ニッカンプロ野球

新着ニュース

【広島】佐々岡監督「野間で始まり4番で得点、本当いい雰囲気」12安打11得点大勝/一問一答

【広島】佐々岡監督「野間で始まり4番で得点、本当いい雰囲気」12安打11得点大勝/一問一答

広島対中日 5回裏広島1死三塁、西川の右適時打で野間が生還(撮影・加藤孝規)

<広島11-5中日>◇20日◇マツダスタジアム12安打11得点の広島が連敗を4で止めた。1回にマクブルームの6号満塁弾から今季5度目の2桁得点。先発大瀬良は5点リードがありながらも、8回まで121球を投げ抜いた。佐々岡真司監督(54)の談話は以下の通り。 -1回は野間選手の一打からマクブルーム選手の本塁打 佐々岡監督 野間が帰ってきて、野手キャプテンとして引...

関連するニュースを読む

【阪神】最短22日に自力V消滅「あと1球」から起死回生弾、全9投手動員も延長12回力尽きる

阪神対巨人 5回裏の攻撃前、円陣を組む阪神ナイン(撮影・前田充)

<阪神2-6巨人>◇20日◇甲子園阪神は「大阪タイガース」時代のユニホームをまとって巨人戦に臨んだが、延長12回の激闘の末、悔しい敗戦を喫した。借金は14。前回の巨人戦は敵地で3連勝したが、今季の対戦成績は5勝5敗になった。 最高のムードだった。0-2で迎えた9回。簡単に2死を取られ、昨季を早くも上回る12度目の0封負けが目前に迫った。 ここで、佐藤輝明内野...

関連するニュースを読む

【オリックス】田嶋大樹、待望1勝「苦労した分うれしさが勝りました」昨年2勝無敗の楽天封じる

楽天対オリックス 7回無失点で勝利を挙げ笑顔を見せるオリックス田嶋(撮影・足立雅史)

<楽天0-1オリックス>◇20日◇楽天生命パークチームも田嶋も、待望の1勝だ。オリックス田嶋大樹投手(25)が7回無失点の好投で今季初勝利。チームにも6戦全敗だった楽天戦の初勝利をもたらした。昨年2勝無敗、防御率1・42を誇った相手をこの日も封じた。「うれしかったですよ。苦労した分うれしさが勝りました」と、杜(もり)の都の美しい夜空にヒーローインタビューの声...

関連するニュースを読む

【広島】マクブルーム来日初満塁弾「一生懸命プレーする姿は約束できる」勤勉助っ人が連敗止めた

広島対中日 お立ち台でポーズを決めるマクブルーム(撮影・加藤孝規)

<広島11-5中日>◇20日◇マツダスタジアム満弾! 広島ライアン・マクブルーム内野手(30)が1回無死満塁で来日初のグランドスラムを記録した。中日エース大野雄の出ばなをくじき、打線の12安打11得点の口火を切った。自身は28試合連続出塁で、打率は3割目前。日に日に調子を上げる助っ人とともに打線がつながり、連敗を4で止めた。    ◇   ◇   ◇ まだ日...

関連するニュースを読む

【オリックス】紅林弘太郎が成績不振で登録抹消「いろんな意味でもう1回やろうと」中嶋監督

オリックス紅林弘太郎(2022年3月13日撮影)

オリックス紅林弘太郎内野手(20)が20日、出場選手登録を抹消された。成績不振が理由とみられる。 紅林はプロ2年目の昨季、正遊撃手に定着し、136試合に出場。今季も全43試合に出場していたが、打率1割6分4厘、1本塁打、8打点と低調だった。18日の日本ハム戦では失策もあった。中嶋監督は「本人にはいろんな意味でもう1回やろうという話をしました」と説明。復調を待...

関連するニュースを読む

【ロッテ】打線が千賀を攻略し、佐々木朗希を援護 エチェバリアが2点適時打含む今季初の3安打

ソフトバンク対ロッテ 8回表ロッテ2死、エチェバリアは左前安打を放つ(撮影・屋方直哉)

<ソフトバンク1-8ロッテ>◇20日◇ペイペイドームロッテ打線がソフトバンク千賀を攻略し、先発の佐々木朗を援護した。3回、追加点となるエチェバリアの2点適時打が効いた。「うまくバットに当たってくれたよ」と喜ぶ助っ人は、勢いに乗って今季初の3安打。井口監督も「最初から割り切って入っていけたと思う」と評価した。8回2死からエチェバリアら下位打線が粘っての3点追加...

