au版ニッカンプロ野球

注目コーナー

スコア速報

新着ニュース

【ヤクルト】吉村貢司郎が19日DeNA戦に先発「前半戦最後、勝ち切れるように頑張りたい」

ヤクルト吉村貢司郎(24年7月2日撮影)

ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、前半戦ラストのDeNA3連戦(神宮)の初陣を切る。 18日、神宮外苑で全体練習に参加。先発が予定されている19日の同戦に向けて「しっかりと前半戦最後、勝ち切れるように頑張りたいなと思います」と意気込みを口にした。現状の課題に、長いイニングを投げることを挙げ「そこらへんは後半も、明日の試合も重要にはなってくるかなと思うので、し...

関連するニュースを読む

【阪神】野口恭佑がフレッシュ球宴辞退 育成2位福島圭音が出場

阪神野口恭佑(2024年7月7日撮影)

日本野球機構(NPB)は18日、「フレッシュオールスターゲーム2024」(20日=ウインク)の出場辞退選手と代替選手を発表した。 阪神野口恭佑外野手(24)は現在1軍でプレー中で、開催当日は1軍の広島戦(甲子園)が予定されているため辞退。代わって育成ドラフト2位ルーキーの福島圭音外野手(22)が出場する。 阪神和福島圭音(2024年撮影)

関連するニュースを読む

【ヤクルト】村上宗隆、7月初本塁打出るか「変わらずやれたら」不動心で前半戦ラスト3連戦へ

ヤクルト村上宗隆(2024年7月5日撮影)

ヤクルト村上宗隆内野手(24)が、不動心で前半戦ラストの19日からのDeNA3連戦(神宮)に臨む。 神宮外苑での全体練習後「変わらずやれたらなと思います」。本塁打数は巨人岡本和に次ぐリーグ2位の15本。6月29日阪神戦(神宮)を最後に1発から遠ざかる。 「相手のピッチャーにしっかりタイミングを合わせることが大事かなと思います」。まずは7月1発目を記録し、後半...

関連するニュースを読む

【巨人】菅野智之21日中日戦先発へ「いい形で最後を終われるように」

キャッチボールをする巨人菅野智之(2024年6月22日撮影)

巨人菅野智之投手(34)が前半戦最終戦で勝利を目指す。 21日中日戦(バンテリンドーム)に先発予定。14日DeNA戦は初回の4失点でチームの連勝が7でストップしただけに「前回はいい流れを止めてしまったので、いい形で最後を終われるように」。気分よく折り返せるように気持ちを入れ直した。

関連するニュースを読む

【ロッテ】吉井監督著書「機嫌のいいチームをつくる」19日発売「ビジネスパーソンに伝えたい」

著書の『機嫌のいいチームをつくる』を手に笑顔の吉井監督(球団提供)

ロッテは吉井理人監督(59)の著書「機嫌のいいチームをつくる」が7月19日に発売されると発表した。 今回は吉井監督による自ら伸びる強い組織=機嫌のいいチームの秘訣(ひけつ)を1冊にまとめた本。吉井監督の豊富な経験と深い洞察に基づいた本書は、現代のビジネスパーソンに必要不可欠な指針となる内容に仕上がっている。特に、「心理的安全性」や「主体性を引き出す質問力」な...

関連するニュースを読む

コラム

【内匠宏幸】他球団も注目する岡田彰布の「語録」気になる巨人戦の淡泊な攻撃
高原のねごと

激戦セ・リーグ 新たな“CS不要論”起こりそうな気配…?

巨人対阪神 連勝し、スタンドにあいさつする巨人阿部監督(撮影・浅見桂子)

19日からのカードでプロ野球は前半戦が終了、球宴を挟んで後半戦に入ります。そんな時期に少し気の早い話ですが、今年は新しい形での“CS不要論”が起こるのでは、という思いがしています。 今年のプロ野球、ソフトバンクが強さを誇るパ・リーグはともかく驚くのがセ・リーグです。直前のカードで4位につける阪神が首位・巨人に1勝2敗と負け越したため、少しゲーム差が開きました...

