ニッカンプロ野球

高校野球ニュース

下関国際-富島 九州国際大付、高松商、仙台育英が3回戦進出/甲子園速報中

下関国際-富島 九州国際大付、高松商、仙台育英が3回戦進出/甲子園速報中

<全国高校野球選手権>◇11日◇2回戦4試合甲子園大会第6日は2回戦4試合。第1試合は仙台育英(宮城)が10-0で鳥取商を破った。第2試合は高松商(香川)がプロ注目の強打者、浅野翔吾外野手(3年)の2打席連続本塁打などで14点を奪い佐久長聖(長野)に大勝。第3試合は九州国際大付(福岡)が明徳義塾(高知)に2-1で競り勝った。第4試合は下関国際(山口)-富島(...

関連するニュースを読む

【甲子園】昨夏号泣の明徳義塾・吉村優聖歩「やりきった」初戦敗退も涙なく仲間の背中さする側に

明徳義塾対九州国際大付 明徳義塾先発の吉村(撮影・岩下翔太)

<全国高校野球選手権:九州国際大付2-1明徳義塾>◇11日◇2回戦プロ注目の左腕、明徳義塾・吉村優聖歩(ゆうせふ)投手(3年)は初戦で散った。明徳義塾が夏の甲子園で初戦敗退するのは15年以来。出場22回目にして2度目の早期敗退となった。進路については「監督さんと相談する」とこのタイミングでの明言は避けた。     ◇    ◇    ◇ 昨夏号泣した吉村は、...

関連するニュースを読む

【甲子園】明徳義塾が初戦敗退 馬淵監督「監督の差でしょう」 プロ注目の吉村優聖歩8回2失点

明徳義塾対九州国際大付 力投も敗退となり引き揚げる明徳義塾・吉村投手(中央)と選手たち(撮影・清水貴仁)

<全国高校野球選手権:九州国際大付2-1明徳義塾>◇11日◇2回戦夏22回目の甲子園出場となった明徳義塾(高知)は15年以来2度目の初戦敗退となった。 プロ注目の左腕・吉村優聖歩(ゆうせふ)投手(3年)は8回を投げ抜き、2失点(自責1)ながら、夏を終えた。「最後の試合なので思い切りいけた。ピンチも抑えられた。悔いが残るところもあるが出し切れた」。8イニング中...

関連するニュースを読む

【甲子園】九州国際大付3回戦進出 佐倉侠史朗は無安打、次戦は高松商浅野翔吾とスラッガー対決

明徳義塾対九州国際大付 4回裏九州国際大付1死二塁、見逃し三振に倒れる佐倉(撮影・野上伸悟)

<全国高校野球選手権:九州国際大付2-1明徳義塾◇11日◇2回戦大会期間中に新型コロナウイルス集団感染と判断された九州国際大付(福岡)が、明徳義塾(高知)との好カード対決を制した。2年生の巨漢スラッガー、佐倉侠史朗内野手は4打数無安打だった。 佐倉は「5番一塁」でスタメン出場。1、2打席はともに見逃し三振。3打席目は二ゴロ、4打席目は遊併に倒れた。 九州国際...

関連するニュースを読む

【甲子園】九州国際大付が7年ぶり夏勝利 香西一希が1失点完投 明徳義塾は2度目の初戦敗退

明徳義塾対九州国際大付 九州国際大付先発の香西(撮影・岩下翔太)

<全国高校野球選手権:九州国際大付2-1明徳義塾>◇11日◇2回戦九州国際大付(福岡)が明徳義塾(高知)に競り勝ち、7年ぶりに夏の甲子園で白星を挙げた。 1-1で迎えた4回、無死二塁から送りバント。三塁手が一塁へ悪送球する間に決勝の1点を奪った。 先発の香西一希投手(3年)が同じ左腕の明徳義塾・吉村優聖歩投手(3年)に投げ勝った。センバツではエースで8強入り...

関連するニュースを読む

【甲子園】コロナ集団感染の有田工と九州学院、予定通り試合実施へ 13日の第1、2試合に予定

甲子園球場(2020年7月12日撮影)

第104回全国高校野球選手権大会の大会本部は11日、新型コロナウイルスの集団感染と判断されていた有田工(佐賀)と九州学院(熊本)が予定通りに試合を行うことを発表した。有田工は13日の第1試合、九州学院は同日の第2試合に予定されている。また、それぞれ2校の対戦相手である浜田(島根)と帝京五(愛媛)は、12日にも出場の可否を判断する。 大会本部は一部改訂した新型...

