ニッカンプロ野球

スコア速報

新着ニュース

広島小園が今季1軍初昇格へ 2軍で3割台、貧打解消の起爆剤に

ウエスタン・リーグのオリックス戦で打席に立つ広島小園海斗内野手(撮影・前原淳)

広島の小園海斗内野手(20)が、22日ヤクルト戦から1軍に今季初昇格することが濃厚となった。前日20日に1軍練習参加も、昇格は見送られたが、貧打が続く打線の起爆...

関連するニュースを読む

日本ハム伊藤の三振量産理由はボールの回転数 打者の手元でホップ

ロッテ対日本ハム 力投する日本ハム先発の伊藤(撮影・たえ見朱実)

<ロッテ6-5日本ハム>◇21日◇ZOZOマリン日本ハム伊藤大海投手が21日のロッテ戦で連続イニング奪三振を「23」とし、新人記録に並んだ。三振を量産する理由の...

関連するニュースを読む

広島床田6回1失点力投も適時打に「一番悔い残る」佐々岡監督は評価

広島対ヤクルト 広島先発の床田(撮影・加藤孝規)

<広島1-1ヤクルト>◇21日◇マツダスタジアム広島先発床田寛樹投手が6回4安打1失点と力投した。最速149キロの直球を軸に、切れ味鋭いツーシームで低め、内外を...

関連するニュースを読む

西武が今季初のBクラス 3連敗で4位転落 辻監督「こういうこともある」

西武辻監督(2021年4月17日)

<オリックス4-2西武>◇21日◇京セラドーム大阪西武が接戦を落とし、引き分けを挟んだ3連敗で4位転落した。 好投手山本に対し6回に一時逆転したが、打線は2得点...

関連するニュースを読む

オリックス山本8回2失点粘投で3勝目「救われた」V弾宗佑磨に感謝

オリックス対西武 ヒーローの宗(左)と山本は笑顔でガッツポーズ(撮影・前岡正明)

<オリックス4-2西武>◇21日◇京セラドーム大阪オリックス先発の山本由伸投手が8回8安打2失点の粘投で、リーグトップタイの3勝目をマークした。 この日は最速1...

関連するニュースを読む

コラム

惜敗に落ち込むな 今季はイケイケ打線で勝負だ
番記者コラム・ロッテ

バックスクリーン弾は日常風景 サヨナラ弾ロッテ岡大海は打撃練習もロマン

ロッテ対日本ハム 9回裏ロッテ2死一塁、サヨナラ2点本塁打を放ちガッツポーズを決める岡(撮影・たえ見朱実)

<ロッテ6-5日本ハム>◇21日◇ZOZOマリンかなりの確率で打つだろうなと思っていたら、本当に打ったので、さすがに笑えてきた。ロッテ岡大海外野手(29)が21...

評論家コラム

【解説】岡本和真に復調の兆し 記録に残らないミス減らす必要も/和田一浩

巨人対阪神 2回裏巨人無死、ソロ本塁打を放つ岡本和。投手青柳(撮影・狩俣裕三)

<巨人3-2阪神>◇21日◇東京ドーム巨人と阪神の「伝統の一戦」第2ラウンドは、巨人が4番岡本和真内野手の2本塁打などで逆転勝ちした。日刊スポーツ評論家の和田一...

評論家コラム

【解説】大谷翔平、投球フォームのズレは登板間隔空いた影響/佐々木主浩

レンジャーズ戦に先発した大谷(ロイター)

<エンゼルス6-2レンジャーズ>◇20日(日本時間21日)◇エンゼルスタジアムエンゼルス大谷翔平投手(26)の今季2度目の登板は、4回を1安打無失点で約3年ぶり...

球団別情報マイ球団設定

記事ランキング

矢野監督悔いた3回の攻撃「積極的にいった結果」無死三塁も追加点ならず

巨人対阪神 ベンチで浮かない表情を見せる阪神矢野監督(中央)(撮影・足立雅史)

<巨人3-2阪神>◇21日◇東京ドーム阪神矢野燿大監督は好機を逸した3回の場面を悔しがった。 1点リードで迎えた3回。先頭糸原が三塁打を放ち、無死三塁としたが3...

借金8日本ハム栗山監督、宮西負傷の程度は「想像してください」

ロッテ対日本ハム ロッテにサヨナラ負けを喫し、プロ入り初勝利を逃した日本ハム伊藤(撮影・たえ見朱実)

<ロッテ6-5日本ハム>◇21日◇ZOZOマリン今季初のサヨナラ負けで今季最多の借金8となった日本ハム栗山英樹監督は「本当に申し訳ない」と声を絞り出した。 20...

広島床田6回1失点力投も適時打に「一番悔い残る」佐々岡監督は評価

広島対ヤクルト 広島先発の床田(撮影・加藤孝規)

<広島1-1ヤクルト>◇21日◇マツダスタジアム広島先発床田寛樹投手が6回4安打1失点と力投した。最速149キロの直球を軸に、切れ味鋭いツーシームで低め、内外を...