関連するニュースを読む

【データ】来日初満塁アーチの広島マクブルーム 初回に4番で達成は球団31年ぶり3人目

広島対中日 お立ち台でポーズを決めるマクブルーム(撮影・加藤孝規)

<広島11-5中日>◇20日◇マツダスタジアム広島ライアン・マクブルーム内野手(30)が1回に来日初のグラウンドスラムを記録した。1回無死満塁。中日先発大野雄の低めツーシームをすくい上げた打球は、高々と舞い上がり、そのまま左翼席へ。貴重な6号先制満塁弾となった。    ◇   ◇   ◇ ▼広島は初回に4番マクブルームが満塁本塁打。セ・リーグで初回に4番の満...

関連するニュースを読む

【西武】山野辺翔がプロ4年目で初の猛打賞「平石コーチから教わっていることを実践できた結果」

日本ハム対西武 5回表西武1死、左前打を放つ山野辺(撮影・黒川智章)

<日本ハム5-3西武>◇20日◇札幌ドーム西武山野辺翔内野手(27)はプロ4年目で初の猛打賞となった。 3試合連続となる1番で先発。1回に中前に落ちる二塁打、5回に左前打、8回に左翼二塁打。4打数3安打だった。チームのムードメーカーは1盗塁も含めリードオフマンの役目を存分に果たした。 平石打撃コーチから「左肩の開き」に関するアドバイスをもらい、手応えをつかむ...

関連するニュースを読む

【ソフトバンク】千賀滉大今季最短4回4失点「野手の皆さん、キャッチャーの拓也に申し訳ない」

ソフトバンク対ロッテ 3回表ロッテ2死二、三塁、エチェバリアに左前2点適時打を打たれた千賀(撮影・岩下翔太)

<ソフトバンク1-8ロッテ>◇20日◇ペイペイドーム「剛腕対決」に負けた。ソフトバンク千賀滉大投手(29)が今季最短の4回でマウンドを降り、6安打4失点で2敗目を喫した。ロッテ佐々木朗と2週間ぶりの再対決だったが、5回もたずに降板。「野手の皆さん、キャッチャーの拓也(甲斐)に本当に申し訳ない。次の登板に向けて、しっかりとコンディションを整えます」と、タカのエ...

関連するニュースを読む

【ソフトバンク】完敗に藤本監督「バッテリーでもう1回ミーティングしてくれと」一問一答

ソフトバンク対ロッテ 8回表ロッテ2死一、三塁、投手の交代を告げベンチに戻る藤本監督(撮影・屋方直哉)

<ソフトバンク1-8ロッテ>◇20日◇ペイペイドームソフトバンクは、千賀滉大投手(29)が4回6安打4失点で2敗目。ロッテ佐々木朗希投手(20)との2度目の投げ合いで完敗した。試合後の藤本博史監督(58)の一問一答は以下の通り。 -初回から千賀は本来の姿ではなかった 藤本監督 真っすぐを全然投げなかった。本人は前回より思った真っすぐが投げれていないから。でも...

関連するニュースを読む

【西武】札幌ドームでまたケガ人 辻監督「確かにここは鬼門」 金子が負傷、3月に山川が肉離れ

日本ハム対西武 ベンチで渋い表情の辻監督(右端)(撮影・黒川智章)

<日本ハム5-3西武>◇20日◇札幌ドーム硬い人工芝の札幌ドーム-。また西武にとっては“鬼門”の場所となってしまった。 試合後、辻監督は言った。「たしかにここは鬼門だからね。うちのチームは多いので」。18日には沖縄で試合。前日19日は飛行機を乗り継ぐ移動。試合前シートノックを取りやめるなど負担軽減をしていたが、悲劇は起こってしまった。 1回。プレーボールから...

関連するニュースを読む

【DeNA】6人継投で1失点勝利 三浦監督決断「調子が悪い」と先発大貫晋一5回1失点で交代

ヤクルトに勝利し、ファンにあいさつするDeNA三浦監督(左から2人目)(撮影・菅敏)

<DeNA3-1ヤクルト>◇20日◇横浜DeNAが6人の継投策で最少失点に抑えた。三浦監督は先発大貫晋一投手(28)が「調子が悪い」と5回で継投策に切り替えた。 6回2死でヤクルト4番村上に対し、平田から左腕・田中健に代えると2球で一ゴロに仕留めた。7回は伊勢が20試合連続無失点を継続し、その後もエスコバーと山崎で守り抜いた。同監督は「追加点が取れないところ...

