上へ戻る

ニッカン芸能!

日曜日のヒーロー&ヒロイン

岡崎紗絵「すっごいメラメラ燃えちゃいます」女優&モデル…最前線で活躍の28歳素顔

役者としての存在感が増してきた。女優、モデルとして活躍する岡崎紗絵(28)が、カンテレ・フジテレビ系「マウンテンドクター」(月曜午後10時)に主要キャストで出演...

増田惠子「歌えないって言ったら灰皿が…」ピンク・レディーの激動の日々から現在への足跡明かす

歌手増田惠子(66)が「増田惠子&KEI(ピンク・レディー)~I Love Singing!! 2024~」と題して、8月12日にビルボードライブ大阪、同24日...

松平健、師匠勝新太郎からの忘れられない言葉「いつも目を輝かせておけ」80歳まで歌い踊れたら

芸能生活50周年記念公演などを語った松平健(撮影・中島郁夫) 俳優松平健(70)が芸能界デビュー50年目を迎え、ますます輝いている。「松平健芸能生活50周年記念...

DJ KOO&SAM 還暦越えてもDO DANCE “前世”から固い絆で結ばれていた!?

TRFのDJ KOO(左)とSAM。「何かポーズを」というアバウトな要望に、ノリノリで応えてくれました(撮影・鈴木みどり) 今年2月、デビュー30周年イヤーを締...

高橋克典、型破りなサラリーマンから特命係長経て「大岡越前」 時代劇と向き合い新しい発見も

私が学生時代に見ていた深夜放送のドラマで、鍛え上げられた肉体を披露していた高橋克典さん。今も変わらぬ若々しさに驚きました(撮影・滝沢徹郎) 俳優高橋克典(59)...

“お昼の声”35周年突入…75歳高田文夫「ラジオビバリー昼ズ」面白、おかしく、現在進行形

35年も続く長者番組「ビバリー昼ズ」のスタジオで迎えてくれた高田文夫先生。12年前に大病を患ってからは、無理せずに仕事をしていると言う。顔の色艶も良く、次から次へとおもしろい言葉が出てくる。笑いっぱなしの1時間。高田文夫ワールドさくれつのインタビューをご堪能下さい(撮影・たえ見朱実)

放送作家高田文夫氏(75)がパーソナリティーを務める、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜午前11時30分)が、4月に35周年に突入した。今月...

長塚京三「多分、天職」仏映画デビューから俳優人生50年、78歳今もスタイリッシュで格好良い

映画「お終活 再春!人生ラプソディ」に出演する長塚京三さん。「天職」という俳優業は50周年を迎えたが、これからも流されるまま自然体で歩んでいくつもりだ(撮影・小沢裕)

1974年(昭49)のフランス映画「パリの中国人」でデビューして、今年で俳優人生50年。78歳になった長塚京三はスタイリッシュで、格好良い。公開中の映画「お終活...

川栄李奈はなじむよどこまでも ドラマ、舞台に引っ張りだこ いつも元気な秘けつは…

「どんな役でもこなせる役者になりたい」オールマイティーな女優への道を確実に歩む川栄李奈は、天真らんまんな笑顔を見せる(撮影・浅見桂子)

川栄李奈(29)が「なじみやすさ」を武器に、女優としての地位を着実に築いている。映画「ディア・ファミリー」(月川翔監督、6月14日公開)では心臓病疾患の妹を持つ...

石原さとみ 母として37歳新境地 産後の抜け毛に体の崩れ生かし出産後初の主演作

母となり映画でも母親の役を演じる石原さとみ。年を重ねても相変わらずの透明感で「美しい!」の一言です(撮影・垰建太)

華やかなイメージを一新させる新境地に挑んだ。石原さとみ(37)の出産後初の主演映画「ミッシング」(吉田恵輔監督)が17日に公開された。誰もが知る国民的存在として...

「熱海五郎一座」、「笑点」司会…64歳春風亭昇太とかけて落語若手界の長老ととく、そのココロは

かわいらしいサクランボのシャツで熱海五郎一座について語った春風亭昇太(撮影・中島郁夫)

落語家春風亭昇太(64)が、恒例の熱海五郎一座・新橋演舞場シリーズ第10弾の東京喜劇「スマイルフォーエバー~ちょいワル淑女と愛の魔法~」(6月2~27日)に出演...

草なぎ剛「褒められた事が成功体験で大きい」今あるのはキョンキョンのおかげ、29年ぶり共演

穏やかな表情の草なぎ剛さん。撮影中にたくさんの思いや感情が詰まっているような空気感が印象的でした(撮影・横山健太)

いつも新たな顔を見せてくれる。21年には「ミッドナイトスワン」で「日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞に輝くなど、高い演技力が評価される草なぎ剛(49)。主演映画...

