ニッカンプロ野球

一覧

野球の国から

秩父駅から路線バスで山道を抜け30分、愛される野球部が掲げる目標

<鉄道と野球 秩父鉄道(2)>濃い緑の山々に囲まれた小鹿野高校のグラウンドに、野球部員の元気な声が響く。秩父駅から、路線バスで山道を抜けること約30分。国道29...

評論家コラム

【大石大二郎】12失点の阪神投手陣で心配はチェン、起用に配慮必要

<DeNA12-6阪神>◇7日◇横浜阪神投手陣は、上り調子のDeNA打線に打ち込まれたが、スアレスら勝ちパターンで打たれたわけではない。馬場や小林は今季そこそこ...

虎だ虎だ虎になれ!

【虎になれ】得意のハマスタで完敗 それでも流れは阪神にあり!?

DeNA対阪神 4回表阪神無死、右越え本塁打を放ち、「Zポーズ」を決める佐藤輝(撮影・前田充)

<DeNA12-6阪神>◇7日◇横浜先発チェンが4回にKOされ、ブルペン陣も加点された。ルーキー佐藤輝明の1発を含めて打線は6得点をもぎとったものの届かない。両...

番記者コラム・横浜

早出練習の常連宮崎&三嶋、試合前からの念入りな調整が活躍支える

7日、阪神戦の7回裏、右適時二塁打を放つDeNA宮崎

プロ野球担当記者の特権の1つは、練習が見られるということだ。キャンプ中でもない限り、練習のテレビ中継はない。子どものころは「ホームとビジターの練習の順番を入れ替...

助っ人列伝

高速シンカーが武器、伸びしろに期待のロメロ

新型コロナウイルスの影響による外国人選手の来日遅れも響き、4月で早くも20敗と大きく出遅れてしまったDeNA。だが、5月に入ってからは今季初の3連勝を飾るなど巻...

評論家コラム

【宮本慎也】7回裏“流れ”を変えた巨人 走らなければいけなかった1球

7回裏巨人無死一塁、二併殺打に倒れた代打松原。投手金久保(撮影・足立雅史)

<巨人4-6ヤクルト>◇7日◇東京ドーム終盤の逆転劇でヤクルトが巨人を下した。日刊スポーツ評論家の宮本慎也氏(50)は、7回の巨人の攻撃を潮目と指摘した。   ...

評論家コラム

【大石大二郎】阪神佐藤輝明、今後のヒントになる内角高めの直球を本塁打

DeNA対阪神 4回表阪神無死、中川から右越え本塁打を放つ佐藤輝(撮影・野上伸悟)

<DeNA12-6阪神>◇7日◇横浜阪神ドラフト1位佐藤輝明内野手(22)がドラフト制後の新人では最速となる33試合目で10号本塁打を放った。    ◇   ◇...

評論家コラム

【権藤博】中日は本拠地生かした戦いを 高い外野フェンスの見直しも

バンテリンドームナゴヤ

日刊スポーツ評論家の権藤博氏が古巣・中日の戦い方についてポストコロナ時代も踏まえた新たな議論の必要性を唱えた。本拠地バンテリンドームは両翼100メートル、中堅1...

番記者コラム・西武

選手ねぎらい時には辛口 辻監督の厳しさの中に親心詰まった“辻語録”

西武辻監督(21年3月21日撮影)

やられたらやり返す-。スポーツの世界の決まり文句。でも、これほどまでにストレートに口にすると新鮮に聞こえる。23日楽天戦(楽天生命パーク)前の練習で、西武辻発彦...

評論家コラム

【佐々木主浩】投手大谷の状態は上向き ストライクゾーン確認は逆効果

レイズ戦で力投する大谷(AP)

<エンゼルス1-3レイズ>◇5日(日本時間6日)◇エンゼルスタジアムエンゼルス大谷翔平投手(26)が今季4度目の先発で5回0/3を投げ1安打無失点と力投したが、...