関連するニュースを読む

【甲子園】高松商・浅野翔吾2打席連発「1番打者として出塁目指した結果が本塁打につながった」

高松商対佐久長聖 7回表高松商無死一塁、浅野は左越え2点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<全国高校野球選手権:高松商14-4佐久長聖>◇11日◇2回戦◇甲子園今大会注目のスラッガー、高松商・浅野翔吾外野手(3年)が初戦から2本塁打、4打点と大爆発した。 まず5回の第3打席で、右中間最深部にソロを放り込んだ。「感触はあまり良くなかった。ライトフライが捕られて歓声が上がったと思ったが、審判が手を回していた。『上からたたけ』と言われて打ったのが結果に...

関連するニュースを読む

【甲子園】2打席連発の浅野翔吾にハプニング 佐久長聖ベンチ伝令、捕手が申告故意四球と勘違い

高松商対佐久長聖 8回表高松商1死一、二塁、申告故意四球と思い一塁に行く浅野、しかし申告はなかったと打席に戻る(撮影・清水貴仁)

<全国高校野球選手権:高松商14-4佐久長聖>◇11日◇2回戦◇甲子園今大会注目のスラッガー、高松商・浅野翔吾外野手(3年)が初戦から2本塁打と大爆発。あまりの猛打ぶりが、思わぬハプニングを呼んだ。ベンチの指示を勘違いした選手に代わって、球審が謝罪するシーンがあった。 7-2とリードを広げ、なお8回1死一、二塁の場面。浅野を打席に迎えると、佐久長聖ベンチから...

関連するニュースを読む

【甲子園】佐久長聖監督「一、二塁でさすがに申告故意四球はできない」浅野翔吾のハプニング説明

高松商対佐久長聖 8回表高松商1死一、二塁、申告故意四球と思い一塁に行く浅野、しかし申告はなかったと打席に戻る(撮影・清水貴仁)

<全国高校野球選手権:高松商14-4佐久長聖>◇11日◇2回戦◇甲子園佐久長聖の藤原弘介監督(48)は、8回1死一、二塁の守りで、高松商・浅野がいったんは申告故意四球と球審が判断した場面について、試合後に説明した。「(前の打者の時に)捕手のミットにバットが当たり打撃妨害となり、伝令をマウンドに送ろうとした。たまたま、その時に浅野君の打席のタイミングだったので...

関連するニュースを読む

【甲子園】佐久長聖・藤原監督「評判通りのバッティングだった」高松商・浅野翔吾の打力認める

高松商対佐久長聖 7回表高松商無死一塁、浅野は左越え2点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<全国高校野球選手権:高松商14-4佐久長聖>◇11日◇2回戦◇甲子園4年ぶり9度目の甲子園出場となった佐久長聖(長野)は、3大会連続22度目の出場の高松商(香川)の攻撃力の前に完敗を喫した。 藤原弘介監督(48)は「先制したいところだったが、エラーから2失点して嫌な流れになってしまった。5回までは食らい付いたが、(2本塁打の)浅野君は評判通りのバッティング...

関連するニュースを読む

【甲子園】高松商が猛打で2年連続16強 浅野翔吾が右へ左へ2打席連発 先発全員安打で14点

高松商対佐久長聖 5回表高松商2死、浅野は右中間へ本塁打を放つ(撮影・岩下翔太)

<全国高校野球選手権:高松商14-4佐久長聖>◇11日◇2回戦高松商(香川)が佐久長聖(長野)に大勝し、昨夏に続く初戦突破で16強入りした。 プロ注目の浅野翔吾外野手(3年)が2打席連続本塁打を放ち、高校通算本塁打を66本に伸ばした。 「1番中堅」で先発出場。第1打席は四球、第2打席は三邪飛。5回の第3打席で右中間に1本目を運ぶと7回の第4打席では左翼席へラ...

関連するニュースを読む

【甲子園】仙台育英140キロ超え5投手完封リレー 先発の高橋煌稀「ストレートで押した」

鳥取商対仙台育英 1回表鳥取商無死、田中を見逃し三振に抑え、笑顔を見せる仙台育英高橋(撮影・岩下翔太)

<全国高校野球選手権:仙台育英10-0鳥取商>◇11日◇2回戦東北勢大トリで登場した仙台育英(宮城)が、最速140キロ超え5投手の完封リレーで、19年以来3年ぶりに1勝を挙げた。被安打2、計14奪三振で「投手王国」ぶりを見せつけた。2回戦に進んでいる東北5チームの中で、一番乗りで16強入りした。 先発した高橋煌稀(こうき)投手(2年)が5回1安打5奪三振で試...

