上へ戻る

ニッカンエンタメ・プレミアム

芸能新着コラム

坂道の火曜日

日向坂上村ひなの「頑張る」2列目ポジション初挑戦

上村ひなの(16)の独特のセンスが、デビュー2年目の日向坂46に勢いを加えています。発売中のファーストアルバム「ひなたざか」のリード曲「アザトカワイイ」では、初...

咲ドル火曜日

たこ虹「めちゃ楽しかった」久々ライブはこれからも

「咲ドル火曜日」第4週は「たこやきレインボー(たこ虹)」が登場します。清井咲希(21)堀くるみ(20)根岸可蓮(19)春名真依(19)彩木咲良(18)は、13日...

映画この一本

女優の才能のぞかせた齋藤飛鳥/映像研には手を出すな!(日)

大童澄瞳氏の原作コミックは、オタク道を究めたような登場人物たちが妄想と現実を行き来しながら展開する。今作は「ヒロイン失格」や「トリガール」で知られる英勉監督の果...

映画な生活

雪山とワイヤ・アクションの親和性「クライマーズ」

「クライマーズ」の1場面 (C)2019SHANGHAIFILMGROUP.ALLRIGHTSRESERVED.

「クライマーズ」(ダニエル・リー監督、25日公開)は中国登山隊による60年、75年の2度のチョモランマ登頂を題材にしている。 60年は建国11年目、無謀とも言え...

舞台雑話

藤木孝さん無謀とも思われた俳優転身、努力で実結ぶ

藤木孝さん(11年1月撮影)

舞台やドラマ、映画など幅広く活躍していたベテラン俳優の藤木孝さんが9月20日、都内の自宅で亡くなっているのが発見された。80歳だった。自殺とみられるという。 所...

宝塚朗らかに

再開し、あらためて「演じること好き」/珠城りょう

公演タイトルにちなみ「ウエルカム!」のポーズをとった珠城りょう(撮影・村上久美子)

7月の上演再開後、最後に登場するのが月組。25日に兵庫・宝塚大劇場で、和物レビュー「WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-」ミュージカル「ピ...

みーおんの新リーダー論

向井地美音が竹下佳江氏に学ぶ「女性のまとめ方」

AKB48グループ3代目総監督の向井地美音(22)が各界のリーダーから学ぶ「リーダー論」の第8回からは、バレーボール元女子日本代表で、12年ロンドンオリンピック...

坂道の火曜日

金村美玖、憧れモデルの極意は与田祐希に教わりたい

日向坂46の金村美玖(18)が、ファッション誌「bis」(光文社)のレギュラーモデルに就任したことが21日、分かった。10月1日発売の11月号から登場する。坂道...

咲ドル火曜日

天空音パレード・足森いづみは過去の自分超えていく

今月のスター誕生は反響の大きかった「天空音パレード」の足森いづみ(24)が紙面に再登場。天空音パレードは今月から新メンバーを加えて再始動する。そんなグループのリ...

映画この一本

時間の逆行が可能になった未来からの敵/TENET テネット(米)

新作が最も期待される1人、クリストファー・ノーラン監督。「ダークナイト」「インターステラー」「ダンケルク」など、ジャンルを問わず観客を驚かせてきた同監督の最新作...

映画な生活

音楽業界描く「モータウン」異色企業モノとして必見

「メイキング・オブ・モータウン」の1場面 (C)2019Motown Film Limited. All Rights Reserved

浮き沈みの激しい音楽業界で、60年にわたってブランド力を維持した「モータウン」はまれな例ではないだろうか。 59年の設立以来、約10年間でビルボードのトップ10...

舞台雑話

宝塚音楽学校、時代の流れで伝統の暗黙ルール廃止

宝塚音楽学校、左奥には宝塚大劇場 タカラジェンヌを養成する「宝塚音楽学校」の生徒の間で暗黙のルールとして継承されてきた伝統的な作法が廃止されたことが話題を呼んで...

坂道の火曜日

久保史緒里、乃木坂愛が深すぎて…表現見つからない

<乃木坂10年目突入記念連載:久保史緒里(19=3期生)>今月1日から掲載してきた乃木坂46の結成10年目突入記念連載も、今日15日で千秋楽を迎えます。トリを務...

坂道の火曜日

与田祐希「まだまだ短い」3期生は4周年/特別連載

<乃木坂10年目突入記念連載:与田祐希(20=3期生)>日刊スポーツでは、乃木坂46の結成10年目突入記念した連載を掲載中。9月15日までの平日全11回の掲載で...

咲ドル火曜日

ボイメン10周年 新曲&ツアー絶対負けるな

「咲ドル火曜日」第2週は「素顔のボイメン」。今回は10周年を迎えたBOYS AND MENの小林豊(31)田村侑久(29)水野勝(29)辻本達規(29)土田拓海...

映画この一本

水川あさみのはちきれそうな赤パンツ/喜劇 愛妻物語(日)

(C)2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会

冒頭で描かれる、川の字になって寝る親子3人…その画面中央やや左に、目がくぎ付けになる。執拗(しつよう)なまでに繰り返し映し出される、パンパンにはち切れそうな赤パ...

映画な生活

ノーラン監督の新作、肌がアワ立つ時間逆行の映像化

「TENET テネット」の1場面 (C)2020WarnerBrosEntertainmentInc.AllRightsReserved

クリストファー・ノーラン監督の作品には毎度イベント性がある。大スクリーンに胸躍らせた往年の感覚を思い出す。極力CGを排した「生身の映像」に、増幅された音響効果が...

舞台雑話

コロナ禍で揺らぐ…100年続いた歌舞伎2部制

東京・歌舞伎座

現在、歌舞伎座は4部制で公演が行われています。各部1演目で、上演時間もそれぞれ1時間前後と短い。第1部が午前11時開演で、最後の第4部は午後7時15分開演ですか...

坂道の火曜日

白石麻衣は卒業後も「ずっと乃木坂ファン」特別連載

<乃木坂10年目突入記念連載:白石麻衣(28=1期生)>日刊スポーツでは、乃木坂46の結成10年目突入を記念した連載を掲載中。9月15日までの平日全11回の掲載...

坂道の火曜日

大園桃子 最近興味あることは…秘密です/特別連載

<乃木坂10年目突入記念連載:大園桃子(20=3期生)> 日刊スポーツでは、乃木坂46の結成10年目突入を記念した連載を掲載中。9月15日までの平日全11回の掲...