評論家コラム

【権藤博】阪神藤浪は「何でファームで投げているの?」少々の荒れ球は武器

ウエスタンリーグ中日対阪神 ウエスタンリーグ中日対阪神 5回裏、力投する阪神先発の藤浪の頭部付近を夏の陽気に誘われた一匹の蝶が飛ぶ(撮影・森本幸一)

<ウエスタン・リーグ:中日1-2阪神>◇6日◇ナゴヤ球場阪神藤浪晋太郎投手(27)の2軍中日戦を視察した。結論から言えば「何でファームで投げているの?」だ。それ...

番記者コラム・ソフトバンク

サヨナラ負けの「悪夢」振り払う好投 頼もしき岩崎の強気メンタル

ソフトバンク対楽天 8回に登板した岩崎(撮影・梅根麻紀)

<ソフトバンク5-5楽天>◇5日◇ペイペイドーム最後は柳田のバットが空を切ってサヨナラ勝ちはできなかったが、ソフトバンクにとっては大きな引き分けだった。楽天の守...

野球の国から

BC埼玉とSLがコラボ チーム認知へ角晃多監督も車内アナウンス

<鉄道と野球 秩父鉄道(1)>鉄道と野球との関わりを紹介する「鉄道と野球」。第6弾は、埼玉県の北部を東西に横断する秩父鉄道です。1901年(明34)に開業した全...

田村藤夫のファームリポート

【田村藤夫】22歳DeNA山本の捕手らしい心配りとエース今永の復調を実感

DeNA今永昇太(2021年2月24日撮影)

<ファームリポート><イースタンリーグ:DeNA5-1巨人>◇5日◇ジャイアンツ球場 捕手として通算出場試合1527、コーチとして4球団で計21年間(うち1年間...

虎だ虎だ虎になれ!

【虎になれ】佐藤輝明 痛いビッグプレー 今後に生かせ!

ヤクルト対阪神 7回表阪神2死二塁、今野(奥右)の二塁けん制に刺されがっくりする佐藤輝(撮影・野上伸悟)

<ヤクルト2-2阪神>◇5日◇神宮「分岐点」というと少し気の毒な気はするが流れの中で大きかったのは7回の攻撃だろう。1点リードの阪神は大物ルーキー佐藤輝明が中前...

番記者コラム・ヤクルト

4年目金久保の躍進を支える“常に考える姿勢” 同期の村上とチームの顔へ

ウイニングボールを手に笑顔を見せるヤクルト金久保(2021年4月30日)

ヤクルトの新たなエース候補に名乗りを上げた。金久保優斗投手(21)が、4月30日のDeNA戦(横浜)で6回を投げて、5安打無失点でプロ2勝目。チームの連敗ストッ...

番記者コラム・阪神

島田海吏の今年にかける思い感じさせる盗塁、1軍定着へアピール欠かせない

阪神対広島 8回裏阪神1死一、三塁、一塁走者代走島田は打者佐藤輝のとき二塁盗塁を決める(2021年5月2日撮影) 今年にかける思いを感じさせる盗塁だった。大卒4...

評論家コラム

【桧山進次郎】阪神もったいない引き分け、ミスするほうは接戦勝てない

ヤクルト対阪神 7回表阪神2死二塁、今野(奥右)の二塁けん制に刺されがっくりする佐藤輝(撮影・野上伸悟)

<ヤクルト2-2阪神>◇5日◇神宮首位阪神が2点リードを追いつかれて引き分けた。 3回表2死満塁から3番ジェフリー・マルテ内野手(29)が2戦連続先制打となる右...

野球の国から

巨人高橋5戦5勝の要因 「高橋=スクリューピッチャー」の先入観

<小谷の指導論~放浪編44>3年目を迎えた巨人の高橋優貴が、開幕から5戦5勝と勝ち星を重ねている。ルーキーの頃の高橋と言えば、右打者のアウトローへのスクリュー、...

田村藤夫のファームリポート

【田村藤夫】巨人小林、配球や守備にもろさ まだ31歳このままさび付くな

巨人小林

<ファームリポート><イースタン・リーグ:巨人6-2DeNA>◇4日◇ジャイアンツ球場 捕手として通算出場試合1527、コーチとして4球団で計21年間(うち1年...