au版ニッカンプロ野球

注目コーナー

新着ニュース

データが証明、巨人が獲得調査する西武野上の魅力

6月、交流戦巨人戦で陽岱鋼を見逃し三振に仕留める西武野上(2017年6月6日撮影)

 巨人が獲得調査を進める西武野上亮磨投手(30)は今季、飛躍的に進化を遂げた。球速では、自己最速を更新する149キロをマーク。キャリアハイの11勝は周知の事実...

関連するニュースを読む

オリックス若月500万円増、侍捕手陣を手本に変身

オリックス若月健矢(2017年7月22日撮影)

 オリックス若月が20日、大阪市内で契約更改交渉に臨み、500万円アップの2000万円でサインした。  プロ入り最多の100試合に出場。アジアNO・1を勝ち取...

関連するニュースを読む

阪神桑原10年目で初タイトル、最優秀中継ぎ賞受賞

最優秀中継ぎ投手賞のトロフィーを手に笑顔を見せる阪神桑原(撮影・横山健太)

<NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD>◇20日  苦労が報われた。阪神桑原謙太朗投手(32)が20日、東京都内で行われた「N...

関連するニュースを読む

阪神岡崎感動料400万円増、13年目で初任給超え

アップで契約更改を終え笑顔をみせる岡崎(撮影・清水貴仁)

 苦節13年目の“初任給超え”だ!! 阪神岡崎太一捕手(34)が20日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、400万円増の1700万円でサインした。04...

関連するニュースを読む

スイッチ挑戦の阪神江越、箸も左で「まずは慣れる」

スイッチヒッター転向の阪神江越は、左打席で打ち込む(17年11月19日撮影)

 今秋の安芸キャンプから左打ちに挑戦する阪神江越大賀外野手(24)が日常生活も“スイッチヒッター”になりきる。左打ちを始めて、まだ数日だが、的確にミートし、キ...

関連するニュースを読む

球団別情報マイ球団設定

記事ランキング

データが証明、巨人が獲得調査する西武野上の魅力

6月、交流戦巨人戦で陽岱鋼を見逃し三振に仕留める西武野上(2017年6月6日撮影)

 巨人が獲得調査を進める西武野上亮磨投手(30)は今季、飛躍的に進化を遂げた。球速では、自己最速を更新する149キロをマーク。キャリアハイの11勝は周知の事実...

巨人高木京介180万増で再契約、支配下契約も視野

巨人高木京介(2017年11月11日撮影)

 育成の巨人高木京が180万円増の年俸410万円で再契約を結んだ。  野球賭博に関与したとして1年間の失格処分を受けて復帰し「もう1回、野球をやらせていただけ...

13年目阪神岡崎400万増、新人時代の年俸初超え

アップで契約更改を終え笑顔をみせる岡崎(撮影・清水貴仁)

 阪神岡崎が20日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、400万円増の年俸1700万円でサイン。  6月にプロ初本塁打を放ち翌日プロ初サヨナラ打と猛...

オリックス若月500万円増、侍捕手陣を手本に変身

オリックス若月健矢(2017年7月22日撮影)

 オリックス若月が20日、大阪市内で契約更改交渉に臨み、500万円アップの2000万円でサインした。  プロ入り最多の100試合に出場。アジアNO・1を勝ち取...

西武源田ぶっちぎり新人王 来季の目標は失策1ケタ

最優秀新人を受賞し笑顔でガッツポーズする中日京田(左)と西武源田(撮影・横山健太)

<NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD>◇20日  「NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD」...

コラム

番記者コラム・中日

侍で目立った又吉と京田、今後のキャラ立ちに期待

韓国戦に登板した又吉(2017年11月19日)

 中日の現場を3週間離れて侍ジャパンに密着していた。中日から代表に選ばれた又吉、京田はともに意外なほど目立っていた。  中日のネックストラップを着けて取材中の...

番記者コラム・オリックス

侍近藤大亮と若月健矢、今永ら同世代から技術吸収

ブルペンでの投球を終え若月(右)と話す山崎康(2017年11月10日撮影)

 日本シリーズの次は、侍ジャパンだ。担当球団であるオリックスの取材機会が減ってるなあと感じていると、ここにも自チームを離れて時間を過ごす選手がいた。近藤大亮投...

番記者コラム・楽天

枡田慎太郎、戦力外の後輩中川に「男」の振る舞い

楽天枡田慎太郎(2017年8月23日撮影)

 シーズンが終わると始まる戦力外通告。  楽天でも、育成選手を含めて計14選手が、戦力外通告を受けた。  10月28日、第1弾が発表された。その中には05年高...

番記者コラム・阪神

奮闘中の「熱血」新井コーチ、間違いなく指導者向き

植田にトスを上げる新井2軍育成コーチ

 新米コーチが奮闘中です。「大変やね。選手時代の方が楽だった気がする」。そう苦笑いするのは新米コーチ、新井2軍育成コーチだ。今季限りで現役を引退し、指導者に転...

番記者コラム・巨人

高橋監督の信頼感「それは小林の骨に聞いてよ」

巨人高橋監督(右)と小林誠司

 巨人高橋監督の担当となって2年。日々の質疑応答の中で1番好きな切り返しがある。昨年6月。正捕手の小林が左肩を骨折したときのこと。復帰見込みを聞かれた指揮官は...

高校野球ニュース

広島1位中村奨成持ってる、広陵最後の試合で本塁打

広島商広陵定期戦で本塁打を放つ広島ドラフト1位中村奨成

 高校通算45号を豪快にかっ飛ばした。広島ドラフト1位の中村奨成捕手(3年=広陵)が19日広島市内で、「広商-広陵定期戦」に臨み、第3打席で左翼ポール際に勝ち...

関連するニュースを読む

盛岡大付・平松が八戸学院大合格、4年後プロ目指す

盛岡大付・平松投手(17年10月8日撮影)

 春夏連続で甲子園8強入りした盛岡大付(岩手)のエース右腕、平松竜也(3年)が八戸学院大(青森・北東北)に合格したことが17日、分かった。今夏の甲子園準々決勝...

関連するニュースを読む

新潟県高野連、長岡大手をセンバツ21世紀枠に推薦

 新潟県高校野球連盟は14日、来春の21世紀枠選考会議を開催し、県の候補校に長岡大手の推薦を決定した。また一般選考枠での出場候補校には、いずれも北信越大会に出...

関連するニュースを読む

明徳V、馬淵監督11日母死去も隠して告別式に出ず

優勝し引き揚げる馬淵監督(右)(撮影・鈴木正人)

<明治神宮野球大会:明徳義塾4-0創成館>◇14日◇高校の部決勝◇神宮  高校の部は、明徳義塾(四国・高知)が、創成館(九州・長崎)を4-0で下し、36年ぶり2...

関連するニュースを読む

明徳V、日体大と星槎道都大が決勝へ/明治神宮詳細

<明治神宮野球大会>◇14日◇高校の部決勝、大学の部準決勝◇神宮 明徳義塾(高知)が創成館(長崎)を下し、1981年以来36年ぶり2度目の優勝を果たした。四国地...

関連するニュースを読む