上へ戻る

ニッカンエンタメ・プレミアム

日曜日のヒーロー&ヒロイン

山川豊 熱い男が40周年機に大きな1歩を踏み出す

デビュー40周年を迎え、意気込みも新たに拳を突き上げる山川豊(撮影・浅見桂子)

熱い男が拳を握りしめ、大きな1歩を踏み出した。演歌歌手山川豊(62)。昨年末で、デビューから39年所属した大手芸能事務所「長良プロダクション」を退社した。今月5...

吉沢亮 伝えたい渋沢栄一の生き抜く強さ、生命力

NHK大河ドラマ「青天を衝け」で主人公の渋沢栄一を演じる吉沢亮

NHK大河ドラマで、初の平成生まれの主役を務める。俳優吉沢亮(27)。今日14日スタートの「青天を衝け」(日曜午後8時)で、新1万円札の顔となる渋沢栄一を演じる...

岩崎宏美 毎回同じようには歌えないから

デビュー45周年を迎えた岩崎宏美は、「全ての歌が宝物」と優しい笑顔を見せる(撮影・浅見桂子)

抜群の歌唱力で数々のヒットソングを生み出してきた歌手岩崎宏美(62)が、昨年4月にデビュー45周年を迎えた。コロナ禍で記念ツアーは延期や中止となったが、歌への思...

上白石萌音 大事にしたい、ちょうどいい「庶民感」

TBSの火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」で主演を務める上白石萌音。「庶民感を大切にしていきたい」と心境を語った(撮影・たえ見朱実)

女優上白石萌音(23)が、TBS系連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(火曜午後10時)で主演を務めている。ちょうど1年前に同枠で「恋はつづくよどこまでも...

舘ひろし 初やくざ役あふれる思い「渡さんなら…」

年齢を重ねてますますステキな舘ひろしさんは、渋く決めても思い切り笑ってもダンディーでした(撮影・浅見桂子)

俳優舘ひろし(70)は年齢を重ねるごとに、魅力が何層にも重なっていく。映画「ヤクザと家族 The Family」(藤井道人監督、29日公開)では、意外にも初めて...

草刈正雄 エネルギーの源はやっぱり家族

主演ドラマで愛猫として登場する「ふくまる」と一緒に、変わらぬ格好良さでファンを魅了する草刈正雄(撮影・中島郁夫)

俳優草刈正雄(68)が、テレビ東京系主演ドラマ「おじさまと猫」(水曜深夜0時58分)で動物好きの自然な演技を見せている。エネルギッシュな役柄のイメージが強いが、...

菅野美穂 「娘」から「母」へ、成長しています

ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」でシングルマザー役を演じる菅野美穂(撮影・小沢裕)

菅野美穂(43)が、日本テレビ系「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(13日スタート、水曜午後10時)で、40代で初めて連続ドラマに主演する。浜辺美波(20)と母...

井上真央 行きたいところに1人でフラッと行けたら

インタビュー中に時折見せた、はじけた笑顔とは打って変わり、艶やかにほほ笑んでカメラを見つめてくれた井上真央さん(撮影・野上伸悟)

女優井上真央(33)が、8日公開の映画「大コメ騒動」(本木克英監督)に主演する。今から103年前に富山で起きた史実を基に、家族を守り、生きるために決起した漁村の...

瑛人 変わらずに自分が作ったもの魂込め歌っていく

優しい歌の印象通り、本当に好青年な瑛人さん。撮影の合間にも口ずさむ歌声に聞きほれてしまいました!(撮影・菅敏)

コロナ禍という未曽有の事態に見舞われた2020年のエンターテインメント界で、希望の香りを漂わせ続けたシンデレラボーイがいた。シンガー・ソングライター瑛人(23)...

水谷豊 「相棒」の右京さん、縛られて結構

ドラマそのままの姿に思わず緊張しましたが、「刑事風に」というリクエストに快く応じてくれた水谷豊さん。渋いです!(撮影・垰建太)

テレビ朝日の看板ドラマとして、今年誕生20周年を迎えた「相棒」(水曜午後9時)。主演水谷豊(68)は、警視庁特命係・杉下右京の顔がお茶の間にすっかり浸透した。ク...