無双“女子アナ”長野智子、ひょうきん族から国際報道まで培った経験アップデート

今日も新しい「声」を届け続ける長野智子(撮影・足立雅史)

「ひょうきん族」から国際報道まで。無双のスキルで“女子アナ”の道を切り開いてきた。長野智子(61)。この4月から、文化放送生ワイド「長野智子アップデート」(月~...

生見愛瑠“めるる風”交流術に現場ほっこり…バラエティーだけじゃない!高い演技力でも注目

TBS系火曜ドラマ「くるり~誰が私と恋をした?~」について語った主演の、めるること生見愛瑠(撮影・河田真司)

「めるる」こと生見愛瑠(22)が、TBS系「くるり~誰が私と恋をした?~」(火曜午後10時)で、ゴールデン・プライム帯連続ドラマ単独初主演を務めている。バラエテ...

神田伯山「問わず語り」講談とラジオ人生 何回聞いても楽しい放送…毒舌さえる軽妙トーク

舌鋒(ぜっぽう)鋭い講談師の神田伯山さんは、生粋のラジオっ子。スタジオでは舞台とは打って変わって優しい笑顔を見せてくれました(撮影・浅見桂子)

日本一チケットの取れない講談師。寄席で圧倒的人気を誇る、神田伯山(40)。パーソナリティーを務める、TBSラジオ「問わず語りの神田伯山」(金曜午後9時半)も大人...

菊池桃子「パンツの穴」で女優、「青春のいじわる」で歌手デビュー…40周年、瑞々しさそのまま

柔らかなほほ笑みの中に、凜(りん)としたたたずまいを感じる菊池桃子(撮影・浅見桂子)

歌手で女優の菊池桃子(55)が、17日に40周年記念EP「Eternal Harmoney」をCD発売する。誕生日前日の来月3日には東京・キリスト品川教会グロー...

武田真一アナ フリー転身して1年、日々新鮮勝負…おしゃべりのあり方、ひな型を作りたい

日本テレビ系「DayDay.」でMCを務める武田真一アナウンサー。テレビで受ける印象そのままで、優しい笑顔に癒やされました(撮影・鈴木みどり)

NHKの顔からフリーに転身して1年になる。武田真一アナウンサー(56)。MCを務める日本テレビ系情報番組「DayDay.」(月~金曜午前9時)も、4月1日から2...

見取り図 3年連続M1決勝…その後の活躍は描いた図面通り!?ラジオ冠番組が枠移動&拡大

ラジオでも見取り図ワールドでブースを包み込んでいたリリー(左)と盛山晋太郎(撮影・横山健太)

お笑いコンビ、見取り図がパーソナリティーを務めるTBSラジオの冠番組「スタンド・バイ・見取り図」(日曜午後11時)が4月から水曜深夜0時へ引っ越し、放送枠も30...

井浦新 前作から5年5カ月「青春ジャック」自分の中の若松監督をさらけだしていることが幸せ

映画「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」に主演する井浦新。たたずまいだけで引き込まれました(撮影・鈴木みどり)

井浦新(49)が主演映画「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」(井上淳一監督)で「俳優・井浦新に育ててくれた大切な恩師」と語る若松孝二監督を再び演じた。12...

林家木久扇 後任は格好いい人に「笑点」卒業へ愛され与太郎が「いやんばか~ん」な出演55年語る

3月末で卒業する「笑点」出演55年の歴史を笑顔でふり返った林家木久扇(撮影・中島郁夫)

みんなに愛された“与太郎”がついに去る。林家木久扇(86)が3月末で約55年間出演した日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜午後5時半)を卒業する。昨夏の同局特番「...

桐谷健太の流儀 役者に“賭け”今を楽しむ「今まで出たどの作品も次の作品につながった感覚」

幅広い役に挑戦する桐谷健太。男っぽさの中にも、そこはかとない繊細な色気を感じました(撮影・浅見桂子)

俳優桐谷健太(44)が主演するWOWOWの連続ドラマW「坂の上の赤い屋根」(日曜午後10時)が、今日3日にスタートする。俳優になって22年。この作品では、編集者...

大久保佳代子の50代「おばさんです、と言うのは楽。まだやってくれそうと思えるような存在で」

いつでも動画撮影できるようにスマートフォンをスタンバイしている大久保佳代子(撮影・中島郁夫)

お笑いタレント、女優、コメンテーター。多彩な顔で活躍するオアシズ大久保佳代子(52)に、新たな肩書が加わった。TBS Podcast番組「大久保佳代子とらぶぶら...