関連するニュースを読む

【日本ハム】伊藤大海「粗品の呪い」に打ち勝ち5勝目「何とか、はねのけてやりました」

日本ハム対西武 試合後、笑顔でガッツポーズの伊藤(左)と宇佐見(撮影・黒川智章)

<日本ハム5-3西武>◇20日◇札幌ドーム日本ハム伊藤大海投手(24)が、“呪い”に打ち勝った。西武の山賊打線を7回2失点に抑え、ロッテ佐々木朗に並ぶハーラートップタイの5勝目を挙げた。試合前には、競馬予想した本命馬が着外になる「粗品の呪い」が話題の、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品からSNSを通して“本命指名”を受けて初回に失点。不吉な予感が漂ったが、味方...

関連するニュースを読む

【楽天】鈴木翔天が3番手で無失点 今季初登板に「緊張しましたけど、集中して投げられました」

楽天対オリックス 8回から登板した楽天鈴木翔(撮影・足立雅史)

<楽天0-1オリックス>◇20日◇楽天生命パーク楽天鈴木翔天投手(25)が、今季初登板を無失点で抑えた。1点を追う8回に3番手として登板。先頭佐野皓に中前打を許し、続く福田周の犠打で1死二塁のピンチを招いた。宗を見逃し三振に打ち取ると、4番大城を右邪飛。ピンチで踏ん張った。 18年ドラフト8位で楽天に入団。昨季まで1軍登板は7試合だった。飛躍を目指す左腕は「...

関連するニュースを読む

【中日】大野雄大でも止められず今季4度目3連敗 立浪和義監督「初回4点は相当きつかった」

広島対中日 1回裏広島無死満塁、マクブルームは左越え満塁本塁打を放つ。左は打たれた大野雄(撮影・加藤孝規)

<広島11-5中日>◇20日◇マツダスタジアム中日が今季4度目の3連敗を喫した。先発大野雄大投手(33)が初回、広島マクブルームに満塁弾を浴び4回5失点で降板。 2番手佐藤も5失点と投手陣の乱調が響き、借金も4月2日以来の「2」に。4月27日の阪神戦で、西勇から右膝に死球を受け離脱していた大島洋平外野手(36)と、9日に新型コロナウイルス感染判明の木下拓哉捕...

関連するニュースを読む

【ヤクルト】高津監督「2回から試合が始まるわけではないので」初回の3失点響き敗戦

DeNA対ヤクルト 8回、浮かない表情で試合を見守るヤクルト高津監督(撮影・菅敏)

<DeNA3-1ヤクルト>◇20日◇横浜ヤクルトは初回の3失点が最後まで響き、敗れた。1週間で首位を明け渡した。この回に高梨が打たれた二塁打3本はいずれも直球。 2回以降は持ち直して7回まで投げきったが、高津臣吾監督は「2回から試合が始まるわけではないので。いろいろ(攻撃面で)作戦をしながらと思うんですけど、初回に3点ぽんと取られてしまうとやりづらくなる。大...

関連するニュースを読む

【楽天】今季6度目0封負け 11連勝後は2勝7敗 石井監督「試練を経験しても大丈夫な時期」

楽天対オリックス ベンチでうつむく楽天石井GM兼監督(撮影・足立雅史)

<楽天0-1オリックス>◇20日◇楽天生命パーク楽天が今季6度目の0封負けを喫し、オリックスに今季初めて敗れた。 先発滝中は3回2死走者なしで大城に先制ソロを浴びるも、以降は要所で踏ん張り続け、6回6安打1失点と好投。一方で打線が援護できなかった。4回は無死満塁のチャンスをつくったが、炭谷が中飛、武藤が空振り三振、西川が一ゴロに倒れた。8安打を放つも、あと1...

関連するニュースを読む

【西武】「鬼門」でまた悲劇…負傷交代した金子侑司は病院へ 辻監督「いる選手でやるしかない」

日本ハム対西武 1回表西武無死二塁、セーフティーバントを決めるも右足を負傷し痛がる金子(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム5-3西武>◇20日◇札幌ドーム西武金子侑司外野手(32)が日本ハム9回戦(札幌ドーム)の1回に負傷交代し、札幌市内の病院に向かった。 無死二塁で三塁前へバントを転がし、一塁もセーフとしたが、立てなくなった。右太もも裏付近を押さえるように苦悶(くもん)の表情を浮かべると、両腕を支えられながらベンチに退いた。辻監督は「肉離れだろう。いる選手でやるしか...

