上へ戻る

ニッカン芸能!

映画のない生活なんて、考えられない。映画は人生を豊かにする--。洋画、邦画とわず、三十数年にわたって映画と制作現場を見つめてきた相原斎記者が、銀幕とそこに関わる人々の魅力を散りばめたコラムです。

映画な生活

マーベル作品の新たな味わい スパイダーマン前史を描く「マダム・ウェブ」はミステリアス

(C)&TM 2024 MARVEL

スパイダーマンを巡るキャラクターの1人にスポットを当てた「マダム・ウェブ」が23日公開された。 マーベル・コミックのサイトでこのキャラクターを検索すると、知性が...

ガイ・リッチー監督初の戦争映画はユーモアを封印 戦地の絆を熱く描いている

(C)2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

カンボジア難民としてアメリカに渡ったハイン・S・ニョールが、映画初出演にしてアカデミー助演男優賞に輝いた「キリング・フィールド」(84年)は記憶に残る1本だ。ジ...

盲目の鍼医が「目撃」したものとは 王宮の暗闘を描く「梟 フクロウ」は極上のサスペンス

映画「梟 フクロウ」(C)2022 NEXT ENTERTAINMENT WORLD&C-JES ENTERTAINMENT&CINEMA DAM DAM. All Rights Reserved.

中国の王朝が明から清に代わった17世紀、その影響下にあった李氏朝鮮は揺れている。清の人質となっていた王子夫妻の帰国は、後継争いの火種となる。 「梟 フクロウ」(...

クセ者ぞろいのだまし合いから目が離せない チュ・ジフン主演「ジェントルマン」はエンタメ快作

(C)2022 CONTENTS WIVIE&TROOXSTER ALL RIGHTS RESERVED.

主人公の私立探偵はどこまで敏腕なんだ、というくらい目端が利くし、女性検事はどこまでも突き進む怖いもの知らず。そして敵役の大手法律事務所社長はどこまでも憎らしい極...

資金潤沢な機関投資家をオタク気質の個人投資家が倒した!?「ダム・マネー」は痛快な実話

(C)2023, BBP Antisocial, LLC. All rights reserved.

「空売り」は株の下落局面で利益を得る手法で、資金に恵まれた機関投資家に有利と言われる。実態以上の株価下落をもたらすこともあり、その企業を信じて律義に株を持ち続け...

「アシュラ」のチョン・ウソン「ザ・ガーディアン 守護者」で初監督スタイリッシュなアクション

(C)2022 ACEMAKER MOVIEWORKS&STUDIO TAKE CO., LTD. All Rights Reserved.

「アシュラ」や「私の頭の中の消しゴム」などの好演が記憶に残るチョン・ウソンは、長塚京三にちょっと似た魅力的な俳優だ。そのウソンが50歳を目前にした一昨年に監督デ...

世界が認める怪作「レオノールの脳内ヒプナゴジア」 65歳の伝説女優がその舞台裏を語った

「レオノールの脳内ヒプナゴジア」の1場面

「レオノールの脳内ヒプナゴジア」(13日公開)は、新進気鋭の監督が競い合うサンダンス映画祭で審査員特別賞に輝いている。 生と死の間や劇中と現実の境界線を縦横に行...

エマ・ストーン体当たり演技「哀れなるものたち」成熟した肉体に幼心宿した女性の奔放な旅の果て

(C)2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

成熟した体に幼い心を宿した女性が、自由気ままに振る舞ったら何が起こるのか。「女王陛下のお気に入り」で独特な才能を発揮したヨルゴス・ランティモス監督が、再びエマ・...

東野圭吾氏自ら「突拍子もない設定」という「ある閉ざされた雪の山荘で」重岡大毅ら異色の密室劇

(C)2024映画「ある閉ざされた雪の山荘で」製作委員会(C)東野圭吾/講談社

東野圭吾氏の数あるミステリーの中でも、「ある閉ざされた雪の山荘で」はトリッキーな作品だといわれる。自身「特に突拍子もない設定の物語だと自負しています」と語る。1...

ディズニー100周年作品は奥行きのある王道作品「ウィッシュ」に少しだけもの足りなかった部分

(C)2023 Disney. All Rights Reserved.

