆太郎、楽天辛島航ら抹消/28日公示

DeNA藤田一也(2022年5月5日撮影)

9月28日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。 【セ・リーグ】 <登録> ヤクルト 市川悠太投手 中日 鈴木博志投手 DeNA 京山将弥投手 DeNA 藤田一也内野手 <抹消> ヤクルト 高梨裕稔投手 広島 羽月隆太郎内野手 広島 大盛穂外野手 DeNA 上茶谷大河投手 DeNA 倉本寿彦内野手 【パ・リーグ】 <登録> ロッテ 中村稔弥投手 楽天 ...

関連するニュースを読む

【巨人】浅野翔吾を1位指名へ「将来スーパースターになるような素材」「右の吉田正尚に」

高松商・浅野翔吾(2022年8月31日撮影)

巨人が10月20日のドラフト会議で、高校通算68本塁打のスラッガー・高松商の浅野翔吾外野手(3年)を1位指名する方針を決めた。28日、東京都内の球団事務所でスカウト会議を実施。原辰徳監督(64)も出席し、約3時間、協議を重ねた。高校生野手の1位指名での入団となれば14年岡本和真内野手以来で、高校生外野手だと球団初となる。 ■将来スーパースターになるような素材...

関連するニュースを読む

【阪神】ファーム2連覇に王手 ロドリゲスが勝ち越し2ラン 29日ドラ1森木大智先発予定

阪神対ソフトバンク 8回裏阪神裏無死一塁、ロドリゲスは左越え2点本塁打を放つ(撮影・前岡正明)

<阪神4-2ソフトバンク>◇28日◇甲子園阪神が接戦を制し、ファーム2連覇に王手をかけた。 2点を追う5回2死三塁で山本泰寛内野手(28)の右適時二塁打で1点を返す。6回1死一、二塁では、アデルリン・ロドリゲス内野手(30)が右前適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。 さらに、ロドリゲスのパワーがさく裂したのは8回だ。井上が右前打で出塁した無死一塁で、カウン...

関連するニュースを読む

プロ野球 この日の見どころ

日本野球機構の旗(2014年5月撮影)

プロ野球の見どころをピックアップで紹介します。 パ・リーグ 【西武】山川穂高、楽天生命パークで無安打は6月25日だけ 現在7試合連続安打

【ソフトバンク】松田宣浩が退団会見「野球がまだまだ大好き」ファンへの思い考慮“特例”で発表

三代(左)ら若手選手と元気いっぱいにノックを受ける松田(撮影・岩下翔太)

今季限りでソフトバンクを退団することになった松田宣浩内野手(39)が28日、ペイペイドーム内で会見を行った。松田は「球団から来季の構想外ということを伝えられ、モヤモヤした気持ちを持ったまま1軍で戦うことはできないと思い、藤本監督と話しをさせてもらい、現役引退するか、他球団で現役を続けるか、考える時間をいただいた。それから約3週間、(2軍で)若い選手と一生懸命...

関連するニュースを読む

【西武】山川穂高、楽天生命パークで無安打は6月25日だけ 現在7試合連続安打/パ見どころ

西武山川穂高(2022年9月27日撮影)

<楽天-西武>◇28日◇楽天生命パーク今季の西武山川穂高内野手(30)は楽天戦で打率2割9分6厘を残すが、楽天生命パークでは34打数14安打、7本塁打、12打点、打率4割1分2厘。 同球場で無安打は6月25日だけで、現在7試合連続で安打を記録中。

関連するニュースを読む

【とっておきメモ】内川聖一「今度藤田が行くんで、よろしく」元同僚移籍で楽天担当記者に電話

笑顔で引退会見をするヤクルト内川(代表撮影)

<とっておきメモ>引退を決めたヤクルト内川聖一内野手(40)と交わした、10年前の会話が思い出される。ナイター前に遠征先のホテルでひと息ついていると、スマホが鳴った。発信元は「内川聖一」。突然のコールに驚きつつ、電話を取った。 「古川さん、楽天担当でしたよね。今度、藤田が行くんで、よろしくお願いします」 DeNA藤田一也内野手の楽天へのトレード移籍が発表され...

関連するニュースを読む

【ヤクルト】嶋基宏、分岐点の1つは野村監督の存在「捕手のイロハを教えていただいた」一問一答

引退会見で感極まるヤクルト嶋(代表撮影)

ヤクルト嶋基宏捕手兼任コーチ補佐(37)が28日、今季限りでの現役引退を表明し、神宮で引退会見を開いた。以下、一問一答。 (冒頭自ら) みなさまお忙しい中、お集まりいただきまして、本当にありがとうございます。私、嶋基宏は今シーズン限りで、現役生活を引退することを決断しましたので、そのご報告をさせていただきます --決断のタイミングと理由 昨年優勝した後、契約...

関連するニュースを読む

【DeNA】三浦大輔監督「プレーに対する、野球に対する熱い気持ち持った選手」引退する内川へ

笑顔で引退会見をするヤクルト内川(代表撮影)

DeNA三浦大輔監督(48)が28日、かつてのチームメートでNPB選手としての引退を表明したヤクルト内川聖一内野手について、ねぎらいの言葉を掛けるとともに思い出を語った。 「選手として引退するわけではないと聞いていますし、まだまだ野球を続けていくと思いますけど、NPB選手としては引退ということで、本当に両リーグで首位打者、輝かしい実績のある選手ですし、WBC...

関連するニュースを読む