上へ戻る

au版ニッカン芸能!

フジ宮内社長「抜群」夕方帯の加藤綾子アナに期待

新着ニュース

フジ宮内社長「抜群」夕方帯の加藤綾子アナに期待

フジテレビ宮内正喜社長(2017年6月16日撮影)

フジテレビの定例会見が22日、東京・台場の同局で行われた。

来月1日に開局60周年を迎えることに、宮内正喜社長(75)は「昔とはさまざまな変化が起きている。デジタル化、グローバル化に対応していかなくてはならない。今までの組織を白紙にするつもりで、改革して行きたい。新たな開局として取り組んでいきたい」と話した。具体的な改革については「フジテレビという社名!テレビという業態に限らなくなった。それくらいの気持ち、意気込みです」と社名変更にも踏み込んだ。

また、16年4月いっぱいで同局を退社した、カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子(33)が、夕方の帯ニュース番組「プライムニュース イブニング」の後番組のキャスターを務める。宮内社長は「抜群の知名度とスタジオでの存在感、抜群のアナウンス力がある」と期待を口にした。

関連するニュースを読む

フジ宮内社長ドッキリ発言「社名変える意気込み」

フジテレビ宮内正喜社長(2017年6月16日撮影)

フジテレビ宮内正喜社長が22日、都内の同局で定例会見を行った。

3月の開局60周年に向け「フジテレビという社名を変えるくらいの意気込みで変化していく」と発言。実際に変えるわけではないとしながらも「今までの組織を白紙にするつもりで、新しい開局としてさまざまな施策をとっていく」と話した。

施策の具体案については「私の頭の中も白紙でありまして」とジョークを飛ばし、定期異動までに組織改革、人事異動を行うとした。

関連するニュースを読む

最優秀賞は200万円 別所哲也がコンテストをPR

「ギンザ・ショートフィルム・コンテスト」の会見に出席した別所哲也

俳優別所哲也(53)が22日、東京・銀座で「ギンザ・ショートフィルム・コンテスト」の開催発表会見に出席した。

文化の発信拠点としての魅力を国内外に広めることなどが目的で、「型やぶり」をテーマに5分以内の映像を募集する。応募期間は4月26日までで、授賞式は5月下旬。最優秀賞には200万円が贈られる。

審査員を務める別所は「銀座は大人の街。革新的な動きをうれしく思います。どんな作品が集まってくるか、審査員として楽しみ」と話した。

別所は「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」の代表を務めており、「ギンザ-」の最優秀作品は「ショートショート-」で上映される。

関連するニュースを読む

生駒里奈、乃木坂7周年を祝福「歌い継がれて…」

生駒里奈(2018年6月29日撮影)

元乃木坂46の生駒里奈(23)が、古巣のデビュー7周年を祝福し、自身のソロ曲「水玉模様」について「歌い継がれていって欲しい」との思いをつづった。

生駒は、乃木坂のデビュー7周年記念ライブが京セラドーム大阪で行われた21日、インスタグラムのストーリーを更新。「水玉模様」も披露されたことを受け、「水玉模様はね、1番歌い継がれていって欲しいよね」とつづった。

続けて「今のアイドルグループ 卒業があるならば新しいメンバーに次を託す。それをかっこよく出来たらそれはずっとかっこよく続くんじゃないかなぁと、生駒は思う。あくまで生駒はね」とし、「乃木坂46 7歳のお誕生日おめでとう」と祝福。「私、生駒里奈も今日でデビュー7周年 8年目に向けて より、頑張っていかねば 今は毎日筋肉痛です」とつづった。

関連するニュースを読む

モモコが堀ちえみ応援のメール送ったことを明かす

ハイヒール・モモコ

お笑いコンビ、ハイヒールのモモコ(55)が22日、大阪・MBSテレビ「ちちんぷいぷい」(関西ローカル)に出演し、親交の深い堀ちえみ(52)にエールを送った。

番組冒頭で口腔(こうくう)がんの手術を受ける堀が同日朝、「行ってきます」のタイトルで公式ブログを更新したことを伝え、全文を紹介した。離れて暮らす長男が新幹線に乗って病室に来てくれたことに「家族のきずなですね」とつづった。

