ソフトバンクまとめて支払い ニッカンプロ野球

注目コーナー

スコア速報

新着ニュース

【ロッテ】フェルナンデス、NPB実戦初登板で2回4安打3四球2奪三振 最速156キロ

ジュニオール・フェルナンデス(2024年2月11日撮影)

<練習試合:オリックス6-0ロッテ>◇28日◇宮崎・清武ロッテの新外国人右腕、ジュニオール・フェルナンデス投手(26=ナショナルズ3A)がNPB球団相手の実戦に初登板した。2回を4安打3四球2奪三振で44球を要したが、1失点で踏みとどまった。 3回から2番手で登場すると、先頭のオリックス西川を四球で出した。二盗を試みた代走福田を捕手佐藤が好送球で刺し、続くゴ...

関連するニュースを読む

【日本ハム】3月1、2日にエスコンで2軍新グッズ「鎌スタこはむほーフェイスタオル」発売

3月1、2日にエスコンフィールドでの春季教育リーグで販売される「鎌スタこはむほーフェイスタオル」

日本ハムが3月1、2日にエスコンフィールドで開催する春季教育リーグ、オイシックス戦(1日は午後1時、2日は午前11時試合開始)で、本年度の「鎌スタ☆グッズ新商品」を販売する。 ラインアップの目玉は「鎌スタこはむほーフェイスタオル(カビーバージョン/DJチャス。バージョン)」(各税込2500円)。「〇〇ほー」とは、ファン同士の間でひいきチームが勝利した時にSN...

関連するニュースを読む

【ロッテ】沢村拓一、益田直也が今季初の対外試合登板 沢村は10球で3者凡退、益田も無失点

ロッテ沢村拓一(2024年2月10日撮影)

<練習試合:オリックス6-0ロッテ>◇28日◇宮崎・清武ロッテ沢村拓一投手(35)、益田直也投手(34)が今季初めて対外試合に登板した。 背番号を11に変更して新シーズンに臨む沢村は、5回に3番手で登場。オリックス野口を直球で一ゴロ、代打セデーニョをスプリットで空振り三振、代打来田を直球で遊ゴロと、10球で3者凡退に切った。 6回は、通算250セーブまであと...

関連するニュースを読む

【巨人】那覇キャンプを打ち上げ 阿部監督、畠世周とルシアーノを「2軍に再合流させます」 

壁に向かって投げる巨人畠(撮影・江口和貴)

巨人畠世周投手(29)と育成のエルビス・ルシアーノ投手(24)が1軍から2軍への合流が決まった。 28日、那覇キャンプを打ち上げた後、阿部監督が「2軍に再合流させます」と話した。 畠はヤクルトとの25日オープン戦で2回3安打1失点。ルシアーノはオープン戦の24日広島戦で1回1安打無失点だった。ともに13日の宮崎キャンプから1軍に昇格していた。 ルシアーノ(...

関連するニュースを読む

【楽天】球団創設20周年の開幕投手は早川隆久 今江敏晃監督「さらなる飛躍をしてもらいたい」

楽天早川隆久(2024年2月23日撮影)

楽天今江敏晃監督(40)が28日、今季の開幕投手に早川隆久投手(25)を指名したと発表した。開幕戦は3月29日、楽天モバイルパークで西武と対戦する。 プロ4年目の早川は昨季、17試合登板で6勝7敗、防御率3・44。新シーズンの実戦機会では練習試合2試合に先発登板し、17日阪神戦(宜野座)は2回無安打無失点、23日ロッテ戦(糸満)は3回3安打無失点だった。 初...

関連するニュースを読む

コラム

糸原健斗「許す心」青柳晃洋「よいしょ」プロ野球選手が実践する夫婦円満の秘訣
野球手帳

宗山だけじゃない ドラ1目指す最速154キロ&186センチ明大・浅利太門の静かなる闘志

ガッツポーズを決める明大・宗山(左)と浅利(2023年12月21日撮影)

今秋ドラフトで明大・宗山塁内野手(3年=広陵)に注目が集まる中で、もう1人。静かに闘志を燃やす選手がいる。 最速154キロを誇る右腕、明大・浅利太門投手(3年=興国)だ。「宗山がドラ1で行くと思うので、自分もドラ1を目指しています。追いつきたい。宗山に負けたくない気持ちもあります」と力を込めて話した。 14年連続のNPB指名継続中の名門大は、宗山がすでに熱視...