関水渚「もっと売れたいっすね」原動力は“脳みそ芝居”のネクストブレーク女優筆頭候補

ドラマに映画に女優として目覚ましい活躍を続ける関水渚(撮影・垰建太)

年々存在感が増している。女優関水渚(25)。今期は5日にスタートした、テレビ東京「ブラックガールズトーク」(月曜午後11時6分)をはじめ、フジテレビ「婚活100...

丸山礼、女優業も絶好調!今楽しくて…目指すは「いろんな遺伝子受け継いだハイブリッド競走馬」

多岐にわたる活躍を見せる、ものまねタレントの丸山礼。爽やかな笑顔が素敵です(撮影・河田真司)

タレント、YouTuber、女優。丸山礼(26)のマルチっぷりはどこまで広がるのだろうか。モノマネタレントとしての船出から、主演を務めたNHK「ワタシってサバサ...

古希NOW!関根勤、芸能生活50周年“笑顔の青年”のまま 盟友小堺一機と運命の出会いに感謝

千葉真一さん公認のモノマネポーズでおどける関根勤。最後は健康に関する話で盛り上がりましたが、その姿からはとても70歳には見えない元気が満ちあふれていました(撮影・小沢裕)

タレント関根勤(70)がデビュー50周年を迎えた。ゴールデンウイークには、関根勤芸能生活50周年記念公演「カンコンキンシアター35 クドい!~烏骨鶏のジジィ参上...

「ブギウギ」誕生秘話「主夫と結婚したつもりない」妻の叱咤激励で生まれ変わった脚本家足立紳氏

自宅で談笑する足立紳氏と妻の晃子さん。お互いを支え合う言葉がとても印象的だった(撮影・横山健太)

NHK連続テレビ小説「ブギウギ」(月~土曜午前8時)を手がける脚本家の足立紳氏(51)は、一貫して弱い人間を描いてきた。16年2月に小説「乳房に蚊」(19年に『...

中村雅俊、50年後の「俺たちの旅」に出る!「このままフェードアウトするのも癪」続編に意欲

デビュー50周年にシンフォニックライブを開催する中村雅俊(撮影・鈴木正人)

中村雅俊(72)がデビュー50周年を迎えた。1974年(昭49)に日本テレビ系連続ドラマ「われら青春!」の主役に抜てきされて本格デビュー。俳優として数々の作品の...

剛力彩芽社長「結婚願望あります」理想の夫婦像明かす…余裕ある30代へ2年ぶり連ドラ出演

大人びた表情からかわいらしい笑顔までさまざまな表情を見せてくれた剛力彩芽(撮影・垰建太)

剛力彩芽(31)が2年ぶりに連続ドラマの場に戻ってきた。民放BS初出演となる「夫婦の秘密」(BS-TBS、木曜午後11時)などの女優業に加え、2020年に個人事...

平安時代 いとをかし…吉高由里子、NHK大河ドラマ「光る君へ」紫式部と共通点ある

大河ドラマで紫式部を演じる吉高由里子さん。聡明(そうめい)で凜(りん)とした表情がぴったりだな、と楽しみです(撮影・浅見桂子)

女優吉高由里子(35)が紫式部役で主演を務める24年度NHK大河ドラマ「光る君へ」(日曜午後8時)が、7日からスタートする。長編小説「源氏物語」執筆など、約10...

後藤久美子30年ぶりドラマ主演、国民的美少女時代の美貌そのまま アレジとの馴れ初めも初披露

凜(りん)とした美しさでカメラを見つめる後藤久美子(撮影・横山健太)

ゴクミの愛称で美少女ブームを巻き起こした後藤久美子(49)が30年ぶりにドラマ主演した。来年正月放送のテレビ朝日系「顔」。10代の頃には大人たちをタジタジにした...

役所広司「才能が集まる環境を…未来は絶望的になる」日本映画への愛、理想、既存システムへ警鐘

カンヌ映画祭で男優賞受賞の快挙を成し遂げた役所広司。日本映画に対する熱い思いを語り、撮影ではポーズを決めるおちゃめな一面も見せてくれました(撮影・たえ見朱実)

5月に世界3大映画祭の1つ、カンヌ映画祭(フランス)で男優賞を受賞した役所広司(67)。ドイツの世界的巨匠ヴィム・ヴェンダース監督(78)とともに栄冠をつかんだ...