子どもが同じ幼稚園に通っていたというモモコは「とにかく家族が仲良し。家族とご飯を食べるのが毎日の楽しみというぐらい」と話した。「『いろんな病気してもいつも元気になって帰ってくるやん』『その後にいつも楽しいことが待っているね』ってメールを送った」と明かした。

大平サブローは、更新されたブログに「おだやかな、落ち着いた文章ですね」と話した。

堀は同番組の木曜日にレギュラー出演。同番組の出演者も手術の成功を祈った。

関連するニュースを読む

韓国エンタメ特集

3年ぶり、お茶の間復帰!ヒョンビン「アランブラ宮殿の思い出」制作発表会見

映画「コンフィデンシャル/共助」最新作の「猖獗(原題)」など、ここ数年をスクリーンで活躍している俳優ヒョンビン(36)が、ドラマ「アラハンブラ宮殿の思い出(原題)」で3年ぶりにお茶の間へ帰ってきました。ビジネスのため、スペイン・グラナダを訪れた工学博士出身で投資会社のオーナーのユ・ジヌが、偶然出会ったAR(拡張現実)ゲームを手に入れようとしたところ、奇妙な事件に巻き込まれるストーリー。11月28日、ソウルで行われた制作発表会見では、これまで挑戦したことのないARゲームが題材の作品に臨んだ感想や今作に込めた思いを語りました。

ヒョンビン(写真提供:THE FACT JAPAN)

--自己紹介をお願いします

アン監督 演出のアン・ギルホです。

ヒョンビン ユ・ジヌ役のヒョンビンです。久しぶりにブラウン管でみなさんにお会いすることになりましたが、たくさんの方に楽しんでいただけたら幸いです。

シネ チョン・ヒジュ役のパク・シネです。長い時間をかけ、一生懸命作っています。とても新しいドラマなので、楽しみにしていただければと思います。

ウィソン 教授チャ・ビョンジュン役のキム・ウィソンです。視聴者の方が今まで経験しことがない驚きがある作品だと思います。

フン チャ・ヒョンソク役のパク・フンです。魔法のような作品にご一緒することができて大変うれしく、ありがたいです。

--企画意図に、古代の魔法と現代の科学を下に、人間の探求心と好奇心を追及するとあります。ヒョンビンさんは以前、作品選びの基準は「違う視点」「違うもの」にあるとおっしゃいましたが、今作はどのような「違い」がありましたか。

ヒョンビン いつもそういう気持ちがあります。作品選びの際、少しでも違う部分を探して挑戦する方ですが、拡張現実(AR)を本格的に扱ったのは、韓国初だと聞いています。それが表現されたときに、その新鮮さや刺激、そして、楽しさが視聴者に伝わるだろうかという好奇心がありましたし、俳優として新しいものをみなさんにお見せするというのは、とても魅力的なことだと思います。

左からヒョンビン、パク・シネ、キム・ウィソン(写真提供:THE FACT JAPAN)

--ヒョンビンさんは3年ぶり、シネさんは2年ぶりのドラマ復帰。感想はいかがですか。お二人の相性についてもお願いします

シネ ARという題材がとても斬新で、ゲームが持つ楽しさだけではないメッセージがほかにあると感じました。ドラマをご覧になる方も共感できると思いましたし、その点が気に入りました。そして、ヒョンビン先輩は、撮影現場でうまくリードしてくださるので、すごく気楽に撮影させていただいています(ヒョンビン、シネともに笑顔)。

ヒョンビン このような話しをみなさんに見せられるのが楽しみです。そして、シネさんとは今作が初めてですが力とセンスを持っていて、演技への情熱はさらに持っていると思います。おかげでとても刺激を受けています。

パク・フン(写真提供:THE FACT JAPAN)

--ARの中で演技するのは難しくなかったですか

ヒョンビン ドラマでは、ジヌの会社が作ったスマートレンズを目にはめてゲームに臨みますが、そのレンズをはめてない人はゲームの状況が見えません。だから、キャラクターと戦ったり、武器をかわしたりするのは、ゲームに参加していない第三者から見ると変に見えるわけです。そのため、多様なアングルで撮影したり、僕の視点や第三者の視点で撮らなければならなかった。だから、最初は慣れませんでしたが、撮影を重ねるたびに僕自身のレベルが、ゲームのようにどんどんアップしていきました。(笑いが起こる)。

--フンさんは剣術アクションを演じるために相当な準備が必要だったのでは?