関連するニュースを読む

「ルーフオープンデー」ロッテ佐々木朗希が6回1失点5勝 ソフトバンク千賀は4回4失点/詳細

<ソフトバンク-ロッテ>◇20日◇ペイペイドームロッテは1回にレアードの押し出し四球と岡の犠飛で先行し、3回にエチェバリアの2点打で加点した。佐々木朗は6回4安打1失点で9三振を奪い、負けなしでリーグトップタイの5勝目。ソフトバンクは千賀が4回4失点と崩れた。 チーム123456789計 ロッテ2020000318 ソフト0000010001 【ロ】佐...

関連するニュースを読む

【日本ハム】伊藤大海リーグトップタイ5勝目「ナイスバッティング」逆転打の宇佐見真吾に感謝

日本ハム対西武 試合後、笑顔でガッツポーズの伊藤(左)と宇佐見(撮影・黒川智章)

<日本ハム5-3西武>◇20日◇札幌ドーム伊藤大海投手(24)がリーグトップタイの5勝目を挙げた。1回に2点の先制を許したが、2回以降は無失点。7回7安打2失点だった。味方が7回裏に一挙4得点で逆転し、勝利投手の権利を得た。逆転打を放った宇佐見真吾捕手(28)と一緒にヒーローインタビューに登場し「ナイスバッティングでした」と、女房役に感謝。 西武高橋との投げ...

関連するニュースを読む

【ロッテ】佐々木朗希リーグトップタイ5勝 直球の9割超が160キロ台、千賀との豪腕対決制す

ソフトバンク対ロッテ リーグトップタイ5勝目を挙げた佐々木朗希(撮影・屋方直哉)

<ソフトバンク1-8ロッテ>◇20日◇ペイペイドームロッテ佐々木朗希投手(20)がリーグトップタイ5勝目を挙げた。6回4安打1失点、9奪三振、2四球1死球。球数は97だった。 チームに勝利を呼ぶ投球をしても、まずは野手への感謝、そして反省の言葉を続けた。 「今日は早い段階で点を取ってもらったので思い切って投げることができました。ちょっとコントロールに苦しんで...

関連するニュースを読む

【阪神】阪神大山悠輔が9回裏2死から7号同点2ラン 土壇場で振り出しに戻し、甲子園に大歓声

阪神対巨人 9回裏阪神2死一塁、左越え同点本塁打を放つ大山(撮影・上田博志)

<阪神-巨人>◇20日◇甲子園阪神大山悠輔内野手(27)が、起死回生の同点アーチを放った。2点ビハインドの9回裏2死一塁。直前に今村に代わりマウンドに上がった巨人デラロサから、7号同点2ランを左翼席へお見舞いした。9回2アウト、2ストライクと、まさに土壇場で試合を振り出しに戻した。 大山は球団広報を通じ「打ったのはスライダー。投手陣が粘ってつないでくれていた...

関連するニュースを読む

【巨人】戸郷翔征6勝目消える デラロサあと1球から大山に同点2ラン浴びる

阪神対巨人 力投する巨人先発の戸郷(撮影・上山淳一)

<阪神-巨人>◇20日◇甲子園巨人戸郷翔征投手(21)が、8回4安打無失点の好投も報われなかった。ハーラー単独トップの6勝目の権利を得るも、3番手デラロサが9回2死一塁、2ストライクから同点2ランを浴びた。 1回、2回と走者を出すも、球威のある直球で押し、2イニング連続で併殺打に打ち取った。以降も最速151キロの直球で押し、散発4安打に封じた。8回には先頭糸...

関連するニュースを読む

【中日】木下拓哉1軍合流即スタメンで3号「初球から積極的に」合流の大島洋平も「1番・中堅」

中日大島洋平(2022年4月13日撮影)

<広島11-5中日>◇20日◇マツダスタジアム中日大島洋平外野手(36)と木下拓哉捕手(30)、土田龍空内野手(19)が1軍に合流した。 大島は4月27日の阪神戦で、西勇から右膝に死球を受け離脱。17日のウエスタン・リーグ阪神戦(ナゴヤ)で実戦復帰していた。木下は9日に新型コロナウイルス感染が判明し、1週間の自宅隔離措置。大島同様に17日の同戦から実戦復帰し...