関連するニュースを読む

【甲子園】高松商・浅野翔吾が2打席連発!清原和博超え高校65号&2ラン&適時二塁打で4打点

高松商対佐久長聖 7回表高松商無死一塁、浅野は左越え2点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<全国高校野球選手権:高松商-佐久長聖>◇11日◇2回戦◇甲子園今大会注目のスラッガー、高松商・浅野翔吾外野手(3年)が初戦から2本塁打、4打点と大爆発した。 まず5回の第3打席で、右中間最深部にソロを放り込んだ。高校通算65本塁打としてPL学園・清原和博を抜き去ると、7回の第4打席でも2打席連発アーチとなる2ランを左翼席にライナーでもっていった。 死球を挟...

関連するニュースを読む

【甲子園】高松商・浅野翔吾が滞空時間「6秒3」ド肝を抜く邪飛 スイングのたびに場内どよめき

高松商対佐久長聖 5回表高松商2死、浅野は右中間へ本塁打を放つ(撮影・岩下翔太)

<全国高校野球選手権:高松商-佐久長聖>◇11日◇2回戦◇甲子園高校通算64本塁打で今大会注目のスラッガー、高松商・浅野翔吾外野手(3年)が1年ぶりに甲子園に帰ってきた。「1番中堅」で先発した。 打たなくても沸かせるのが怪物だ。初回の打席はフルカウントからファウル2球後に四球。スイングするたびに、場内からどよめきが起きた。 3回1死一塁での2打席目もド肝を抜...

関連するニュースを読む

【甲子園】鳥取商、甲子園初白星はお預け 山根汰三が好投も降板し仙台育英に主導権握られる

鳥取商対仙台育英 力投する鳥取商先発の山根(撮影・宮地輝)

<全国高校野球選手権:仙台育英10-0鳥取商>◇11日◇2回戦 11年ぶり3度目出場の鳥取商の甲子園初白星はお預けとなった。 宮城大会5試合でわずか5失点の仙台育英との投手戦。山根汰三(たいぞう)投手(2年)は2回1死一、三塁のピンチで三振を奪い、スタートを切った三塁走者のホームインを制して併殺となった。その後も粘りの投球を続けた。 互いに好守で譲らず、0-...

関連するニュースを読む

【甲子園】仙台育英が3年ぶり16強、5投手で2安打14K完封 全員140キロ以上マーク

鳥取商対仙台育英 仙台育英2番手の古川(撮影・岩下翔太)

<全国高校野球選手権:仙台育英10-0鳥取商>◇11日◇2回戦仙台育英(宮城)が鳥取商に快勝し、夏の甲子園3年ぶりの白星を挙げ3回戦進出を決めた。 5人の投手で鳥取商打線を2安打完封、14三振を奪った。いずれも140キロを超えるスピードをマーク。先発した右腕の高橋煌稀投手(2年)は最速144キロ直球で5回を1安打1四球無失点。6回からは左腕古川翼投手(3年)...

関連するニュースを読む

【甲子園】プロ注目の大阪桐蔭・松尾汐恩は3安打2打点

旭川大高に逆転勝利し、松尾(右)と話しながら引き揚げる西谷監督(撮影・岩下翔太)

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭6-3旭川大高>◇10日◇1回戦V候補筆頭の大阪桐蔭が、旭川大高(北北海道)との初戦を逆転で制した。序盤で3点ビハインドを背負ったが、6回に海老根優大外野手(3年)が同点ソロ、7回には伊藤櫂人内野手(3年)が勝ち越しソロ。劣勢でも動じない「想定力」を生かし、松坂大輔を擁した97~98年の横浜(神奈川)しか達成していない秋春夏3連...

関連するニュースを読む

【甲子園】大阪桐蔭、黄色いバッグ 18年春夏連覇時のゴールドに似た勝負色/Monostagram

黄色いバッグを肩に掛ける大阪桐蔭・西谷監督(撮影・野上伸悟)

<Monostagram~大切にしているものを紹介>ユニホームや応援グッズなど、高校野球を取り巻く「モノ」には各校の思いが詰まっている。「Monostagram」として紹介する。     ◇    ◇    ◇   <全国高校野球選手権:大阪桐蔭6-3旭川大高>◇10日◇1回戦 大阪桐蔭が今夏の新色の黄色いチームバッグで登場。SSK社の製品で、18年の甲子園...