野球の国から

ライアン・ブレージャー、手術、戦力外、日本も1年経験/世界一へ共闘する仲間たち

<大谷と由伸の相棒たち>いい時も、悪い時も、これもまた人生。浮き沈み、アップダウン…と紆余(うよ)曲折が続く流れは、米国では時折、「ジェットコースター」に例えられる。ドジャースのベテラン救援右腕、ライアン・ブレージャー投手(36)の野球人生は、まさに遊園地のジェットコースターのように目まぐるしく、スリリングだった。 広島時代のブレージャー(登録名ブレイシア)...

野球手帳

侍ジャパン入り関大・金丸夢斗「いつ一気に成長するかわからない」“無名”高校生たちの星になる

関大・金丸夢斗(2024年2月14日撮影)

「1番 センター近本」 先発メンバーを伝えるアナウンスに、沖縄セルラー那覇の三塁側から左翼のスタンドを埋めた阪神ファンがどっとわいた。 今月23日、春季キャンプも大詰めの祝日にオープン戦が始まった。沖縄ではシーズン開幕戦の前哨戦、巨人-阪神戦の好カード。阪神岡田監督は、6番・左翼の前川以外は昨年の日本シリーズとほぼ同じ先発メンバーを並べ、虎党を喜ばせた。一方...

球団別情報マイ球団設定

高校野球ニュース

【センバツ】低反発バット公開 高校日本代表の小倉全由監督「芯にしっかり当てていかないと」

新基準金属バット(左)の材料、形状と旧基準バットの材料、形状(撮影・垰建太)

第96回選抜高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)から反発力を抑えた新基準の金属バットが導入されることを受けて日本高野連は27日、横浜市内の日本シャフト株式会社のバット製造工場を報道陣に公開した。 今春から導入される背景には、打球による負傷事故を防止する目的がある。バットの最大直径が従来より3ミリ短い64ミリとなり、打球部は3ミリから4ミリと厚くなる。打球初...

関連するニュースを読む

【一覧】センバツ出場32校完全データ A評価は5校 部員数 主な卒業生付き

<第96回選抜高校野球:選考委員会>◇26日第96回選抜高校野球大会の選考委員会が大阪市内で行われ、出場32校が決定した。日刊スポーツのA評価は青森山田、作新学院(栃木)、星稜(石川)、大阪桐蔭、広陵(広島)の5校。大会は3月8日に組み合わせ抽選が行われ、同18日、甲子園球場で開幕する。 センバツ出場校完全データ

関連するニュースを読む

北海と別海が道庁表敬訪問 北海・金沢主将「昨夏以上の成績」別海・中道主将「まず1勝」

肩を組んでガッツポーズする北海の金沢主将(左)と別海の中道主将(撮影・石井翔太)

第96回選抜高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)に出場する北海道代表の北海と21世紀枠で甲子園初出場する別海が26日、そろって北海道庁を表敬訪問し、センバツに向けて鈴木直道知事から激励を受けた。昨年の秋季道大会準決勝で対戦した2校が一堂に会し、センバツに向けた決意を新たにした。 北海の秋山秀司校長と別海の織井恒校長が鈴木知事にセンバツ出場を報告。北海の金沢...

関連するニュースを読む

21世紀枠・別海が鹿児島合宿終了、島影監督「土の上で練習ができて有意義なキャンプに」

鹿児島合宿を終えた別海ナイン(同校提供)

第96回選抜高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)に21世紀枠で初出場する別海が25日、鹿児島県での合宿を終えて帰道した。 現地で練習を行った8日間のうち、2日を悪天候により屋内練習に切り替えたが、北海道の冬期間ではできない屋外練習は貴重なものになった。島影隆啓監督(41)は「雨も多かったが、土の上で練習ができて有意義なキャンプになったと思う」と合宿を総括し...