神崎恵 心に寄り添う「美と幸せ」の伝道師

神崎恵さんの透明感あふれる表情を前に、ついついシャッターを押しすぎました(撮影・野上伸悟)

幅広い女性の支持を受け、ファッション誌などでみかけない日はない。カリスマ美容家の神崎恵(45)。3児の母にして、このスレンダーボディーは多くの女性の憧れだ。自ら...

シム・ウンギョン 意志の力で夢をかなえてゆく

優しい笑顔を見せるシム・ウンギョン。とても丁寧できれいな日本語で話す姿が印象的でした(撮影・鈴木みどり)

韓国の実力派女優が日本の連続ドラマに初挑戦している。シム・ウンギョン(26)。10日に最終回を迎えるテレビ朝日系ドラマ「七人の秘書」(木曜午後9時)で、愛されキ...

松本まりか「幼少期の強いコンプレックスが原動力」

甘い声、思わせぶりな表情、アンチな同性も一回りしてひかれるに違いない妖しい魅力の詰まった松本まりか。私もすぐにインスタグラムをフォローしてしまった(撮影・中島郁夫)

女優松本まりか(36)がデビュー20周年を迎え、最も忙しい日々を過ごしている。不倫相手に悪女、一癖も二癖もある役はお手の物。作品には欠かせないバイプレーヤーとし...

プラス・マイナス「やっぱり出たかった」M-1決勝

ポーズを決めるプラス・マイナスの兼光タカシ(左)と岩橋良昌

今年も漫才日本一決定戦、M-1グランプリの季節がやってきた。史上最高の5081組のエントリーから、現在までに残った25組が12月2日の準決勝、同20日の決勝へ向...

伊藤沙莉「止まっていたくない」女優、家族への思い

おどけながらファイティングポーズをとる伊藤沙莉。カメラマンもノックダウン(撮影・菅敏)

子役から芸歴を積み重ねて17年。伊藤沙莉(26)は大輪の花を咲かせようとしている。今年は映画だけで実写6本、アニメ1本、日本語吹き替え1本に出演し、11月に3本...

市川染五郎「自分が染五郎だと証明できるよう挑戦」

吉例顔見世大歌舞伎で「義経千本桜」を演じる8代目市川染五郎。歌舞伎界のプリンスはまだ15歳だ(撮影・酒井清司)

歌舞伎俳優市川染五郎(15)が「吉例顔見世大歌舞伎」(26日まで、東京・歌舞伎座)の第4部「義経千本桜 川連法眼館」で、1年ぶりの舞台に立っている。18年1月、...

ダチョウ倶楽部 “やり続ける”ことで伝統芸に昇華

「ヤーッ!!」左からダチョウ倶楽部の寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵(撮影・江口和貴)

肥後克広(57)寺門ジモン(57)上島竜兵(59)のダチョウ倶楽部は今年、事務所所属35周年を迎えた。リアクション芸人として確固たる地位を築き、ダチョウ倶楽部一...

宇賀なつみ 局アナ転身1年半、冠番組で生き生き

テレビ朝日系列「川柳居酒屋なつみ」のおかみ役を務めるフリーアナウンサー宇賀なつみ。私も客になったつもりで一杯出してもらいました。ホントにあったら通っちゃうな(撮影・滝沢徹郎)

フリーアナウンサー群雄割拠の時代、特に存在感を発揮しているのが元テレビ朝日の宇賀なつみ(34)だ。19年3月に退社後、初の冠番組として始まった同局系「川柳居酒屋...

妻夫木聡の覚悟 甘えることは絶対にしたくない

「僕はまだ一歩を踏み出したばかり」数々の作品に出演している妻夫木聡さんが放ったこの一言に重みを感じました(撮影・横山健太)

自然体という言葉がよく似合う。妻夫木聡(39)。98年のデビューから20年以上、第一線で活躍してきた。11日からTBS系ドラマ「危険なビーナス」で「オレンジデイ...

芦田愛菜 「愛菜ちゃん」が「愛菜さん」に変わる時

天使のような笑顔を見せる芦田愛菜(撮影・菅敏)

女優芦田愛菜(16)が、ますます成長している。公開中の映画「星の子」(大森立嗣監督)では、同年代の思春期ならではの繊細な心の揺れを見事に表現。役者、司会、CMと...

