上へ戻る

ニッカンエンタメ・プレミアム

芸能デスク日誌

私は「とにかく飲む」でしたが…

 編集局には一日中、さまざまなファクスが送られてきます。そのほとんどが記事掲載のお願いや、取材の案内です。ほかにも新商品の情報や、テレビやラジオなどの新番組の情...

閉じる

合コンが仕事の上達につながる?

 先日、芸能関係者数人と会食後に立ち寄ったバーで、若手お笑いコンビと思われる男性2人の声が聞こえてきました。別に耳をすませていたわけではないのですが、2人とも声...

閉じる

Hデスク日誌「豊崎美らSUNビーチ」

 今年のAKB48選抜総選挙は6月17日に、過去最南端である沖縄・豊見城市の「豊崎美らSUNビーチ」で開催されることが発表されたが、ちなみに、本島南部にある同ビ...

閉じる

Hデスク日誌「世界に広がるストリートビュー」

 北関東地方某都市において、諸事情でフィリピン人20代女性と会話する状況になったのだが、その際、出身地の話になった。  「ワタシ、ダバオよ」と、ミンダナオ島の大...

閉じる

スクープがカオス状態…配信社への尊重少しあっても

 今でもそうなのですが、その昔から芸能記者は日夜、スクープ合戦を繰り広げてきました。スポーツ新聞に加えて、週刊誌、女性誌のそれぞれの芸能記者が、まだ知られていな...

閉じる

WBC、センバツ清宮、森友問題…23日は長い1日

 今月23日はスポーツ新聞にとって長い1日となりそうです。そして、間違いなく忙しい日となりそうです。  まだ、レバタラの段階ではありますが、WBCの決勝戦が日本...

閉じる

本塁打が描く放物線は感動への架け橋だ!

 その打球が左翼席に消えた時、高く手を上げて、声を出してしまいました。「すごい!!」  東京ドームで行われたWBCの2次ラウンド、キューバ戦。侍ジャパンの雄姿を...

閉じる

キムタクドラマが教えてくれたこと

 最近、集中力を欠いた仕事をしてしまい、自分のことがつくづく嫌になりかけた時、救われる言葉に出合いました。  「一途一心」です。  連続ドラマ「A LIFE~愛...

閉じる

Hデスク日誌「狙われる恐怖」

 以前、師匠の1人である某ブラジル人柔術家から、同氏が得意とする「跳び三角絞め」(あるいはフライングトライアングルチョーク=ジャンプして極める、高度な三角絞め)...

閉じる

Hデスク日誌「本日のラジオ聴取活動」

 ・ニッポン放送特番「YUKIのオールナイトニッポン」(3月13日深夜)  →実にYUKI氏(45=元JURY AND MARYボーカル)約20年ぶりの「オール...

閉じる

盛り上がるWBC 中居の贈り物に選手も盛り上がる

 WBCがとても盛り上がっています。スポーツ新聞社なので、ある意味当然なのですが、編集局内はかなりヒートアップしています。侍ジャパンは今夜も、キューバに競り勝ち...

閉じる

ベッキー報道のLINE流出は法律的にセーフなのか

 みなさんは「雑誌ジャーナリズム大賞」をご存じでしょうか。今年で23回を数える賞で、編集者が選び、編集者に贈るという点が特色です。書店の店員さんが選ぶ「本屋大賞...

閉じる

ピンチのあとにイチローがビールを…

 「あれっ? イチローってキリンの『一番搾り』でしたよね?」  取材や出稿が一段落し、WBCオランダ戦を、社内でテレビ観戦していた記者たちが、口をそろえて言いま...

閉じる

あれから6年。あらためて強く思うこと

 デスクワークの合間に、テレビから保育園児たちの元気な歌声が聞こえてきました。夕方のニュース番組です。今日は3月11日。東日本大震災から6年の時が過ぎ、番組は被...

閉じる

Hデスク日誌「本日の想定外」

 特にLINEがなくても困ることがないのでLINEが広まった後も積極的に使わなかったのだが、「連絡手段をできるだけLINEにしてほしい」みたいなことを要望してく...