ディズニー映画100周年の記念作は、クラシック作品のデイストを漂わせながら、最新技術で魅せる王道作品に仕上がっている。 公開中の「ウィッシュ」にはスタッフの布陣...

5年ぶり復帰のアキ・カウリスマキ作品のユーモアにホッとさせられる 大人の純愛描く「枯れ葉」

「枯れ葉」の1場面

最近の読書といえば刺激的な新作ミステリーばかりだが、たまには書棚でホコリをかぶった名作全集の、心温まる短編にホッとしたくなる。そんな心情に応えてくれるのがフィン...

「徹子の部屋」1万2000回超 黒柳徹子の原点を描くアニメ「窓ぎわのトットちゃん」

(C)黒柳徹子/2023映画「窓ぎわのトットちゃん」製作委員会

「徹子の部屋」(テレビ朝日系)は今年で放送48年、1万2000回を越えた。時に単刀直入な黒柳徹子(90)の質問は不思議にゲストを傷つけない。孫のような世代の人に...

戦闘スキルのない金融マンを演じても やっぱりリーアム・ニーソンは不屈の男

(C)2022 STUDIOCANAL SAS-TF1 FILMS PRODUCTION SAS, ALL RIGHTS RESERVED.

リーアム・ニーソンが101本目の出演作で演じたのはやり手の金融マンだ。「96時間」(08年)以来、この人のイメージとなった「元軍人」や「元警察官」としての戦闘ス...

亀梨和也のサイコパスぶりが怖い 三池崇史監督「怪物の木こり」

(C)2023「怪物の木こり」製作委員会

4年前に「このミステリーがすごい!」大賞となった倉井眉介氏の小説は、頭を斧(おの)でかち割る連続殺人鬼と、サイコパスの弁護士の対決を描いている。 そのおどろおど...

北野武監督が描く異色の本能寺の変 「首」にはそうそうたる俳優陣の熱い演技と笑いがある

(C)2023KADOKAWA (C)T.N GON Co.,Ltd

本能寺の変にまつわる物語は何度も映像化されてきたが、原作小説も執筆した北野武監督の「首」(23日公開)は、これまでにない色合いを帯びている。 加瀬亮演じる織田信...

第2弾「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」の見どころ、とんがった個性だらけの作品に爽快感

(C)2023映画「翔んで埼玉」製作委員会

4年前に公開された「翔んで埼玉」は大ヒットの上に、日本アカデミー賞では12冠に輝いた。 「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ!」などというセリフを笑って...

山崎貴監督のVFXで最凶の姿蘇る 70周年記念作「ゴジラ-1.0」は快作

(C)2023 TOHO CO.,LTD.

70周年記念作「ゴジラ-1・0」が3日公開された。原点である第1作の舞台を10年さかのぼり、終戦間もない日本に最新の特殊効果でゴジラがよみがえる。 主人公は特攻...

翻弄されるほどにキラキラ光る永瀬廉 杉咲花、北村匠海共演の「法廷遊戯」

(C)五十嵐律人/講談社 (C)2023「法廷遊戯」製作委員会

King&Prince永瀬廉(24)が本領を発揮している。 11月10日公開の「法廷遊戯」では、芸達者の杉咲花(26)と北村匠海(25)がキレ者を演じ、永瀬は2...

不屈の老兵がたった1人でナチスの戦車隊を倒す 痛快アクション「SISU/シス 不死身の男」

(C)2022 FREEZING POINT OY AND IMMORTAL SISU UK LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

劇中にも「SISUはSISUなんだ。訳しようがない」というセリフがある。あえて訳せば不屈の魂、折れない心となるフィンランド特有の言葉だという。 1917年に帝政...

ジェイソン・ステイサム×ガイ・リッチー監督 5度目のタッグはひたすら楽しいスパイアクション

「オペーレーション・フォーチュン」の一場面 MOTION PICTURE ARTWORK (C)2021 EROS STX GLOBAL CORPORATION.ALL RIGHTS RESERVED.