フン 一生懸命準備しましたが、ヒョンビンさんの場合、アクションがうまい上に構えというか、そのシルエットがすばらしくて、見ているとつい鑑賞してしまうんです(笑いが起こる)。どんな差があるのか悩んでいますが、身体のバランスや経験値が違うと思います。

パク・シネ(左)とヒョンビン(写真提供:THE FACT JAPAN)

--最後に見どころを教えてください

アン監督 ゲームだけではなくロマンスがあり、ジヌとヒジュの間でどんなことが起こるのか、それがゲームにどのような影響を与えるのかを注意深く見ていただければと思います。

ウィソン これまでみなさんが経験したことのないドラマだと確信しています。また、ヒョンビンさん、シネさんの共演があるだけに、ただ、テレビをつけて楽しんでいただければと思います。

シネ メロ、ファンタジー、サスペンス、スリラーまで、多様なジャンルを持っているドラマだと思います。台本を初めていただいたとき、ひたすら集中して読みました。それだけ魅力的な力がある作品だと思っています。

ヒョンビン ARという言葉そのものが、まだなじみがありませんが、僕が知っている限りでは、すごく進んでいる技術だと聞いています。ドラマではゲームとして描かれますが、将来には私たちの身近にある科学技術だと思います。そんな題材を使ったドラマをぜひ新鮮に感じていただき、もうすぐやってくるある未来だと想像しながら見ていただければ、より楽しめると思います。

ヒョンビン(写真提供:THE FACT JAPAN)

キム・ウィソン(写真提供:THE FACT JAPAN)

パク・シネ(写真提供:THE FACT JAPAN)

パク・シネ(左)とヒョンビン(写真提供:THE FACT JAPAN)

左からパク・フン、ヒョンビン、パク・シネ、キム・ウィソン(写真提供:THE FACT JAPAN)

◆STORY

ゲーム専門の投資会社のオーナーを務めるユ・ジヌが、ビジネスのため、スペイン・バルセロナを訪れた夜、ARゲームを作ったというセジュからの電話を受ける。2人はグラナダにあるボステル「ボニータ」で落ち合うことにする。そこで、セジュを待っている間に彼が送ってきたARゲームを体験したジヌは、そのすばらしい出来栄えに感動し、必ずこのゲームの権利を買うため、セジュとの交渉を進めようとするが、本人との連絡がなぜか途絶えてしまう。そんな中「ボニータ」の主・ヒジュが彼の姉であることが分かり、ジヌはゲームのためにとんでもない提案をする。だが、セジュのゲームがほしいライバル会社のオーナーのヒョンソクもグラナダに来ていることに気づく。偶然、ゲームの中のユーザーとして対面した2人は、後に敵となって対決に臨むが、そこで予想もつかない事件が起きてしまう。

◆ヒョンビン 1982年9月25日生まれ。02年、低予算映画「シャワー」に出演したが資金問題で制作中断になり、翌年、ドラマ「ボディーガード」のストーカー役でデビューした。05年、視聴率50%超えの大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」の主人公・ジノン役で人気を博すようになり、その後、ドラマとスクリーンで活躍中。趣味はガンプラ作り。中央大学芸術大学院・公演映像学科在学中。184センチ、B型。

(テキスト:THE FACT JAPAN 安宰範)

ジェリー・イェン 祝!日本公式ファンクラブ設立10周年

ジェリー・イェン ファンミリポート

「時間がたつのが早いですね。年を取りました(笑い)」

ファンも一緒に「流星雨」を大合唱

ジェリー・イェン (C)DRAMADREAM ENTERTAINMENT/deemade

台湾俳優ジェリー・イェンの日本公式ファンクラブ設立10周年を記念したファンミーティング「感恩十週年」が10月16日、都内で行われた。

ジェリーといえば01年、「花より男子」の台湾版ドラマ「流星花園~花より男子~」で道明寺司を演じ、F4メンバーとして大ブレーク。この日、会場を埋めたのは、当時から応援を続けるファンが多かった。

