上へ戻る

ニッカン芸能!

芸能新着コラム

坂道の火曜日

乃木坂46阪口珠美、今日からアンダーライブ「最強だと思っていただけるライブに」

乃木坂46阪口珠美(20)が、今日27日からスタートの「30thSGアンダーライブ」への意気込みを語った。 卒業を発表している先輩の和田まあや(24)にとってラ...

林瑠奈の負けるな!しょげるな!乗り遅れるな!

「30thSGアンダーライブ」は“届けるライブ”に 画面越しでも精いっぱい届けたいです

約1年前、28thアンダーライブの本番直前の様子です。

乃木坂46、4期生の林瑠奈です。 “送る”と“届ける” 意味がよく似ているように感じる言葉ですが、 日常生活では自然と使い分けていますよね。 送る 「物が相手に...

映画この一本

IT大国のバイタリティーと格差社会の根深さ/SUPER30 アーナンド先生の教室(インド)

(C)Reliance Entertainment(C)HRX Films(C)Nadiadwala(C)Grandson Entertainment(C)Phantom Films.

7世紀に「0」の概念を生み出したインドは、今も国際IT企業に数多くの人材を輩出している。今作の実在モデルとなった数学者アーナンド・クマール氏は、最難関インド工科...

舞台雑話

13代目團十郎らしいジャニーズのアイドルと共演 市川海老蔵はどんな「色」を見せてくれるのか

市川海老蔵(2021年12月撮影)

11月・12月の歌舞伎座で「13代目市川團十郎白猿」襲名披露興行を行う市川海老蔵(44)が、新團十郎として2023年1月に新橋演舞場で初春歌舞伎「市川團十郎襲名...

映画な生活

タイムループで「ありえへん世界」に巧みにいざなう竹林亮監督=夏生さえり脚本コンビの新作映画

(C)CHOCOLATE Inc.

コロナ禍で日常の変化が乏しくなったこともあり、「今日は何曜日だっけ」と新聞の日付欄を確認する回数が増えたような気がする。 そんな現状に妙にしっくりくるのが「MO...

宝塚朗らかに

彩風咲奈 今までの役柄から一変、耐えて耐えて耐え抜く役 「蒼穹の昴」初の舞台化

就任本拠3作目の雪組トップ彩風咲奈が、浅田次郎氏のベストセラー小説「蒼穹の昴」初の舞台化に臨む。清朝末期の中国・紫禁城を舞台に繰り広げられる一本もの。トップ娘役...

坂道の火曜日

乃木坂46岩本蓮加 宝田明さんから“大女優になれる”W主演の遺作で共演「人生の誇り」

乃木坂46岩本蓮加(18)が、今年4月公開の初主演映画「世の中にたえて桜のなかりせば」(三宅伸行監督)の思い出をあらためて振り返った。 同作のDVDが発売中。約...

映画この一本

西谷弘監督&福田靖脚本、最強タッグの最新作「実に面白い」/沈黙のパレード(日)

(C)2022フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社

8月31日に都内で行われた完成披露試写会で、柴咲コウが語った一連の内容は、もう、評論など必要がないくらい、作品をしっかりと分析、論評していた。 <1>脚本を読ん...

舞台雑話

「エリザベス」洗礼式で幕閉じる舞台「ヘンリー八世」コロナ禍でこの時期にようやく再演の偶然

16日に初日を迎えた「ヘンリー八世」(彩の国さいたま芸術劇場)を見てきました。 英国史上、もっともスキャンダラスな国王と言われるヘンリー8世を主人公にしたシェー...

映画な生活

数学者クマール氏の奇跡の実話「SUPER30」インドの「親ガチャ」格差社会も浮き彫りに

(C)Reliance Entertainment (C)HRX Films (C)Nadiadwala (C)Grandson Entertainment (C)Phantom Films.

7世紀に「0」の概念を生み出した国、インドは今やグーグルを始め、世界的なIT企業のトップに人材を輩出している。 その「理数系大国」の最難関といわれるインド工科大...

坂道の火曜日

日向坂46東村芽依 ファースト写真集「見つけた」発売 唯一無二の個性「見つけてほしいです」

日向坂46東村芽依(24)が、今日13日発売のファースト写真集「見つけた」(白夜書房)の見どころを語った。独特の世界観「めいわーるど」をテーマに、地元の奈良や九...

林瑠奈の負けるな!しょげるな!乗り遅れるな!

守るべき部分を守って、お互いの価値観や意見を尊重し合えることが多様性を認めることに…

中秋の名月、残暑もそこそこに少しずつ秋の香りがしてきました。

乃木坂46、4期生の林瑠奈です。 多様性 この言葉、色々な場面でよく聞くようになりました。 何かのテーマにおいて 多様性という話題が出るのは、 今現在多...

映画この一本

記憶と感情に向き合わされる/百花(日)

(C)2022「百花」製作委員会

老いていくなかで、だれにでも起こりうるし、だれもが家族としてかかわる可能性がある認知症。本作は、認知症にかかったピアノ教師の母とレコード会社に勤務する1人息子の...

舞台雑話

「鎌倉殿」で人気急上昇の横田栄司「欲望という名の電車」を病気療養で降板 元気に舞台に復帰を

※写真はイメージ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で和田義盛役を演じている俳優横田栄司(50)が、10月の文学座公演「欲望という名の電車」を降板することが発表された。テネシー・...

映画な生活

筋肉のきしみ感じさせる岡田准一のリアルな格闘シーン、くらいついていく坂口健太郎

(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会

昨年の「燃えよ剣」で2度目の顔合わせとなった岡田准一を、原田真人監督は「超一流の武芸者が俳優のふりをしている人」と評していた。 そんな「本物」の身体能力を存分に...

宝塚朗らかに

真風涼帆 LDHコラボ第2弾宝塚版「HiGH&LOW」で圧倒的存在感 全員主役の青春群像劇

宝塚歌劇がEXILEらを擁するLDHとコラボした第2弾「HiGH&LOW-THE PREQUEL-」と、ショー「Capricciosa(カプリチョーザ)!!」の...

坂道の火曜日

櫻坂46尾関梨香 アイドルの制服を脱ぐ 卒業しても「尾関スタイル」は変えないで

櫻坂46尾関梨香(24)がラストインタビューに応じ、7年間の活動を振り返った。11日開催のファンイベントをもってグループから卒業する。一期生としてのグループ愛、...

林瑠奈の負けるな!しょげるな!乗り遅れるな!

「真夏の全国ツアー2022」ありがとうございました ライブ開催も信用と信頼があってこそ

全国ツアーありがとうございました。

乃木坂46、4期生の林瑠奈です。 どこを0とするか。 許容範囲なんてよく言いますけど、 どのラインを基準とするかって 何に対しても必要なことだと思います。 基準...

映画この一本

新幹線車内が格闘変形リングに/ブレット・トレイン(米)

 

伊坂幸太郎さんの小説には、しばしば生死を懸けた戦いが描かれるが、不思議と悲壮感は漂わず、すんなりエンタメ世界に浸ることができる。殺し屋3部作の「マリアビートル」...

舞台雑話

古谷一行さん、輝きを放っていた最後の舞台 20年1月、草なぎ剛と見事な丁々発止のやりとり

古谷一行さん(2016年9月26日撮影)

数々の名優を生んできた俳優座養成所の出身者がまた1人亡くなってしまった。古谷一行さん、78歳だった。 古谷さんは、中央大学法学部在学中の1964年に俳優座養成所...