番記者コラム・オリックス

新顔ばかりのリリーフ陣が奮闘中 「ワンチーム」で厳しい夏も乗り越える

肩を組み移動するマチャド(右)と吉田(2024年7月17日撮影)

新顔ばかりのオリックスのリリーフ投手陣が、最近かなり奮闘している。7月の救援防御率は1・30。リーグトップの数字だ(ちなみに他チームはソフトバンク3・19、ロッテ3・76、日本ハム3・89、西武4・75、楽天5・35)。 特徴的なのは、加入1年目の選手が大部分だということ。リーグ3連覇に貢献した平野佳、宇田川、小木田、山崎らは故障や不振による離脱が相次ぎ、長...

虎だ虎だ虎になれ!

【虎になれ】初守備でもキッチリ 敗戦の中、光ったイケメン熊谷敬宥 存在感さらにアップするかも

巨人対阪神 7回裏巨人1死、吉川の邪飛を好捕しアピールする熊谷(撮影・浅見桂子)

<巨人4-3阪神>◇17日◇東京ドームおかしな話に聞こえるかもしれないが、試合中、感動を覚えてしまった。熊谷敬宥が途中出場したときだ。5回に渡辺諒の代走で出るとその裏から遊撃の守備につく。この回、大竹耕太郎はヘルナンデス、岡本和真に連続適時打を食らい、逆転を許していた。なお2死二塁の場面。坂本勇人の打球は遊撃へ飛んだ。 難しい当たりではなかったが強いゴロ。だ...

球団別情報マイ球団設定

MLBニュース

ダルビッシュ有日米通算200勝記念 歴代使用グラブの展示19日から開始 色や形の変化も堪能

パドレス・ダルビッシュ有投手の日米通算200勝を記念して、神戸市のスペース11ダルビッシュミュージアムでは歴代グラブを展示する

パドレス・ダルビッシュ有投手(37)の日米通算200勝を記念して、神戸市の「スペース11ダルビッシュミュージアム」で、19日から歴代使用グラブの展示が始まる。年を追うごとに色や形が変化していく様子を知ることができる。 ダルビッシュは5月、野茂英雄、黒田博樹に次いで3人目の日米通算200勝を達成した。05年から11年まで日本ハムに所属し、12年からメジャーに移...

関連するニュースを読む

元DeNAエスコバー、カブス3Aを退団「契約に含まれているオプションで自分で行使」

エスコバー(2023年9月撮影)

昨季までDeNAに所属していたカブス3Aのエドウィン・エスコバー投手(32)が18日、退団を発表した。球団は16日付で自由契約としたが、エスコバーは「私はオプアウトを行使しカブスから退団する決断をいたしました。これは契約に含まれているオプションで自分で行使することを決めました。退団することは球団ではなく自分自身で決断したことです」とX(旧ツイッター)に書き込...

関連するニュースを読む

大谷翔平のドジャースがWS優勝確率NO・1「ジ・アスレチック」が10万回のシミュレーション

大谷翔平(2024年7月16日撮影)

米メディア「ジ・アスレチック」は17日(日本時間18日)、前半戦終了時のデータを基に10万回のシミュレーションを行い、シーズン成績を予想した。ワールドシリーズ(WS)の優勝確率が最も高いと予想されたのは、大谷翔平投手(30)を擁するドジャースで16・4%だった。ナ・リーグ西地区の優勝確率は93・4%、プレーオフ進出確率は99・1%、公式戦の予想勝利数は93・...

関連するニュースを読む

大谷翔平初本塁打のMLBオールスター戦視聴者数は744万3000人 前年比6%増

ア・リーグ対ナ・リーグ 3回表ナ・リーグ無死一、二塁、右越え3点本塁打を放つドジャース大谷(2024年7月16日撮影)

米大リーグのオールスター戦(アーリントン)の視聴率が17日(日本時間18日)に発表され、FOXは3・8%で占有率が12%だった。ESPNが伝えた。ドジャース大谷翔平投手(30)が初本塁打を放った試合だった。 視聴者数は744万3000人で前年比6%増だった。前年のシアトルでの球宴は700万6000人が視聴していた。21年のロサンゼルス開催は751万人だった。...

