ニッカンプロ野球

大学・社会人野球

プロ注目ホンダ鈴鹿・松本が自己最速更新151キロ

関西6大学春季リーグ初の中止、5大学で代替試合

関西6大学野球連盟は2日、13日開幕予定だった春季リーグを中止すると発表した。6月30日に京産大が新型コロナウイルスの影響で部活動を停止しているため参加できない...

関連するニュースを読む

プロ注目ホンダ鈴鹿・松本が自己最速更新151キロ

ドラフトファイル:松本竜也

<社会人野球オープン戦:日本新薬2-1ホンダ鈴鹿>◇1日◇わかさスタジアム京都今秋ドラフト候補のホンダ鈴鹿・松本竜也投手(20=智弁学園)が1日、日本新薬とのオ...

関連するニュースを読む

大石大二郎氏、ジェイプロジェクト監督退任

大石大二郎氏(2019年6月25日撮影)

社会人野球のジェイプロジェクトで監督を務めた大石大二郎氏(61=日刊スポーツ評論家)が6月30日限りで退任したことが1日、分かった。 同氏は近鉄で活躍し、現役引...

関連するニュースを読む

東都大学野球9・8神宮開幕目指す「工夫しながら」

今秋リーグ戦の開催方針などを説明する東都大学野球連盟の福原理事長(撮影・古川真弥)

東都大学野球連盟は30日、都内で理事会と評議員会を開き、今秋の1部リーグ戦は9月8日に神宮で開幕を目指すことを確認した。2~4部は、同日の前後での開幕を目指す。...

関連するニュースを読む

関西学生野球、春季L開催が厳しく…京大活動できず

関西学生野球連盟が8月9日開幕を目指している春季リーグの開催が厳しい状況であることが6月30日、分かった。新型コロナウイルスの影響を受けて同3日の理事会で延期を...

関連するニュースを読む

BC神奈川の注目ルーキー杉浦、1回2失点デビュー

ドラフトファイル:杉浦健二郎

<ルートインBCリーグ:埼玉4-6神奈川>◇27日◇フラワースタジアムBC・神奈川の杉浦健二郎投手(22)が27日、BC・埼玉戦(鴻巣)で公式戦デビューを果たし...

関連するニュースを読む

山川ら育てた富士大・豊田監督が退任、高校球界へ

4年生メンバーと記念撮影する富士大・豊田監督(前列中央)

北東北大学野球リーグ富士大(岩手)の豊田圭史監督(36)が6月末で退任することが27日、分かった。 今夏にも母校の武相(神奈川)で監督に就任する。この日の練習試...

関連するニュースを読む

学生野球資格回復の研修、今年はオンラインで実施

今年の学生野球資格回復研修はオンラインで行われることになった。 日本学生野球協会の理事会が25日、都内で開かれ、了承された。例年12月に都内の大学などで講師を招...

関連するニュースを読む

JR東日本東北の山田周平、粘りの投球で4回無失点

JR東日本東北対日本製紙石巻 4回無失点で好投したJR東日本東北の山田

<社会人野球オープン戦:日本製紙石巻1-0JR東日本東北>◇24日◇石巻市民球場約2カ月ぶりの先発マウンドに上がったJR東日本東北の山田周平投手(23=敬愛大)...

関連するニュースを読む

日本製紙石巻・浅沼が決勝弾「打った瞬間入ったと」

JR東日本東北対日本製紙石巻 8回裏日本製紙石巻1死、右越え本塁打を放つ浅沼

<社会人野球オープン戦:日本製紙石巻1-0JR東日本東北>◇24日◇石巻市民球場日本製紙石巻(宮城)の3番浅沼佑亮外野手(25=東北福祉大)が値千金の決勝ソロを...

関連するニュースを読む

日本製紙石巻・中山&神里の大卒新人コンビが登板

バイタルネット対日本製紙石巻 日本製紙石巻のルーキー中山は先発し4回2失点

<社会人野球練習試合:日本製紙石巻2-5バイタルネット>◇23日◇宮城・石巻市民球場日本製紙石巻(宮城)が約3カ月ぶりの対外試合に臨み、ともに最速148キロ右腕...

関連するニュースを読む

東都大学監督会、9・8からリーグ戦通常開催へ努力

東都大学野球連盟の監督会終了後、取材に応じる東洋大・杉本監督

東都大学野球連盟は23日、都内で監督会を開き、9月8日から今秋リーグ戦を通常開催できるよう努力していくことを確認した。 監督会幹事長の東洋大・杉本泰彦監督(60...

関連するニュースを読む

“東北キラー”中山怜央が日本製紙石巻で東北の力に

1年目からの活躍を誓う日本製紙石巻の内定選手たち。左から神里、中山、東本

社会人野球の日本製紙石巻(宮城)は今日23日、コロナ禍による自粛明け初のオープン戦に臨む。新人として1年目からフル回転が期待される中山怜央投手(22=佛教大)は...

関連するニュースを読む

プロ注目慶大・木沢が2カ月ぶり対外試合で手応え

慶大対エイジェックオープン戦、2カ月ぶりの対外試合で2回を投げ3安打1失点の慶大・木沢、最速153キロを出した(撮影・柴田隆二)

<オープン戦:エイジェック2-1慶大>◇20日◇慶大グラウンド東京6大学の慶大が、2カ月ぶりとなる対外試合を行った。 今秋ドラフト候補の最速155キロ右腕・木沢...

関連するニュースを読む

BC福島、開幕投手は鈴木「勝率7割勝てる投手に」

投球練習をする鈴木

コロナ禍で延期になっていたルートインBCリーグが、今日20日ようやく開幕する。BC福島は、あいづ球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦(午後1時30分試合開始)。...