ジェリー・イェン (C)DRAMADREAM ENTERTAINMENT/deemade

「ジェリー!」の掛け声で照れくさそうに登場すると、「お久しぶりです。時間がたつのが早いですね。年を取った」と日本語であいさつして笑わせた。おなじみの通訳、サミュエル周さんを相手に、リラックスした様子のジェリー。選ばれたファンと出演ドラマのポスター風写真を撮ったり、リップクリームを塗ってあげたり、一緒にイヤホンで音楽を聴いたりとファンサービスに努めた。

アンコールの最後はファンも一緒に「流星雨」を大合唱。「いつも応援してくれてありがとうございます。これからもずっとこんな僕のそばにいてください。僕は皆さんのことが大好きです。ありがとうございました」と日本語の手紙を読み上げ、名残惜しそうにゆっくりと舞台を後にした。

ジェリー・イェン ファンミーティングの模様 (C)DRAMADREAM ENTERTAINMENT/deemade

ランキング

「翔んで埼玉」さいたまんぞうブレーク狙う/その1

「翔んで埼玉」の看板の前でポーズする、さいたまんぞう

22日公開の映画「翔んで埼玉」の挿入歌「なぜか埼玉」を歌う歌手さいたまんぞう(70)が、古希でのブレークを狙っている。

「なぜか-」は♪なぜか知ら~ねど~ 夜の埼玉は~ と、メロウな音楽に乗ってナンセンスな歌詞を淡々と歌う。「どこかしこも」「右も左も」「西も東も」「北も南も」と振って「みんな埼玉」「すべて埼玉」と受ける。01年に合併で浦和市、大宮市、与野市が、05年には岩槻市も加わった、埼玉県の県庁所在地「さいたま市」の現状を予言していたかのような歌だ(笑い)。

二階堂ふみ(24)Gackt(40)主演の「翔んで-」は、東京に冷遇される埼玉の姿を面白おかしく描き、爆笑&失笑のコメディー映画。80年にタモリ(73)の深夜ラジオ、ニッポン放送「オールナイトニッポン」から火が付いてヒットした「なぜか-」が、劇中で印象的に流れている。

元々はGSのバンドボーイから始めて、ホストクラブに入っているバンドでドラムをたたいていた。ドラムの先輩が自主制作で埼玉のご当地ソング「なぜか-」を発表する時に、歌い手として白羽の矢が立った。

「演歌調の曲を『こぶしをつけずに歌う』という条件で頼まれました。歌を勉強している人や、歌手も目指している人はダメだということでしたと。それまでは、人前で歌なんて歌ったことがありませんでした」

80年2月26日、タモリが「オールナイト-」の中で「変な面白い曲がある」と紹介したことで火が付いた。全国ネットの同番組で、売れっ子タモリの一押しとあってブームが押し寄せた。翌81年4月5日には、フォーライフ・レコードからメジャー発売。12万枚のスマッシュヒットとなった。

「努力もしてないし、お金もかけてない。サザンオールスターズの桑田佳祐さんが、電話で『タモさん、誰が仕掛けているの』と尋ねたという話を聞いたことがあります」

「ダ埼玉」とからかわれていた、地元埼玉の反応は微妙だった。

「半分、半分の反応でした。曲がはやって、若い女性が『埼玉から引っ越したい』と言い出したという記事が、新聞に載ったことがありました。お笑い心をもっている人は『埼玉の詩を作ってくれてありがとう』と言ってくれたんですが…」

曲がブームになって、さぞや大もうけしただろうと思われる。

「自費出版した先輩が全部、フォーライフに売り渡しました。僕には何の相談もありませんでした」

フォーライフレコードは“フォーク界の巨人”である小室等、吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげるが設立したレコード会社。演歌の営業のノウハウがまるでなかった。

「曲がブームになっているのに、地方営業の仕事は1本もなし。『オールナイト-』は全国ネットの人気番組でしたから、北は北海道から南は沖縄まで回れたはずなんですが。フォーライフは、僕の家の電話番号を知りませんでした。普通だったらマンションの部屋の1つや2つは残ってたかもしれないんですがね(笑い)」

