ニッカンプロ野球

鳴尾浜通信

阪神高山プロとして一段上へ努力の積み重ねしかない

阪神高山 鳴尾浜通信の話題を求めて阪神-ソフトバンク戦の取材に出向いた。いつも通り、阪神の1軍と2軍の現状を分析しながら車を運転して球場へ。到着してグラウンドを...

がんから復帰目指す阪神原口「少しでも夢や希望と」

大腸がんの手術後、初めて屋外でフリー打撃を行った阪神原口文仁捕手(2019年4月16日撮影) 青空が気持ちいい。4月16日の鳴尾浜球場で“大腸がん”からの復帰を...

阪神才木に復活の兆し、松坂も認める直球戻ってきた

オリックス戦に先発も2発を浴び5回5失点の阪神才木浩人(2019年4月9日撮影) 投手の命であるストレートのMAXは150キロ超。期待通り2年目の昨シーズンは1...

支配下視野!元気印の阪神育成片山は勝てる捕手目標

新入団会見を行い声の大きさをアピールする片山(2018年12月3日撮影) 野球が好きである。張り切りボーイである。ポテンシャルは高い。野球に取り組む姿勢が現状を...

V4狙う広島、2軍でも林ら次世代担う若手が研さん

林晃汰 広島のチーム作りには定評がある。自前で育てた選手で見事リーグ3連覇を継続中で今季もV4目指しペナントレースに突入した。今季の1軍オーダーにトレードで獲得...

鬼の阪神平田2軍監督が対話路線へ 活性化に期待

インタビューに答える阪神平田2軍監督(2019年3月15日撮影) ファームとはいえ「1軍ありき」がこの世界の基本である。1軍戦力の現状、ペナントレースの展開を見...

さすが阪神メッセンジャーすでに開幕への準備は万端

大商大戦に先発した阪神メッセンジャー(2019年3月15日撮影) 阪神のマウンドには開幕投手のランディ・メッセンジャー投手が上がっている。マスクは正妻の梅野が被...

阪神秋山、故障乗り越え開幕ローテ入りへ復活間近

奈良学園大戦に先発した秋山拓巳(2019年3月6日撮影) 鳴尾浜に“根尾フィーバー”が--。中日のドラ1、注目の根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が実戦の場に初登場...

パワハラか指導か 今どきの野球コーチと選手の関係

福原忍コーチ(右)の指導を受けながら居残り練習をする藤浪晋太郎 時は流れている。終戦から70年超。過ぎ去った歳月を考えてみた時、社会の動向に大きな違いがあって当...

サイン複雑化で緻密さ増す一方、試合時間は長く…

矢野燿大監督(右)は藤本敦士コーチ(中央)とブロックサインのパターンを確認する(2018年11月13日撮影) チームは1シーズンの土台を築くための大事なキャンプ...

矢野監督も直球◎ 4位斎藤が新人唯一1軍キャンプ

投球練習を行う斎藤友貴哉(2019年1月20日撮影) 阪神の新人投手でただ1人1軍キャンプに抜てきされた。斎藤友貴哉(24)である。ホンダからドラフト4位で入団...

矢野監督と面談希望、1位近本の超前向き姿勢に好感

3000メートル走のスタート直後に独走を見せる近本(2019年1月10日撮影) 今年初の鳴尾浜球場だ。目的は1月9日からスタートの阪神新人合同自主トレである。7...

評価180度反対に!ワンバン投球が今や理想の攻め

ワンバウンドを止める阪神梅野隆太郎 ワンバウンドピッチ--。今や、バッターに相対するピッチングの組み立てに大事な球になっている。我々の現役時代と近代野球との比較...

日本旅館からホテルへ、常宿の移り変わり今昔物語

V8を達成し、宿舎でビールかけをする長嶋茂雄(1972年10月28日撮影)  今回は、プロ野球のチームが利用する宿舎の今と昔にスポットをあててみます。そう、ビジ...

選手と用具の関係、変化もたらした日本製の品質向上

1964年、南海との日本シリーズに登板する著者 野球用品-。プロ野球界の選手が試合で、練習で使用する商売道具。自分の生活を懸けてお金を稼ぐ大事な物。日本でも全て...

バッキーでも木造アパート、今とは雲泥の外国人待遇

開幕9連勝を挙げた阪神バッキー(左)はリリーフ登板した本間勝(中央)をねぎらう。右は辻佳紀(1964年5月16日撮影) 外国人選手の待遇。今と昔を振り返ってみる...

阪神西岡インスタ退団発表…戦前生まれの男には驚き

退団を発表した当日の試合で、出場せず終了を迎えた西岡剛(2018年10月2日撮影) 今と昔。時代は流れている。世の中が移り変われば生活に変化があって当然。今と昔...