関連するニュースを読む

大谷翔平がオールスター戦で使ったグッズがオークションで高値つく ヘルメットが320万円!

ナ・リーグ対ア・リーグ 3回表ナ・リーグ無死一、二塁、3点本塁打を放つドジャース大谷(撮影・横山健太)

ドジャース大谷翔平投手(30)が16日(日本時間17日)に行われたオールスター戦で使用したグッズなどが、オークションで高値をつけている。日本時間18日の午前9時44分現在、実際に試合で使用したヘルメットが2万30ドル(約320万円)と最高値をつけている。締め切りは7月25日(同26日)。昨年は9万8010ドル(当時のレートで約1370万円)で落札されている。...

関連するニュースを読む

高校野球ニュース

春日部共栄5回コールド勝ち 甲子園出場の兄の背中追う平尾拓翔が2安打5打点と大暴れ/埼玉

春日部対春日部共栄 3回裏春日部共栄2死満塁、2点適時打を放ちベンチに笑顔を見せる平尾(撮影・野見山拓樹)

<高校野球埼玉大会:春日部共栄10-0春日部>◇18日◇3回戦◇レジデンシャルスタジアム大宮春日部共栄(埼玉)で兄の背中を追う4番・平尾拓翔内野手(3年)が2安打5打点と大暴れした。主砲の活躍で、5回コールドで春日部を下し、本多利治監督(66)が「春日部ダービー」と表現した対決を制した。 4番のバットが火を噴いた。初回1死二、三塁から内野ゴロで先制点をもたら...

関連するニュースを読む

昨秋仙台育英に完投勝ちが野球続行きっかけに 東陵・熊谷太雅、笑顔忘れずも最後に悔し涙/宮城

東陵対聖和学園 7回から登板した東陵・熊谷(撮影・木村有優)

<高校野球宮城大会:聖和学園2-1東陵>◇18日◇準々決勝◇仙台市民球場最後の夏は悔し涙で幕を閉じた。東陵の185センチ左腕・熊谷太雅投手(3年)は1-1の7回から登板。マウンドに上がると帽子のつばを見つめ一呼吸。そこには「大丈夫、笑って、自分らしく」と記されていた。2死から勝ち越し打を許すも、最後まで笑顔は忘れなかった。だが、最後の整列時にはこらえていた涙...

関連するニュースを読む

桐蔭学園・片桐健一監督「常に明るく」中村主将掲げたポジティブ野球で昨夏V慶応撃破/神奈川

桐蔭学園対慶応 戦況を見守る桐蔭学園・片桐監督(撮影・滝沢徹郎)

<高校野球神奈川大会:桐蔭学園4-2慶応>◇18日◇5回戦◇バッティングパレス相石スタジアムひらつか「(自分たちの)前評判はいらないです」。大会前、桐蔭学園の片桐健一監督(50)は今夏へ意気込みを語っていた。淡々と優勝を目指し、この日は昨夏日本一に輝いたチームを倒した。 先発したエースの杉本は「慶応戦は自分で行くと決まっていた。絶対勝ちたかった」と強い決意で...

関連するニュースを読む

青森山田がセンバツ対決制す 4番原田純希が2打席連発「左対策」実り、1つ目の試練越え/青森

八戸学院光星対青森山田 5回2死二塁、中堅席に突き刺さる中越え2点本塁打を放ち、ガッツポーズする青森山田・原田(撮影・濱本神威)

<高校野球青森大会:青森山田6-1八戸学院光星>◇18日◇準々決勝◇弘前市運動公園野球場(はるか夢球場)左腕対策が実り、青森山田が八戸学院光星との今春センバツ校対決を制した。4番の原田純希(あつき)内野手(3年)が2打席連続の2点本塁打で主導権を握ると、最速149キロ右腕の関浩一郎投手(3年)が相手打線を5安打1失点に抑え完投。投打の要が躍動した。 高い打球...