待遇はフォーライフの宣伝部所属ということで、月に10万円の給料。

「他の歌手と一緒にステージとかに出たことはありませんでした。話題にはなったけど、タレントとしては忙しくならなかった。誰も、その姿を見たことがないから『芸能界のツチノコ』って言われてました(笑い)。一度、覆面歌手の正体が分かったということでテレビ、ラジオに出まくりの期間がありましたけど、2カ月で終わりました」(続く)

◆さいたまんぞう 1948年(昭23)19月9日、岡山県美咲町生まれ。津山基督教図書館高卒業後、上京。グループサウンズのバンドボーイ、俳優浜畑賢吉の付き人を務める。80年、「なぜか埼玉」がヒットし、さいたまんぞうを芸名に。その後、司会、リポーターとして活動。中学、高校時代は野球部。独身。174センチ、68キロ。血液型O。

銀座のイルミネーションの前でポーズする、さいたまんぞう
ポーズをとる、さいたまんぞう(撮影・鈴木正人)

小島慶子、佐藤優樹の水着NG発言に「とても共感」

小島慶子

元TBSアナウンサーでエッセイストの小島慶子(46)が、モーニング娘。’19の佐藤優樹(19)が写真集で水着姿を披露しない理由について語った発言を受け、「とても共感」と支持した。

佐藤は16日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」に出演し、昨年出版された写真集「三角の硝子」で水着カットを入れなかったことについて言及。「私たちが水着になります、(写真集の値段は)3000ナン円です、でも私たちには7割も入ってこないんですよ。そんな安いの嫌だ。水着を軽々しく考えてる脳みそをどうにかした方がいいんじゃないかな」と訴え、「水着も下着とほぼほぼ変わらない」と持論を展開。プライベートで海やプールに行く場合も、水着にならずパーカーとズボンを着ていると語った。

明石家さんまから「仕事やからな、ファンが見たいねんから」と諭されるも、「仕事なのはわかります。仕事なら私に1億8000万円欲しい。ヌードは600億円」と反論。「お前の裸、そんな値打ちあるの?」と驚くさんまに、「(値打ちは)ひとりひとりみんなありますよ。全員に」と主張した。

この発言は反響を呼び、小島も21日、ツイッターで言及。「私の体は、私のもの。着るも着ないも、見せるも見せないも、私が決める!という表明にはとても共感」と支持し、「考えるべきは『アイドルは水着になるべきか否か』じゃなくて『アイドルはNOと言っていいのか否か』ってこと。嫌なら断固NOと言っていいんだよ。アイドルも、あなたも私も」とつづった。

モモコが堀ちえみ応援のメール送ったことを明かす

ハイヒール・モモコ

お笑いコンビ、ハイヒールのモモコ(55)が22日、大阪・MBSテレビ「ちちんぷいぷい」(関西ローカル)に出演し、親交の深い堀ちえみ(52)にエールを送った。

番組冒頭で口腔(こうくう)がんの手術を受ける堀が同日朝、「行ってきます」のタイトルで公式ブログを更新したことを伝え、全文を紹介した。離れて暮らす長男が新幹線に乗って病室に来てくれたことに「家族のきずなですね」とつづった。

子どもが同じ幼稚園に通っていたというモモコは「とにかく家族が仲良し。家族とご飯を食べるのが毎日の楽しみというぐらい」と話した。「『いろんな病気してもいつも元気になって帰ってくるやん』『その後にいつも楽しいことが待っているね』ってメールを送った」と明かした。

大平サブローは、更新されたブログに「おだやかな、落ち着いた文章ですね」と話した。

堀は同番組の木曜日にレギュラー出演。同番組の出演者も手術の成功を祈った。

裏芸能

ニッカン番記者

Vチューバーの絶妙返しにハリウッド俳優も一喜一憂

バーチャルユーチューバーのキズナアイ

先日放送の「マツコ会議」(日本テレビ系)で「Vチューバー」を取り上げていた。

2Dや3Dのアバターを使って動画投稿や配信活動をしている人-要は自身をアニメ映像に置き換えて配信活動を行うバーチャル・ユーチューバーのことで、美少女キャラクターの正体が実はオッサンだったという裏側をのぞく趣向だった。