関連するニュースを読む

【甲子園】「旭川大高」の名称で最後の夏 タオルを首からかけると…/Monostagram

応援グッズを紹介する旭川大高チアリーダーの河原凜さん。タオルは首にかけると「旭大高魂」とつながるようにデザインされている(撮影・永野高輔)

<Monostagram~大切にしているものを紹介>ユニホームや応援グッズなど、高校野球を取り巻く「モノ」には各校の思いが詰まっている。「Monostagram」として紹介する。     ◇    ◇    ◇   <全国高校野球選手権:大阪桐蔭6-3旭川大高>◇10日◇1回戦 「旭川大高」の名称で臨む最後の夏の甲子園。応援グッズのタオルは首に掛けると「旭大...

関連するニュースを読む

【甲子園】通算本塁打90本到達 2位PL学園70本、3位智弁和歌山60本/大阪桐蔭記録メモ

春夏通算・学校別勝利10傑

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭6-3旭川大高>◇10日◇1回戦V候補筆頭の大阪桐蔭が、旭川大高(北北海道)との初戦を逆転で制した。序盤で3点ビハインドを背負ったが、6回に海老根優大外野手(3年)が同点ソロ、7回には伊藤櫂人内野手(3年)が勝ち越しソロ。劣勢でも動じない「想定力」を生かし、松坂大輔を擁した97~98年の横浜(神奈川)しか達成していない秋春夏3連...

関連するニュースを読む

【データ】大阪桐蔭・伊藤櫂人が甲子園通算3号 1番打者で3本以上はオリックス来田以来2人目

旭川大高対大阪桐蔭 7回裏大阪桐蔭無死、伊藤は左中間に勝ち越し本塁打を放ちガッツポーズ(撮影・加藤哉)

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭6-3旭川大高>◇10日◇1回戦春夏連覇を目指す大阪桐蔭が旭川大高(北北海道)を逆転で退け、初戦を突破した。夏の甲子園初戦は05年から10連勝。これが甲子園春夏通算70勝目(14敗)で智弁和歌山と並び9位タイとした。西谷浩一監督は甲子園62勝目(11敗)。トップの高嶋仁監督(智弁和歌山など)の68勝にあと6勝に迫った。 1回に1...

関連するニュースを読む

【甲子園】焦らない大阪桐蔭「想定力」で3点差から逆転勝利「ミスも頭に入れてやっている」

旭川大高対大阪桐蔭 6-3で勝利し校歌を斉唱する大阪桐蔭の選手たち(撮影・野上伸悟)

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭6-3旭川大高>◇10日◇1回戦優勝候補筆頭の大阪桐蔭が、旭川大高(北北海道)との初戦を逆転で制した。 序盤で3点ビハインドを背負ったが、6回に海老根優大外野手(3年)が同点ソロ、7回には伊藤櫂人内野手(3年)が勝ち越しソロ。劣勢でも動じない「想定力」を生かし、松坂大輔を擁した97~98年の横浜(神奈川)しか達成していない秋春夏...

関連するニュースを読む

【甲子園見どころ】高松商は両打ちスラッガー浅野 佐久長聖はエース広田の粘り強さ/第2試合 

対戦が決まり、ガッツポーズする高松商(左)と佐久長聖の主将(代表撮影)

<全国高校野球選手権>◇11日◇2回戦  【第2試合(午前10時半)高松商(香川)-佐久長聖(長野)】 高松商は、3拍子そろう両打ちスラッガー浅野に注目。佐久長聖は、エース広田の粘り強さと守備力が中心 ◆高松商 1900年(明33)に市立校として創立。商業科と情報数理科、英語実務科からなる。生徒数905人(女子549人)。野球部は1909年創部で部員73人(...

関連するニュースを読む

【甲子園見どころ】仙台育英は140キロ台の投手陣軸 鳥取商は山根、岩崎の2枚看板/第1試合 

対戦が決まり、ガッツポーズする仙台育英(左)と鳥取商の主将(代表撮影)

<全国高校野球選手権>◇11日◇2回戦  【第1試合(午前8時)仙台育英(宮城)-鳥取商(鳥取)】 仙台育英は、最速140キロ台の投手陣を軸に守り勝つ。鳥取商は、山根、岩崎が2枚看板の高い守備力で対抗 ◆仙台育英 1905年(明38)創立の私立校。生徒数は3996人(女子1883人)で全日制は特別進学コース、外国語コースなどがあり、広域通信制もある。野球部は...