積極性追求し阪神2軍でV 選手と首脳陣が徹底対話

ウエスタン・リーグを制覇し胴上げされる矢野耀大2軍監督(2018年9月22日撮影)

貯金“28”余裕の優勝。今季ウエスタン・リーグを制した阪神の強さはどこにあったのか。戦いの中で目立ったプレーといえば盗塁のみ。163個で同リーグの記録は塗り替え...

阪神浜地、ストレートは一級品 変化球磨けば1軍も

阪神浜地真澄

急きょ、甲子園球場に変更して行った試合。20日(木)は雨天で中止となったが、1つ勝てば今季のウエスタン・リーグ優勝が決まるソフトバンク戦(21日)。マウンドを託...

ウエスタンV目前の阪神、勝利の経験を成長の糧に

阪神矢野2軍監督

優勝--。リーグ戦、トーナメント、個人競技等々、いずれの大会でも一番の目標は頂点に立つことである。プロ野球界のペナントレースでも、1軍が優勝にかける意気込みは半...

阪神安藤コーチ、緩急自在の個別指導で若手育成に汗

高橋遥人のフリー打撃登板を見守る安藤優也コーチ(2018年2月8日撮影)

阪神浜地真澄がマウンドにいる。谷川昌希が登板した。牧丈一郎、石井将希ら若手が投げている試合中、毎回のようにベンチと、記録をつけているネット裏本部席を頻繁に行き来...

阪神馬場、ストレートの“自信”身につけて殻を破れ

DeNA戦に先発した阪神馬場皐輔(2018年8月12日撮影)

同一リーグのチームと初対決。阪神のドラ1馬場皐輔が8月12日のDeNA戦に先発。無残にもプロの洗礼を浴びてKOされた。試合前から思い描いていたピッチング内容とは...

微妙な制球に苦しむ広島薮田、復活へ地道な積み重ね

広島薮田和樹(2018年5月31日撮影)

鳴尾浜球場への広島戦の取材に足を運んだ。まさに猛暑。とにかく暑い、浜風はゆるやかに吹き抜けてはいるものの、熱風だ。思考力は熱中症とまではいかないまでも、練習を見...

阪神青柳1軍ローテ定着のカギは左打者への苦手克服

阪神青柳晃洋(2018年2月18日撮影)

 プロ野球界でも得手不得手、相性はつき物である。例えば、左対左の対戦は投手有利とか、右のアンダーハンド、サイドハンド対左バッターは打者有利などなど……。  先日...

阪神ドラ1馬場1軍でタブーの四球…鳴尾浜で出直し

DeNA戦に先発した馬場皐輔(2018年8月12日撮影)  同一リーグ公式戦のデビュー。かたちは違え、私も初登板は体験した。楽しみと不安が入り交じる。ファンの前...

剛速球持つ阪神藤浪、自分信じて全力投球が復活の鍵

広島戦に先発するも1回1死しか奪えず3失点で降板する藤浪晋太郎(手前右)(2018年7月26日撮影)

 プロ入り最短のKO。先発して1/3回で無残に打ちのめされて2軍落ちした。現在炎天下で懸命に修正ポイントをさぐりながら、厳しい練習に取り組む中、阪神藤浪晋太郎投...

スイッチ目指す阪神熊谷、同タイプ赤星の助言も一考

ダッシュを行う熊谷敬宥(2018年7月7日撮影)

 海からの風が吹き抜ける。風通しのいい球場だが、酷暑の各地同様鳴尾浜も暑い。ゲーム中、小学生が気分を悪くしてクーラーの効いた本部席で、しばらく休息をとるひと幕が...

阪神江越大賀、インサイドアウトの打撃習得へ1歩

右中間へ適時三塁打を放つ江越大賀(2018年2月27日撮影)

 グラウンドで、もがき苦しんでいる選手を見ると、つい声をかけたくなる。ルーキーイヤーは大いにブレークした。今季4年目。長打あり、走力あり、広い守備範囲に肩もいい...

阪神ファーム、執念と積極性から生まれた集中力

矢野燿大2軍監督(右)(2018年6月6日撮影)

 まさに猛暑日。灼熱の太陽が照りつける鳴尾浜球場。前半戦首位で折り返した阪神が、14日ウエスタン・リーグの後半戦に備えてスタートを切った。アップに始まりキャッチ...

阪神大山、今度こそ 試行錯誤の末に取り戻した自信

2軍ソフトバンク戦で大山悠輔は右越えにソロ本塁打を放つ(2018年6月28日撮影)

 鳴尾浜球場のライトへたたき込んだホームランには正直、驚いた。「凄い」思わずうなっていた。海の上に築いた埋め立て地にある球場。常にやや強めの浜風が心地よく右から...