思いっきりタフで、ちょっとだらしないが、最後は運に恵まれる。ガイ・リッチー監督が描く主人公には独特の魅力がある。トップ俳優が好んで出演したがる理由がそこにあると...

ギャップが生みだす笑いは世代間から人種間に「ゆとりですがなにかINTERNATIONAL」

(C)2023「ゆとりですがなにか」製作委員会

連続ドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)は、世代間で生じるイライラや憤りを思いっきり笑いに転化したコメディーで、不思議な爽快感とともに記憶に焼きついてい...

パーキンソン病と闘うミュージシャン樋口了一に聞く 難病サラリーマンを演じて思ったこと

(C)2022いまダンフィルムパートナーズ

シンガー・ソングライターの樋口了一(59)は、代表作の「手紙」がレコード大賞優秀作品賞となった09年にパーキンソン病と診断された。故郷熊本に拠点を移し、ライブ活...

元CIAの秒殺男がマフィアと全面対決 デンゼル・ワシントン「イコライザー」完結編は快作

「イコライザー THE FINAL」の1場面

昼は実直な男が、夜になると悪を成敗する「必殺仕事人」に変身する。演技巧者のデンゼル・ワシントンにとっては、めったにオファーが来ないこのアメコミ・ヒーローのような...

「愛の不時着」をほうふつとさせるヒョンビン 韓国エンタメの魅力満載「コンフィデンシャル」

(C)2022 CJ ENM CO., LTD., JK FILM ALL RIGHTS RESERVED

「愛の不時着」での盛り上がりが「第三次」ブームというからヒョンビン(40)の人気も息が長い。 この筋金入りの二枚目が、対照的な性格俳優ユ・へジン(53)と組んだ...

菅田将暉のおしゃべり力は「広島編」でさらに快調 映画になった「ミステリと言う勿れ」

(C)田村由美/小学館 (C)2023フジテレビジョン小学館TopCoat東宝FNS27社

「ミステリと言う勿れ」は昨年放送された連続ドラマの中でも記憶に焼きついた1作だ。 おしゃべりと洞察力を武器に謎解きをしていく主人公に腕力に頼らない独特な「強さ」...

スローモーな老人アクションが新鮮 60年越しの復讐劇を描く「復讐の記憶」

(C)2022 ACEMAKER MOVIEWORKS&MOONLIGHT FILM ALL RIGHTS RESERVED.

韓国映画には、アルツハイマー症の元連続殺人犯を主人公にした「殺人者の記憶法」(18年)という傑作があるが、今回もこの病が作品の入り口になっている。 「復讐の記憶...

見てはいけないものを見たような 天才芸術家の生身を描く「ウェルカム・トゥ・ダリ」

(C)2022 SIR REEL LIMITED

サルバドール・ダリ(1904~1989年)と聞いて頭に浮かぶのは、文字通りシュールな作品群と、ピンと跳ね上がった口ひげの怪しすぎる風体だ。 「ウェルカム・トゥ・...

40歳を迎えた「人気プリンセス」は… 生身の苦悩を描く「エリザベート1878」

(C)Felix Vratny

19世紀末のヨーロッパ宮廷で随一の美貌とうたわれたオーストリア皇妃エリザベ-トは、ロミー・シュナイダー主演の「プリンセス・シシー」(55年)など、多くの作品に愛...

今夏のファミリー映画は豊作 3Dしんちゃんに泣かされ 胸アツピクサー新作は最先端技術も必見

(C)臼井儀人/しん次元クレヨンしんちゃん製作委員会

ファミリー映画の季節に大人にも見応えのある2本の作品が公開中だ。 1本は「しん次元! クレヨンしんちゃん THE MOVIE 超能力大決戦~とべとべ手巻き寿司」...

訃報の後に届いた ジェーン・バーキンさんへの娘からのラブレター 映画「ジェーンとシャルロット」

(C)2021 NOLITA CINEMA - DEADLY VALENTINE PUBLISHING/ReallyLikeFilms

ジェーン・バーキンさんの訃報が届いたのは7月16日だ。その3週間後にこの作品が公開されるとは、何というタイミングだろう。 「ジェーンとシャルロット」は、女優、歌...