この番組らしい切り口は、興味深かったが、日常的にユーチューブを見る方ではないので、Vチューバーの魅力はもう一つピンと来なかった。

その実力を実感したのは、米映画「アリータ バトル・エンジェル」(22日公開)のPRイベントだ。ローサ・サラザール(33)、クリストフ・ヴァルツ(62)の主演コンビにロバート・ロドリゲス監督(50)、ジョン・ランドー・プロデューサー(58)も顔をそろえた日本のユーチューバーとの交流会でのことだ。このイベントを仕切ったのがVチューバーの代表格キズナアイだったのだ。

等身大のモニターからキズナアイが話しかけると、これが大ウケだった。サラザールは「なんと愛らしいの。できることなら家に連れて帰りたい!」。悪役の印象が強いヴァルツも顔を崩して「恋人はいるの?」。当意即妙な答を返し、そばによると手を握るそぶりや、ハグの動作までするキズナアイがすっかり気に入った様子だった。確かに美少女キャラとのざっくばらんなやりとりは見ていてちょっとうらやましくもなる。

「アリータ」の原作が木城ゆきとさん(51)のコミック「銃夢」であり、日本のマンガ文化へのリスペクトが背景にあるのは間違いないが、セーラー服姿のキャラクターにハリウッド俳優たちが一喜一憂する姿は驚きだった。

キズナアイの登録者数は360万人を超えるという。その理由が何となく分かる気がした。

梅ちゃんねる

制作者も「怒られそう」テレビ局買収ドラマの舞台裏

テレビ局買収の攻防戦を描くドラマ「新しい王様」が話題だ。藤原竜也×香川照之で1月にTBS深夜で放送されるや、ホリエモンこと実業家堀江貴文氏もツイッターで「やばいくらい面白い」。テレビ局の舞台裏もあけすけに描かれ、現在シーズン2が動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信されている。ハマって見ている1人として、プロデュース、脚本、演出を担当する山口雅俊氏に話を聞いた。

**********

TBS×Paraviスペシャルドラマ「新しい王様」(C)TBS

-テレビ局買収をめぐる攻防と、番組制作の舞台裏がすごい見ごたえですが、制作のきっかけは。

山口 なんとなくこういうジャンルの企画を思い描いていた時期に、企業買収を描いた「ハゲタカ」(07年、NHK)を見て。訓覇圭プロデューサーに会って、素晴らしい作品だけど登場人物たちが立派すぎるのでは、みたいなことを話しました。起業家の人たちってもっと「女性にモテたい」とか「すごいオフィスでハッタリかましたい」みたいな俗な欲求もあると思うんですよ。「立派すぎないハゲタカを作ります」と訓覇さんに宣言してようやくできた作品です。

-買収の舞台をテレビ局にした意図は。

山口 勝手知ったる業界に踏み込んだら面白いかなと。今までのテレビ局ものには物足りなさもあったので、ある程度怒られるだろうなと思いながらも(笑い)、ちゃんと取材したのでやってみようと。

-大手プロダクションのご威光のかかった女優A(夏菜)が番手を上げていくくだりは爆笑で、彼女の扱いをめぐるテレビマン同士の対立も生々しいです。

山口 「これは俺のことじゃないか」とか怒られそうですが、このドラマに特定のモデルはいません。僕が今まで会った人たちや経験、取材を複合して作っています。フジテレビを独立して15年になりますが、いま放送できるギリギリがなんとなく自分で分かるので、女優Aのああいうリアルをドラマでやってもいいんじゃないかと。

TBS×Paraviスペシャルドラマ「新しい王様」(C)TBS

-ドラマで描いている中央テレビの買収は、ホリエモンがフジテレビ、楽天がTBSに買収を仕掛けた05年あたりの騒動をベースにしているのですか。

山口 それはありません。「新しい王様」を配信で見ている新しい世代の視聴者は、あの騒動を知らないですよ。テレビ局買収を舞台にしてはいますが、描きたいのはお金と幸せの関係。ZOZOの前澤社長の月旅行とか、ゴーン前会長の報酬問題とか、お金の格差がより苛烈化して見えなくなっている時代に、お金と幸せの関係について若い人が迷って分からなくなっている。「お金もうけは悪いことだ」では何も解決しない。対極のお金哲学を持ち、互角に戦えるアキバ(藤原)と越中(香川)を通して、最終話までに答えを出す試みです。

