上へ戻る

ニッカン芸能!

洋邦問わず、日刊スポーツの映画担当記者がオススメ映画を紹介します。

映画この一本

けげんそうな土屋太鳳…どの顔も印象的/マッチング(日)

(C)2024「マッチング」製作委員会

眉間にしわを寄せた土屋太鳳の、けげんそうな顔が目の奥に残っている。思わぬ過去が露見した途端、動揺し、おびえすら漂わせた杉本哲太の激変ぶりも忘れられない。Snow...

不安の表情がこれほどあるとは 見る者の感情は乱高下/ボーはおそれている(米)

(C)2023 Mommy Knows Best LLc,UAAP LLC and IPR.VC Fund II KY.All Rights Reserved.

日常のささいなことでも不安になる中年男、ボーが次から次に最悪の出来事に遭遇する。想像し得る最悪の上をいく最悪がこれでもかと襲ってくるからたまらない。これは悪夢コ...

弾けるムロツヨシ 2役を表情も動きも全開の演じ分け/身代わり忠臣蔵(日)

(C)2024「身代わり忠臣蔵」製作委員会

NHK大河ドラマ「どうする家康」の豊臣秀吉役怪演の残像が残る中、ムロツヨシが弾けている。 「超高速! 参勤交代」や「引っ越し大名」の土橋章宏氏(原作・脚本)が手...

多くの人の心に何かを語りかける地続きの3物語/1月の声に歓びを刻め(日)

(C)bouquet garni films

この作品は、3つの物語で構成される。北海道・洞爺湖近くで1人暮らしするマキは初老。東京・八丈島で、5年ぶりに帰郷した娘の妊娠に動揺する誠は中年。元恋人の葬儀のた...

最後は思わず「これでいいのだ!」/哀れなるものたち(英)

(C)2023 20th Century Studios.All Rights Reserved.

劇薬だ。しかしその衝撃に耐えられれば、こうあるべきだという「常識」の不確かさに気づかされ、心が揺さぶられる。「女王陛下のお気に入り」の鬼才ヨルゴス・ランティモス...

「大作俳優」のイメージ固まった山崎賢人/ゴールデンカムイ(日)

(C)野田サトル/集英社 (C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

明治末期の北海道を舞台に、日露戦争の孤高の英雄が、アイヌ埋蔵金を巡って最強師団や新選組の生き残りと激しいバトルを繰り広げる。野田サトル氏の原作コミックは、歴史ロ...

実に愛らしいモモア ヒューマンドラマも味/アクアマン 失われた王国(米)

(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM&(C)DC

2019年(平31)2月に日本で公開され、興行収入16億3000万円を記録した「アクアマン」の続編だ。南極の氷河の奥深くに封印された古代兵器ブラック・トライデン...

77歳でも筋骨隆々スタローンに驚き/エクスペンダブルズ ニューブラッド(米)

(C)2022 Ex4 Productions,Inc.

何も考えず、細かいことは気にせずに楽しもう。銃撃戦に爆破に殴り合い。ド派手なアクションと目まぐるしい展開に振り回され、1時間43分はあっという間に過ぎる。 監督...

「幸せな清掃員」役所広司の説得力/PERFECT DAYS(日)

(C)2023 MASTER MIND Ltd.

役所広司がカンヌ映画祭で主演男優賞を取ってから7カ月。待望の作品だ。 平山(役所)は渋谷の公衆トイレ清掃員だ。スカイツリーを見上げる下町の木造アパートに独り暮ら...

一歩先を行くアニメ 見れば、心に、きっと何かが残る/屋根裏のラジャー(日)

(C)2023 Ponoc

昨今、ますます増える漫画やアニメ、ドラマの実写映画化作品は、原作のファンがついておりヒットしやすい。一方で、原作のないオリジナルの映画化企画は、なかなか通らない...

朝ドラのような爽やかさ/あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。(日)

(C)2023「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」製作委員会

やるせない。「号泣してやばい」など動画共有アプリ「TikTok」で話題になった作家汐見夏衛氏の同名小説の映画化。現代の女子高生が戦時中にタイムスリップし、特攻隊...

物量と統率力で圧倒会戦シーン/ナポレオン(米・英)

ソニーピクチャーズ提供

フランス革命で軍人として頭角を現し、皇帝として欧州の大半を制覇したナポレオンは、誰もが知り、最後は自滅していく波乱の人生に興味が尽きない。 「グラディエイター」...

色づかい、暴力、笑い 北野武監督の集大成/首(日)

(C)2023 KADOKAWA (C)T.N GON Co.,Ltd

北野武監督8年ぶりの新作は、03年「座頭市」以来20年ぶりの時代劇だ。93年の「ソナチネ」と同時期に構想して30年、温めてきた企画で、19年12月には自身初の歴...

訳あり住人の個性に歯ごたえ/コーポ・ア・コーポ(日)

(C)ジーオーティ/岩浪れんじ

歯ごたえがすごい。大阪の下町にある安アパート「コーポ」。お湯は出ないし、風呂もない。年齢も性別も違い、職業もよく知らないながらも、1つ屋根の下に暮らす訳ありの面...

うろこのようにはがれ落ちる時空の壁を多用/マーベルズ(米)

(C)Marvel Studios 2023

4年前の前作で強大なパワーを覚醒させたキャプテン・マーベルはちょっと強すぎるヒロインだ。 宇宙空間を自在に飛行し、体内には敵を一瞬にして消し去る驚異的なエネルギ...