閉じる

Hデスク日誌「電撃引退」

 最近、活躍中あるいは全盛期の女優、アイドル、俳優らの引退(もしくは一般的芸能界からの事実上の引退)が相次いでいる印象だが、今のところ個人的には、「ライオン健康...

閉じる

記者も体が資本です

 デスクは日々、記者たちから、さまざまな連絡を受けます。そのほとんどが、取材や記事内容などについてです。まれに仕事と離れた話もしますが、それも、あながち無関係と...

閉じる

ノンスタ井上「不起訴」は各社微妙に違うニュアンス

 法律用語というほどではありませんが、事件や事故の原稿に出てくる単語は、とてもインパクトのある言葉が多いです。  例えば、「書類送検」なんていうワードもその1つ...

閉じる

現場に行かなきゃ分からない

 今日はいつものデスクワークに入る前、東京・日本橋で行われたイベントの取材をしてきました。出産を間近に控えた山口もえさんがゲストとして招かれた映画の試写会です。...

閉じる

断捨離は別れではなく、再認識の好機かも

 少し前から、自室の書棚を整理し始めました。芸能記者の仕事に就いてから読んだ本が増え続け、棚が飽和状態になってきたからです。「整理整頓することで自分の頭もすっき...

閉じる

Hデスク日誌「秩父の新規オープン温泉」

 関東周辺で新しい日帰り温泉ができればすぐ行くようにしているが、4月24日、埼玉県秩父市の西武鉄道・西武秩父駅前に新しい施設「西武秩父駅前温泉 祭の湯」が誕生す...

閉じる

Hデスク日誌「アメリカが見える野天風呂」

 筆者が担当している3月1日付のレジャー面(宅配版)連載「極上日帰り温泉」で、伊豆半島南部東岸の「北川(ほっかわ)温泉・黒根岩風呂」(静岡県東伊豆町)を取り上げ...

閉じる

アイドルの思う「嫌な仕事」より給料高い「天下り」

 堀北真希さんの突然の芸能界引退には驚かされました。結婚や出産など、なかなか仕事をしづらい状況であることは分かってはいましたが、それにしても、引退という選択には...

閉じる

おい、ここで言うか、それを…(笑い)

 世代間格差が身に染みました。  米アカデミー賞作品賞の大本命と言われながら、惜しくも受賞を逃した「ラ・ラ・ランド」を劇場で見てきました。以前、試写で見て、めち...

閉じる

息苦しい不寛容な社会、経費でのバレンタインもセクハラ…

 昨日は、日本社会の閉塞(へいそく)感について書きましたが、もう1つ、ここ数年実感している言葉があります。  「寛容性」です。  閉塞感が増しているのと同じくら...

閉じる

森友学園問題解決へ首相が行政府に工程開示指令を

 ここ数年だと思いますが、現在の日本社会を如実に表す言葉があります。  それは、何かというと、「閉塞(へいそく)感」です。  おそらく、バブル崩壊後の失われた2...

閉じる

Hデスク日誌「ドムドムとA&Wと私」

 先日、20年ぶりくらいに「ドムドムハンバーガー」(北区のイオン内にある店)を利用し、「フレッシュ野菜バーガー」と「シャカリポ(コンソメ味)」(ポテトが入った袋...

閉じる

Hデスク日誌「断捨離失敗例」

 最近、猛烈に、91年に放送されたテレビ朝日系「朝まで生テレビ」の歴史的放送回「激論 オウム真理教vs幸福の科学」編(を当時自分で録画したビデオ)を久々に見返し...

閉じる

王道のラブストーリーで…月9の奮起を期待

 「ドラマ」と聞いてすぐに思い浮かべる放送枠は、世代によって、それぞれ違うことでしょう。NHKで有名なのは、朝ドラとか大河ドラマとか。TBSなら金ドラが歴史があ...

閉じる

朝日が先んじた森友学園報道、産経のやり返しに期待

 やっと、やっと、マスコミの取材、報道にも熱が入ってきました。もしかしたら、このまま、疑惑が闇の中に葬られてしまうのではないかとの疑念もあっただけに、ホッと胸を...

閉じる