阪神井上ヘッドが佐藤輝明にゲキ「感じないと」矢野監督のメッセージ

巨人対阪神 9回表阪神無死、三振に倒れる佐藤輝(撮影・上田博志)

<巨人3-2阪神>◇21日◇東京ドーム阪神井上一樹ヘッドコーチがドラフト1位佐藤輝にゲキを飛ばした。1点を追う9回に剛腕ビエイラと対戦。160キロ外角速球に空振...

【データ】近本光司が阪神歴代6位通算6本目の初回先頭打者弾 1位は真弓

巨人対阪神 1回表阪神無死、右越えに先頭打者本塁打を放つ近本(撮影・上田博志)

<巨人3-2阪神>◇21日◇東京ドーム1回表、阪神1番近本光司外野手(26)が巨人畠世周投手の内角151キロをとらえ、先頭打者弾となる先制2号ソロを放った。 ▼...

高校野球ニュース

高校野球春季群馬大会で波乱 桐生第一と前橋育英がコールド負け

春季群馬大会の3回戦で、波乱が起きた。昨秋4強の桐生第一と昨秋8強の前橋育英の強豪2校が、コールド負けを喫した。 桐生第一は、関東学園大付と対戦。0-12の7回...

関連するニュースを読む

立命館慶祥監督「やってきたことを試合で」新体制で秋の雪辱目指す

今春就任した立命館慶祥の滝本新監督(左)(撮影・永野高輔)

2年ぶりに春の高校野球が開催される。第60回春季全道高校野球地区予選の組み合わせ抽選が21日、全10地区のトップを切って札幌地区で行われた。19年夏以来の単独出...

関連するニュースを読む

高校野球札幌地区組み合わせ 野幌が決死の部員集めで2年ぶりに単独出場 

19年夏以来の単独出場となる野幌の選手たち。前列中央が穴田主将、後列中央が田中、後列右から2人目が岩男(2021年4月20日)

春季全道高校野球札幌地区の組み合わせ抽選が21日に行われ、19年夏以来の単独出場となる野幌は初戦で恵庭南と対戦する。19年秋は江別、札幌南陵、昨夏は札幌白陵、札...

関連するニュースを読む

東農大二6点差から大逆転 夏の県大会シードを獲得

東農大二対高崎商大付 6回表東農大二2死一塁、右中間へ勝ち越しの適時三塁打を放った小林(撮影・保坂恭子)

<春季群馬大会:東農大二10-6高崎商大付>◇21日◇3回戦◇高崎城南球場東農大二が、6点差からの大逆転で勝利し、夏の県大会シードを獲得した。 6点を追う6回、...

関連するニュースを読む

健大高崎5回コールドで圧勝 テーマは執念「チーム内で競争を」

安中総合対高崎健康福祉大高崎 5回を被安打1の無失点に抑えた高崎健康福祉大高崎・今仲(撮影・保坂恭子)

<高校野球春季群馬大会:高崎健康福祉大高崎13-0安中総合>◇21日◇3回戦◇高崎城南球場センバツに出場した高崎健康福祉大高崎が、5回コールドで圧勝した。センバ...

関連するニュースを読む

大学・社会人野球ニュース

青学スタイルで成長中!ルーキー佐々木「絶好調です」読み勝ちで今季4号

青学大対国学院大 3回表青学大1死二塁、佐々木は左中間へ同点の2点本塁打を放つ(撮影・滝沢徹郎)

<東都大学野球:国学院大5-3青学大>◇第4週第2日◇21日◇神宮1年生のバットが止まらない。青学大・佐々木泰内野手(県岐阜商)が国学院大2回戦の3回、一時同点...

関連するニュースを読む

東洋大・細野が中大を3安打完封「金田正一さんのように」背番34恩師願い

東洋大対中大 試合後、完封勝利した東洋大・細野(中央)は笑顔を見せる(撮影・滝沢徹郎)

<東都大学野球:東洋大1-0中大>◇第4週2日◇21日◇神宮東洋大の細野晴希(2年=東亜学園)が大学初勝利を完封で飾り、中大に2連勝した。 中大打線を3安打無失...

関連するニュースを読む

立正大・桂川1号満塁弾「厳しいことを言った」主将が言葉と結果で引っ張る

駒大対立正大 5回裏立正大無死満塁、左中間へ満塁本塁打を放った桂川(右)は生還しナインとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)

<東都大学野球:立正大8-4駒大>◇第4週第2日◇21日◇神宮立正大は、主将の一振りが大勢を決めた。3-0の5回無死満塁で、桂川弘貴内野手(4年=桐光学園)が初...

関連するニュースを読む

北海道ベースボールクラブと喜茂別町が連携協定締結 地域おこしなど協力

調印式に臨んだ(左から)喜茂別町の内村町長とホーネッツ・レディースを運営する北海道ベースボールクラブ高橋理事(撮影・永野高輔)

女子硬式野球チームのホーネッツ・レディースを運営する北海道ベースボールクラブと喜茂別町が21日、同町役場で連携協定締結会見を行った。ホーネッツ・レディースが同町...

関連するニュースを読む

神戸学院大でコロナ感染者が複数確認、第4節は出場辞退 関西6大学

関西6大学野球連盟は21日、神戸学院大の硬式野球部内で新型コロナウイルス感染者が複数確認されたと発表した。春季リーグ戦第4節(24、25日)の大院大戦を出場辞退...

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。