関連するニュースを読む

聖和学園2年ぶり夏4強 大会3度目前打者申告敬遠で「この時を待ってた」中善寺健斗V打/宮城

東陵対聖和学園 7回裏聖和学園2死一、二塁で勝ちこしの左前適時打を放つ聖和学園・中善寺(撮影・木村有優)

<高校野球宮城大会:聖和学園2-1東陵>◇18日◇準々決勝◇仙台市民球場三度目の正直だった。聖和学園が東陵との接戦を制し、準優勝した22年以来、2年ぶりの夏4強入りを果たした。決勝打は中善寺健斗外野手(3年)。1-1の7回2死二塁、チーム一の強打者、1番の三浦広大内野手(3年)が申告敬遠された。2番の中善寺にとって、今大会3度目の申告敬遠後の打席だった。「こ...

関連するニュースを読む

大学・社会人野球ニュース

イチロー&ゴジラ夢の競演!松井秀喜さん「特別な一日」メジャー球宴以来20年ぶり同僚に

試合前のアップ中にイチローと談笑する松井秀喜(2006年7月撮影)

イチロー&ゴジラが、夢の競演を果たす。全日本女子野球連盟などは18日、高校野球女子選抜がイチローさん(50=マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)率いる野球チーム「イチロー選抜 KOBE CHIBEN」とのエキシビションマッチを、9月23日に東京ドームで開催すると発表した。特別ゲストとして元ヤンキースの松井秀喜さん(50)が参戦する。 学年はイチロ...

関連するニュースを読む

「イチロー選抜」松井秀喜さん参戦「イチローさん祝福」松坂大輔さんも 9月23日高校女子選抜と

イチロー(左)から鋭い突っ込みを入れられ、苦笑いを見せる松井臨時コーチ(2014年2月撮影)

全日本女子野球連盟は18日、高校野球女子選抜と元マリナーズのイチローさん(50)が率いる野球チーム「イチロー選抜 KOBE CHIBEN」のエキシビションマッチを、9月23日に東京ドームで開催すると発表した。午後1時30分開始。特別ゲストとして、元ヤンキースの松井秀喜さん(50)の参戦が決まった。昨年に続き、松坂大輔さん(43)も出場する。 同試合は「高校野...

関連するニュースを読む

侍ジャパン大学代表 ドラフト候補の日体大・寺西成騎が6回1失点、オランダ下し全勝で準決勝へ

キャッチボールする日体大・寺西(2024年6月24日)

<第31回ハーレム・ベースボールウイーク2024:日本5-1オランダ>◇18日◇オランダ・ハーレム大学日本代表がオランダに勝利し、オープニングラウンドを全勝で準決勝進出を決めた。19日、決勝進出をかけ、オープニングラウンド4位の台湾と対戦する。 前半、一気に畳みかけた。初回、二死一、三塁から国学院大・柳舘憲吾内野手(4年=日大三)が先制の右前適時打。なおも二...

関連するニュースを読む

BCリーグが「熱中症緊急対策」を発表 デーをナイターに、基準を超えたら試合打ち切りも

※写真はイメージ

独立リーグのルートインBCリーグが熱中症対策に乗り出した。 17日、「熱中症緊急対策のお知らせ」を発表した。連日猛暑が続く中、今後のリーグ戦における熱中症対策の緊急措置を決定。球場に来るファン、選手や監督・コーチ、審判員など、リーグ関係者すべての安全確保のためとして、12日の臨時代表者会議で次の対策を決定した。 (1)7月19日以降のデーゲームに関して、一部...

関連するニュースを読む

22年逝去の村田兆治氏が提唱「離島甲子園」開催 元ロッテ袴田英利氏「離島球児に夢や希望を」

「離島甲子園」発表会見に出席した、左から袴田英利氏、篠原一生壱岐市長ら

「第15回全国離島交流中学生大会(離島甲子園)」の記者発表が17日、長崎県庁で行われた。 22年に逝去した村田兆治氏が提唱した大会で、全国の離島25自治体23チームが参加し、長崎県の壱岐市で8月19日~23日に開催される。 会見に出席した元ロッテの袴田英利氏は「村田さんの思いを継承して、離島球児に夢や希望を与え、離島地域の活性化に尽力していく」。大会顧問の村...

関連するニュースを読む