関連するニュースを読む

【甲子園見どころ】明徳義塾は左腕吉村、九州国際大付は2年生スラッガー佐倉が軸/第3試合 

対戦が決まり、ガッツポーズする明徳義塾と九州国際大付の主将ら(代表撮影)

<全国高校野球選手権>◇11日◇2回戦  【第3試合(午後1時)明徳義塾(高知)-九州国際大付(福岡)】 明徳義塾は、左腕エース吉村が生命線。九州国際大付は、2年生巨漢スラッガー佐倉が軸の強力打線に期待 ◆明徳義塾 1976年(昭51)創立の私立校。生徒数692人(女子165人)。野球部も76年創部。部員数134人。甲子園出場は春20度、夏22度目。02年夏...

関連するニュースを読む

【甲子園見どころ】富島は最速148キロの右腕日高 下関国際はエース古賀中心の堅守/第4試合 

対戦が決まり、ガッツポーズする下関国際(左)と富島の主将(代表撮影)

<全国高校野球選手権>◇11日◇2回戦  【第4試合(午後3時半)富島(宮崎)-下関国際(山口)】 富島は、プロ注目で最速148キロの右腕エース日高次第。下関国際は、エース左腕古賀中心の堅守が武器 ◆富島 1916年(大5)農業学校として創立の県立校。48年から現校名。商業科、生活文化科。生徒536人(女子359人)。野球部は48年に創部で部員数50人(マネ...

関連するニュースを読む

【甲子園】大阪桐蔭・海老根優大「ミスも頭に入れて」今夏初めて劣勢も“想定力”で踏ん張った

旭川大高対大阪桐蔭 6回裏大阪桐蔭無死、ソロ本塁打を放ち、ガッツポーズしてダイヤモンドを回る海老根(撮影・宮地輝)

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭6-3旭川大高>◇10日◇1回戦3度目の甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭が、苦戦しながら旭川大高(北北海道)との初戦を逆転勝ちした。1回に大阪大会を通して今夏初めて先制され、3回に2ランを浴びて3点差に広げられた。好守で鳴らす鈴木塁内野手(3年)が2失策するなど守備も乱れた。それでも6回、海老根優大外野手(3年)が同点ソロ本塁打を...

関連するニュースを読む

【甲子園】旭川大高・一ノ戸空生行164センチの体さらに小さく見せる独特構えに「クセが強すぎる」

旭川大対大阪桐蔭 6回表旭川大2死、打席で低い構えを見せる一ノ戸(撮影・加藤哉)

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭6-3旭川大高>◇10日◇1回戦優勝候補の大阪桐蔭を苦しめた旭川大高(北北海道)の8番打者、一ノ戸空生行(あいあん)外野手(3年)の打撃フォームがネット上で話題となっている。両足を大きく広げ、164センチの体をさらに小さく見せる独特の低い構え方。地方大会のときから同様で、投手にストライクゾーンを狭く感じさせることが狙いだという。...

関連するニュースを読む

【甲子園】鹿児島実・赤崎「大島の分まで、勝ちたかった」春夏連続で明秀学園日立に敗れる

鹿児島実対明秀学園日立 明秀学園日立に敗れ、涙を流す鹿児島実選手たち(撮影・宮地輝)

<全国高校野球選手権:明秀学園日立2-1鹿児島実>◇10日◇2回戦ライバルの無念は晴らせなかった。鹿児島実が明秀学園日立に逆転負けし、初戦敗退。今春センバツ1回戦で、プロ注目左腕の大野稼頭央投手(3年)を擁する大島が負けた宿敵に、リベンジを果たせなかった。鹿児島県勢は春夏連続で同じ相手の前に涙をのんだ。 堅実な鹿実らしからぬミスが響いた。1-0の7回1死一塁...

関連するニュースを読む

【甲子園】能代松陽、昨夏県1回戦負けから頂点も聖地1勝ならず 田中主将「日本一目指していた」

能代松陽対聖望学園 聖望学園に敗れ、涙を流す能代松陽選手たち(撮影・宮地輝)

<全国高校野球選手権:聖望学園8-2能代松陽>◇10日◇1回戦現校名10年目の節目での「聖地1勝」はかなわなかった。能代松陽(秋田)が聖望学園(埼玉)に2-8で敗れ、初戦で敗退した。1回戦に登場した東北勢4戦4勝の勢いに乗りたいところだったが、2回から4イニング連続で失点と苦しい展開。4点を追う6回、大高有生内野手(2年)がチーム初安打を放つと、斎藤舜介内野...

関連するニュースを読む