濃厚な人間ドラマと愛の物語 紛争の中にある世界に何かを届けるのでは/ゴジラ-1.0(日)

「ゴジラ-1.0」のワンシーン(C)2023 TOHO CO., LTD.

スクリーンを突き破りそうな勢いで、ゴジラが牙をむく。あまりの顔の大きさに、怖いやら何やら、そんな感情も吹き飛んでしまった。冒頭から逃げ惑う兵士を頭から丸かじりに...

美しくも奇妙で不気味な監禁の物語/唄う六人の女(日)

(C)2023「唄う六人の女」製作委員会

ダブル主演の竹野内豊と山田孝之が美しくも奇妙な6人の女たちに監禁され、翻弄(ほんろう)されてゆく。「刺す女」(水川あさみ)は鋭利な棒で突き、「濡れる女」(アオイ...

AI側の「キーマン」渡辺謙に存在感/ザ・クリエイター 創造者(米)

(C)2023 20th Century Studios

近未来の都会のイメージを決定づけたのは41年前の「ブレードランナー」だと思う。対して今作では、まるで山水画のような田園風景にドーム形の建物が散在する。空からは滝...

難役アイナ・ジ・エンドを松村北斗、広瀬すずが絶賛/キリエのうた(日)

(C)2023 Kyrie Film Band

岩井俊二監督は、96年の「スワロウテイル」でCHARA、01年「リリイ・シュシュのすべて」でSalyuを起用して音楽映画を作り、コラボした歌姫とともに時代を席巻...

不屈の闘魂 死してなお元気の源/アントニオ猪木をさがして(日)

(C)2023「アントニオ猪木をさがして」製作委員会

昨年10月1日に79歳で亡くなったアントニオ猪木さんの軌跡を追うドキュメンタリー。「元気があれば何でもできる」。「迷わず行けよ。行けばわかるさ」。“燃える闘魂”...

安藤サクラ、山田涼介 演技巧者2人の姉弟が魅力的/BAD LANDS バッド・ランズ(日)

BAD LANDSのワンシーン(C)2023「BAD LANDS」製作委員会

黒川博行氏の「勁草(けいそう)」を原作に、オレオレ詐欺の裏側でうごめく人間模様を描いている。 序盤の息詰まるやりとりに一気に引き込まれる。「受け子」の実行を見届...

“映像化不能”をはね返し実写化/沈黙の艦隊(日)

(C)かわぐちかいじ/講談社(C)2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.

原作の漫画家かわぐちかいじ氏は、今年1月の会見で「映像化は絶対にできないものにしようと思って描いている。お話をいただきテーマ、スケールにおいて実写化できないと思...

待望の「広島編」菅田の抑揚を抑えたセリフ回しがじんわり沁みる/ミステリと言う勿れ(日)

(C)田村由美/小学館(C)2023フジテレビジョン 小学館 TopCoat 東宝 FNS27社

友だちなし。彼女なし。天然パーマがトレードマークでカレーが大好物。菅田将暉が演じる主人公の大学生、久能整(ととのう)は少し面倒くさいけど、鋭敏な言葉で人の心の闇...

「貞子」ファンのファーストサマーウイカが生き霊怪演/禁じられた遊び(日)

(C)2023映画「禁じられた遊び」製作委員会

役者志向が強かったというファーストサマーウイカが、水を得たようにモンスター役を怪演している。 念願の一軒家を手に入れた会社員の伊原(ジャニーズWEST重岡大毅)...

興行システムや趣向の変化に挑む/こんにちは、母さん(日)

(C)2023「こんにちは、母さん」製作委員会

91歳の山田洋次監督にとって1961年(昭36)の監督デビュー作「二階の他人」から数えて90作目の監督作となった。20年に100周年を迎えた松竹映画は、一貫して...

「ホンモノ」の鬼気迫る演技/春に散る(日)

(C)2023映画「春に散る」製作委員会

接近戦での打ち合い。鈍く響く打撃音。本物の試合のような迫力あるシーンを見ていると、何度も「あしたのジョー」のセリフが浮かんでは消えていった。 「立て~立つんだジ...

爽快な幕切れまで濃い密度/SAND LAND(日)

(C)バード・スタジオ/集英社(C)SAND LAND製作委員会

地球沸騰化がキーワードになった夏に、この作品が公開されることに因縁めいたものを感じる。 「ドラゴンボール」の鳥山明さんが00年にコミックス1冊分に凝縮させた冒険...

匂い立つような色づかいの“行定調”/リボルバー・リリー(日)

(C)「リボルバー・リリー」フィルムパートナーズ

綾瀬はるかが、16歳から任務に従事し、3年間で57人の殺害に関与した元敏腕スパイ小曾根百合を演じる。アクションに定評がある綾瀬だが、1カ月以上も練習し、撮影中も...

辛酸をなめ尽くした人間でないと分からないことがある/インスペクション ここで生きる(米)

(C)2022 Oorah Productions LLC.All Rights Reserved.

アカデミー賞作品賞を受賞した「ムーンライト」などを製作し、監督の作家性を尊重する気鋭の米映画スタジオ「A24」。世界の注目を集めるスタジオが、多様性が語られるよ...

原泰久氏が脚本参加、勘所押さえスピーディー スケールも圧倒的/キングダム 運命の炎(日)

キングダムのワンシーン(C)原泰久/集英社(C)2023映画「キングダム」製作委員会

中国4000年の歴史には桁違いに残酷な故事も伝わる。春秋戦国時代、秦が隣国・趙の投降兵40万人を生き埋めにした「長平の戦い」は最たるものだろう。 シリーズ3作目...