関連するニュースを読む

8年ぶりセンバツ 関東第一・高橋徹平「自分たちの行動は見られている」21日都庁訪問

黒板に書かれた「全国制覇」の前でガッツポーズを決める主将の関東第一・高橋(撮影・佐瀬百合子)

第96回選抜高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)に出場する関東第一(東京)が24日、1日練習を行った。アップ、キャッチボール、打撃練習、投内連携、内野ノックなどで元気に声を出しながら汗を流した。 センバツまで、すでに1カ月を切っている。21日にはチームで都庁へ訪問し、小池百合子都知事(71)の前で必勝を誓った。 高校通算44本塁打を誇る主将の高橋徹平内野手...

関連するニュースを読む

大学・社会人野球ニュース

全日本大学野球連盟、日本学生野球協会がともに会長を再任

八田英二氏(2022年11月17日撮影)

全日本大学野球連盟と日本学生野球協会は28日、都内で評議員会・理事会を開き、役員改選を行った。 全日本大学野球連盟の長谷山彰会長(71)と日本学生野球協会の八田英二会長(74)が、ともに再任。任期は2年。 また、令和5年度の事業報告と決算報告を、いずれも承認。令和6年度事業計画と予算についても報告し、了承された。

関連するニュースを読む

慶大・清原正吾が「5番清原」の座にまた近づく 枕崎での試合に「鹿児島は気温も人も…」

強い当たりが左飛に終わり悔しがる慶大・清原(撮影・金子真仁)

<薩摩おいどんカップ:青学大8-4慶大>◇26日◇枕崎市営野球場慶大・清原正吾内野手(新4年=慶応)が大学ラストイヤーに中軸を任される可能性が出てきた。 26日、鹿児島・枕崎市内で行われた「薩摩おいどんカップ」の青学大戦に5番一塁で出場。第1打席で三塁強襲安打を打つと、9回に第4打席が回った。 8回の守備を終えると「よっしゃ、行くぞ行くぞ行くぞ行くぞ!」と叫...

関連するニュースを読む

プロ注目の青学大・西川史礁、仕上がり上々3安打2打点 鹿児島まで西武&巨人スカウトが視察に

今秋ドラフト1位候補の青学大・西川(撮影・金子真仁)

<薩摩おいどんカップ:青学大8-4慶大>◇26日◇枕崎市営野球場今秋ドラフト上位候補の青学大・西川史礁外野手(新4年=龍谷大平安)が仕上がっている。 慶大戦に「4番中堅」で出場。2点を追う初回、先頭大手から3連打が生まれると、しっかりと左前へ同点適時打。第2、第3打席も安打を放ち、第4打席も深い中犠飛。3安打2打点の活躍だった。 九州最南西端の球場というアク...

関連するニュースを読む

ビルドアップの青学大・大手晴が慶大戦で本塁打含む快打連発 DeNA度会は横浜高時代の球友

慶大戦で本塁打を放った青学大・大手(撮影・金子真仁)

<薩摩おいどんカップ:青学大8-4慶大>◇26日◇枕崎市営野球場青学大・大手晴外野手(新4年=横浜)が勝利への道を切り開いた。 2点を先制された初回、1番打者として初球をレフト前へ。チームは大手からの4連打で、すぐさま3点を奪い逆転に成功した。 今秋ドラフト1位候補の西川史礁外野手(新4年=龍谷大平安)も「自分たちに流れを持ってくる、最高の1番打者だったと思...

関連するニュースを読む

西武フロント憧れ父の前で投球 慶大1年生の広池浩成は「今年155キロを出したい」と意気込む

慶大の新2年生右腕、広池浩成投手(撮影・金子真仁)

<薩摩おいどんカップ:青学大8-4慶大>◇26日◇鹿児島・枕崎市営野球場西武の広池浩司副本部長兼編成統括(50)がスタンドでつぶやいた。 「マウンドがちょっと気になったかな…?」 試合後、慶大先発の広池浩成投手(新2年=慶応)にその言葉を代わりに伝えると「あっ、そう言ってましたか?」と目を丸くした。「まぁ、でもそれはあまり言わないようにします」と表情を引き締...

関連するニュースを読む