関連するニュースを読む

阪神など4球団視察のNTT西日本・大江が2回0封

2回を1安打無失点に抑えた今秋ドラフト上位候補のNTT西日本・大江

<オープン戦:Honda鈴鹿8-4NTT西日本>◇18日◇NTT淀グラウンド今秋ドラフト候補でNTT西日本の最速150キロ右腕・大江克哉投手(23=花園大)が、...

関連するニュースを読む

北海道6大学野球、春季リーグの代替大会開催せず

北海道6大学野球春期リーグ 旭川大の選手ら(2019年4月28日撮影)

北海道6大学野球リーグを運営する北海道学生連盟が15日、中止となった今季春季リーグの代替大会を開催しないことを発表した。 緊急事態宣言解除後も自粛要請が出されて...

関連するニュースを読む

近大ドラ1候補佐藤、リーグ最多本塁打へ1番起用も

ロングティーを行う近大・佐藤(撮影・石橋隆雄)

阪神などが今秋のドラフト1位候補に挙げている近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)が15日、奈良県生駒市の近大グラウンドで4月2日以来の練習を再開した。 この日...

関連するニュースを読む

関大が練習再開、ドラフト候補の高野「感触は良い」

全体練習で軽めの調整を行う今秋ドラフト候補の関大・高野

昨秋の明治神宮大会で準優勝した関大が15日、吹田市内の同大グラウンドで約2カ月ぶりに全体練習を再開した。当面は部の新型コロナウイルス感染防止マニュアルに沿いなが...

関連するニュースを読む

親善試合にAI搭載システムも導入 亜大が感染対策

試合前に抗体検査を受け医師の診査を受ける亜大・木本(撮影・保坂淑子)

<アマ野球親善試合:NTT東日本6-1亜大>◇14日◇亜大グラウンド東都大学野球リーグの亜大が14日、約3カ月ぶりの対外試合となるNTT東日本との親善試合を都内...

関連するニュースを読む

クロマティ氏がオンライン講義 日本のベスト投手は

オンライン会議システムZoomで講義を行うクロマティ氏

プロ野球の巨人で活躍したウォーレン・クロマティ氏(66)が14日、オンライン会議システムZoomを使用し、野球少年や少女に向けて講義を行った。 「Symphon...

関連するニュースを読む

リトルシニア選手権を延期、会場も宮城から関東に

昨年のリトルシニア日本選手権開会式(2019年8月1日撮影)

日本リトルシニア中学硬式野球協会は14日、新型コロナウイルスの影響で7月29日~8月3日にかけて宮城県内で開催予定だった「第48回リトルシニア日本選手権」を9月...

関連するニュースを読む

NTT東日本・稲毛田「メリハリ」3回7K無失点

亜大対NTT東 亜大との親善試合で先発したNTT東日本・稲毛田(撮影・保坂淑子)

<アマ野球親善試合:NTT東日本6-1亜大>◇14日◇亜大グラウンドNTT東日本は自粛明け初の練習試合で、ルーキーの稲毛田渉投手(仙台大)が先発。3回を投げ7奪...

関連するニュースを読む

BC新潟・海老塚、開幕先発から始まるプロへの道

開幕投手の海老塚はシート打撃登板で調整

BCリーグ新潟は14日、オープン戦・信濃戦(長岡市悠久山野球場)が雨天のため中止になり、同球場で練習を行った。先発予定だった2年目の海老塚耕作投手(23)はシー...

関連するニュースを読む

大和田啓亮、創部3年目チーム都市対抗&プロへ覚悟

好きな言葉の「打破」を掲げるエイジェックの大和田啓亮

あの夏の悔しさが、成長につながった。福島・玉川村出身で社会人野球チーム、エイジェック(栃木・小山市)のエース大和田啓亮投手(23)が、創部3年目のチームを都市対...

関連するニュースを読む

札幌新陽女子野球部・石井監督が退職へ 元阪急投手

全国高校女子硬式野球選手権大会 2回戦 京都外大西対札幌新陽 試合後、ミーティングで笑顔を見せる札幌新陽・石井宏監督=2018年7月31日

道内初の高校女子硬式野球部、札幌新陽の石井宏監督(56)が、本年度限りで同校を退職することが10日、分かった。既に2月から同校と引き継ぎ時期を話し合ってきており...

関連するニュースを読む

中学軟式野球の猿橋先生 今後の糧になる教育目指す

取材に応じた猿橋教諭

<輝きを待つ東北魂>新型コロナウイルス感染拡大の影響により、指導者も真価が問われている。4月に全国中学校体育大会(全中)の史上初の中止が決まり、中学生アスリート...

関連するニュースを読む

早大が全体練習再開 小宮山監督がチーム引き締める

全体練習終了後、選手たちへ声をかける早大・小宮山監督(右)。同2人目は早川主将(撮影・湯本勝大)

東京6大学リーグの早大が9日、東京・東伏見の安部球場で全体練習を再開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月27日から活動自粛。 以降も寮に残って自主練習を...

関連するニュースを読む

ドラフト候補早大・早川が再始動 生活リズムも研究

全体練習後、取材に応じる早大・早川隆久主将(撮影・湯本勝大)

東京6大学リーグの早大が9日、東京・東伏見の安部球場で全体練習を再開した。 今秋のドラフト候補左腕、早川隆久投手(4年=木更津総合)は、キャッチボールなど軽めの...

関連するニュースを読む

能代商甲子園2勝保坂祐樹さん 秋田に恩返し続ける

秋田県庁で仕事する保坂さん(本人提供) 

11年夏の甲子園で秋田県勢14年ぶりの初戦突破を果たし、能代商(現能代松陽)を初の16強に導いたエース左腕が故郷のために奮闘している。1完封を含む甲子園2勝を挙...

関連するニュースを読む