-中央テレビを通して、放送業界の旧態依然ぶりも描かれています。相当の株を買われた状況下でも社長が役員会で「視聴率がすべてを解決する」とハッパをかけるくだりとか。

山口 視聴率はとても分かりやすい指標だから、そう考える経営者もいるだろうなと。僕がフジにいた時、上層部が「今この瞬間をもって、視聴率をとれるドラマを良いドラマとする」と言ったことがあって(笑い)、組織ってそういう名言が生まれがち。中にいてこそ面白いことってたくさんあるんですよ。

ドラマ「新しい王様」について語る山口雅俊プロデューサー

-作品と関係ないとはいえ、フジの買収騒動の時は山口さんは社員でした。当時の心境は。

山口 アキバにも言わせていることなんですけど、株をたくさん買われれば企業は身構える。何をされるんだろうって。でも、ずっと平時が続かないアラート状態も、いいことなんですよ。

-ドラマの制作現場も同時進行で面白いですよね。「同じような顔ぶれ、どこかで見たようなストーリーのドラマ作りをぶっ壊したい」と力説するディレクターも、それを全否定する上司の言葉にも説得力があります。

山口 今まで「テレビ局をぶっ壊したい」と言った人は何人もいるけど、テレビ局の社員というのはすごく居心地が良くて、その年収と地位にしがみついたら何もぶっ壊せないと。「月9をぶっ壊したい」とかもよく聞きましたけど、ぶっ壊せないだろうなあと(笑い)。

一方で、こつこつあいさつ回りをしている弱小プロダクションの社長(モロ諸岡)と新人女優(武田玲奈)みたいな、応援したくなる登場人物もたくさんいますよね。

山口 マネジャーが頭下げて渡したプロフィルが捨てられる場面というのは何べんも目撃してきて。松嶋菜々子さんのプロフィルが捨てられるのも見たことがあります(笑い)。彼女が売れて、そのプロデューサーがマネジャーへの態度をひょう変させたのも見たことがある(笑い)。

TBS×Paraviスペシャルドラマ「新しい王様」(C)TBS

-このドラマを見ていると、報道や情報番組などもいかに編集で印象を操作しがちかと分かります。メディアリテラシーの重要性は、山口さんの訴えたいことでもあるのですか。

山口 覆面をした人に自分のカード番号なんか教えないのに、ネットの空間だと教えちゃうじゃないですか。なるほどと思ったらウラもとらずにリツイートするとか。でも、そういう危険性はいつの時代もある。テレビ局の偉い人が「電車で女子高生たちがウチのドラマを絶賛していた」なんてことを、評判を知る上での重要なサンプルみたいに言っているのとか(笑い)。「電車の女子高生が言ってたから」も「ネットに書いてあったから」も、危うさとしては変わらないと思います。

-せりふにもある“テレビとネットの融合”という言葉はそれこそライブドア騒動のころからありますが、永遠のテーマなのでしょうか。

山口 SNSがなかった当時と違い、スマホの出現は大きいですよね。今はスマホを片手にテレビを見ていて、SNSに書き込んだことが拡散する時代。大手配給会社の中には、映画館もスマホ解禁にしていいんじゃないかという人もいる。スクリーン見ながらツイートしてくれた方が次の集客になると。これからは、もっと融合するんじゃないですかね。

【梅田恵子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能記者コラム「梅ちゃんねる」)

◆ドラマ「新しい王様」 TBSと動画配信サービス「Paravi(パラビ)」の共同制作。現在、第2シーズン(30分×全9話)をパラビで配信中。毎週1話ずつ、木曜日に配信しており、現在3話まで配信されている。