関連するニュースを読む

【ロッテ】佐々木朗希6回1失点9奪三振「点を取ってもらい思い切って」勝利投手の権利持ち降板

ソフトバンク対ロッテ ロッテ先発の佐々木朗(撮影・岩下翔太)

<ソフトバンク1-8ロッテ>◇20日◇ペイペイドームロッテ佐々木朗希投手(20)は6回4安打1失点で、勝利投手の権利を持って降板した。9奪三振、2四球1死球、球数は97だった。「今日は早い段階で点を取ってもらったので思い切って投げることができました。ちょっとコントロールに苦しんでしまってイニングを稼げなかったので、次回はしっかり修正できるように頑張ります」と...

関連するニュースを読む

【阪神】青柳晃洋6回2失点で5勝目逃す 防御率は1・33で再びリーグトップに

阪神対巨人 6回表を投げ終え、2失点した青柳はうつむきながら悔しそうにベンチへ戻る(撮影・前田充)

<阪神-巨人>◇20日◇甲子園阪神青柳晃洋投手(28)はツキにも見放され、6回2失点で今季5勝目を逃した。 「8番投手」としては3回1死、巨人戸郷の146キロ直球をとらえて左前打。投げても序盤から丁寧に試合をつくったが、両チーム無得点で迎えた6回に苦しんだ。先頭の1番丸が放った一塁線への強烈ゴロが一塁ベースに当たり、大きく跳ねて右翼線二塁打に。2番ウォーカー...

関連するニュースを読む

【西武】高橋光成が7回途中5失点で降板 5勝目ならず

日本ハム対西武 3回裏を無失点に抑えグラブをたたきながらナインを出迎える西武高橋(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム5-3西武>◇20日◇札幌ドーム西武高橋光成投手(25)は7回途中で降板し、5勝目はならなかった。 同じくハーラートップタイ4勝の日本ハム伊藤との投げ合い。6回まで1失点。初回にもらった2点を守り抜いていたが、7回に3点を失った。 連打と、この日初めての四球で1死満塁。8番宇佐見に走者一掃の左中間適時二塁打を浴びた。逆転を許した。続く谷内にも四球を...

関連するニュースを読む

【DeNA】牧秀悟が適時二塁打「ソトが先制打打ってくれたおかげで楽な気持ちで」6戦連続長打

DeNA対ヤクルト 1回裏DeNA1死二塁、右適時二塁打を放つ牧(撮影・菅敏)

<DeNA3-1ヤクルト>◇20日◇横浜DeNA牧秀悟内野手がチャンスで勝負強さを発揮し、チームを今季4度目の3連勝に導いた。 初回、ソトが先制適時打を放ち、なおも二塁。右翼線への適時二塁打で追加点を挙げた。さらにヤクルト高梨の暴投に捕手の中村が球を見失っているとみるや、二塁から激走し、一気に本塁へ生還した。守備でも9回、一、二塁間の当たりを横っ跳びで捕球。...

関連するニュースを読む

【西武】山川穂高が一塁守備位置に清めの塩をまいた 金子が一塁駆け抜けて右足負傷交代

日本ハム対西武 1回表西武1死二塁、左前適時打を放つ山川(撮影・黒川智章)

<日本ハム5-3西武>◇20日◇札幌ドーム仲間の思いを背負い、嫌な記憶もよみがえる中で仕事を果たした。西武山川穂高内野手(30)が初回に左中間へ適時打を放った。 1点を先制し、なおも1死二塁のチャンス。カウント3-2からの6球目。日本ハム先発伊藤の外角低め132キロスライダーをうまく運んだ。少しバットの先。ただ強く振り抜いた打球は、しっかり左中間へ飛んでいっ...

関連するニュースを読む

【ソフトバンク】千賀滉大が今季最短4回4失点降板、佐々木朗希と2度目投げ合い本来の姿程遠く

ソフトバンク対ロッテ ソフトバンク先発の千賀(撮影・屋方直哉)

<ソフトバンク1-8ロッテ>◇20日◇ペイペイドーム鷹のエースが沈黙した。ソフトバンク千賀滉大投手(29)が6安打4失点で、今季最短となる4回でマウンドを降りた。ロッテ佐々木朗との今季2度目の投げ合いだったが、76球で2番手のレイにマウンドを譲った。「164キロ対決」は、試合開始から約1時間半で終了した。 本来の姿とは程遠かった。初回に1番高部、2番中村奨に...

関連するニュースを読む