ウエンツ瑛士 留学で人生観変化 自然体の今がいい

経験を積み重ね、今まで以上に幅広い活躍が期待されるウエンツ瑛士。それにしても昔から変わらない優しい笑顔に癒やされます!(撮影・狩俣裕三)

ウエンツ瑛士(34)が、自然体になって帰ってきた。18年10月から約1年半、英ロンドンに留学。今年3月に帰国して仕事に復帰し、テレビのバラエティー番組や舞台のス...

唐沢寿明なりの「24」 重圧より「楽しんでます」

03年、社会人になった私は唐沢寿明さんのような大人になりたいと憧れた。現在、57歳の唐沢さん。かっこよすぎます。程遠いけど、少しでも魅力ある男性になれるよう努力します(撮影・江口和貴)

50代後半になっても、攻めの姿勢は崩さない。俳優唐沢寿明(57)。世界的大ヒットドラマ「24」のリメーク作品、テレビ朝日系連続ドラマ「24 JAPAN」(10月...

伊東四朗 多くの「人」たちとの出会いが財産

伊東四朗さんにマンガ「笑ゥせぇるすまん」喪黒福造の「ドーン!」をやってもらいました。一瞬で目が覚めました(撮影・中島郁夫)

大ベテランの伊東四朗が元気です。83歳となった今もドラマ、バラエティー番組の司会、ラジオ、舞台、CMと活躍が続いています。ラジオでは文化放送で計35年を超える長...

池井戸潤氏 もしコロナ禍の日本に半沢直樹がいたら

私の持っていた厳しいイメージとは真逆の親しみやすい池井戸潤氏(撮影・中島郁夫)

作家の池井戸潤氏(57)が、大ヒットシリーズ「半沢直樹」6年ぶりの新作「半沢直樹 アルルカンと道化師」(講談社)を書き下ろした。新作に込めた思い、TBS系で7年...

行定勲監督 映画の神様はいる、僕は信じたい

コロナ禍に見舞われながらも「今できること」にこだわり、短編映画の配信という新たな道を切り開いた行定勲監督。手ごたえがあるという新作もようやく公開の日を迎え、笑みがこぼれた(撮影・小沢裕)

新型コロナウイルスの影響で全国の映画館が休業に追い込まれるなど、苦境に立たされた日本映画界。2本の新作が公開延期となった行定勲監督(52)は、最も影響を受けた1...

高橋真梨子“はがゆいのよ”コロナで卒業ツアー延期

包み込むような優しい笑顔の高橋真梨子(撮影・垰建太)

「今年で最後」と、情熱を注いでいた全国ツアーがコロナ禍で延期となった。歌手高橋真梨子(71)。輝かしいキャリアの最終盤で未曽有の試練に見舞われ、先の見えないスケ...

ミルクボーイ オカンに感謝、激動の1年振り返る

インタビューでもネタになるんとちゃうか? の話を連発してくれたミルクボーイの駒場孝(左)と内海崇。さらなる活躍を期待してます(撮影・前岡正明)

漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」が今年も始まった。昨年王者のミルクボーイ内海崇(34)と駒場孝(34)は、昨夏のエントリー時からこの1年を振り返った。2人を...

バービー テレビ番組に映った本棚でキャラ人生一変

TBSラジオ新番組「週末ノオト」のパーソナリティーに挑戦しているフォーリンラブのバービー(撮影・柴田隆二)

「イエス、フォーリンラブ」のフレーズで大ブレークしたお笑いコンビ、フォーリンラブのバービー(36)。「性欲強いキャラ」「超ポジティブキャラ」としてバラエティー番...

桂米団治 社長就任3年目の春、新型コロナと闘う

無体芸術の誇りを持って独演会を開催する桂米団治。落語の持つ笑いでコロナ禍の閉塞(へいそく)感打破お願いします(撮影・前岡正明)

15年3月に89歳で亡くなった桂米朝さんは、戦後没落寸前だった上方落語を再興させた「四天王」の1人。落語芸能事務所「米朝事務所」もおこした。長男の落語家桂米団治...

小芝風花 変顔いとわず役になりきる根っから女優

キュートな笑顔が魅力的な小芝風花(撮影・鈴木みどり)

シリアスからコメディーまで演じ分ける若手として、近年頭角を現してきたのが女優小芝風花(23)だ。放送中のテレビ朝日系主演ドラマ「妖怪シェアハウス」(土曜午後11...