復活Hデスク日誌「こちら裏・文化社会部」

知人不倫疑惑男女に街で遭遇しちゃった際の対処法

<復活Hデスク日誌「こちら裏・文化社会部」>

都内の某大型繁華街を歩行中、向かい側から歩いてきた、手をつないで明らかに“ラブラブムード”だったカップルが何となく視界に入ってきた。

視界のはしでとらえた全体的雰囲気から、知っている人のような気がしたので、2人の顔におもむろに焦点を合わせると、予感がヒット。なんと、いずれも知人だったのだ。

手をつないでいる状況などから熱愛関係であることが強く疑われたが、もしそうだとするとこの2人、不倫関係ということになる。かなりの驚きとともに、筆者は心の中で「ま、まずい」とつぶやき、約0.1秒後にあくまで善意で、パッと目をそらした。

万が一、ばったり出くわす状況になると、その2人は相当気まずい思いをすることになるであろう上、今後の筆者との人間関係もおかしくなる可能性があることから、「気をつかって、見て見ぬフリをすることにした」というわけだ。

大型繁華街で知人不倫疑惑カップルと目が合う寸前になっただけでここまで緊張感に包まれるとは想定外だった(写真と本文に直接的関係はありません)

すると、筆者が目をそらした推定0.2秒後、2人は明らかにこちらの存在をキャッチしたとみられ、突然、歩みを止めた。恐らく「あ、Hさんだ…」的な言葉を小さく交わした後、不自然なアクションで約90度進路を変え、筆者と目が合わないような感じで、すぐ近くの飲食店店頭にあった宣伝看板を眺め始めたのだ。

まさに筆者の視線と、2人の視線が0コンマ何秒差かで交錯し、ギリギリ、完全にぶつかることを防げた瞬間的“攻防”と言えた。もし同時に視線がぶつかっていたら、筆者もリアクションのとりようがなく、“大事故”に発展していた恐れすらある、緊張した状況だった。

結局、筆者は、不自然に向きを変えた2人のことを「全然気づいていない」的な感じを全身からかもし出しながら、その男女の背後を自然体で歩き、通りすぎた。

大型繁華街の、広めの歩道で人通りが多く、「互いに気づかなくても、それほどおかしくない」シチュエーションだったから良かったが、こちらも妙に手に汗握ってしまい、気疲れしたのも事実。

その2人は恐らく一瞬ひやっとしつつも「8割以上の確率で筆者に気づかれていない」と思ったであろうが、もし、ほかに歩行者がいない、ごまかしようのない路地のような場所で、こうしたカップルと偶然すれ違う状況になってしまったらどうすればいいのか。

まず、日常的なスタンスとして、そもそも「そのような人が少ない場所におけるシチュエーションでは、すれ違うカップルの顔を最初から見ないようにする」という姿勢が重要か。もともと見ていないのだから、仮に知人不倫男女とすれ違ったとしても、何ごともなくその状況が終わる。

ただ、そうしたカップルを見てしまった上、視線が合ってしまった場合はどうするか。これは、相手のカップルとの関係性によるが、

<1>意地でも気づいていないフリをする。

という手が1つ。また、

<2>視線が合った直後にスマホに電話がかかってきたフリをして「エア電話」し、「視線が合ったかもしれないが、ほぼ同時に電話のほうに意識がいったため、視線が合った相手を誰だか認識しきれていない」という雰囲気をかもし出す。

という手もあるか。もしくは、

<3>完全に開き直って爆笑しながら「見ちゃった~」とツッコミを入れ、その後、絶対口外しない約束をする。

…という“荒技”もなくはないか。いや、

<4>その2人が、酒に酔った勢いで冗談でたまたま手をつないでいただけと解釈した体にしつつ「なに、酔っぱらって手をつないでるんですか!」みたいにいじっておく。

というパターンも、かなりややこしい戦法だが、状況次第では、相手に「逃げ道」を与えるという意味で有効かもしれない。

ただよく考えたら、繁華街で手をつないで歩く不倫疑惑カップルは、その時点で「知人に偶然目撃されてしまうリスク」を分かった上でそうしているわけでもあり、こっちがそこまで気をつかう必要もないかもしれない。

……みたいなことを昨日、デスクワークの際に考え始めてしまい、全体的作業が15分ほど遅延した上、気が散ったことで3案件も業務上のミスをおかした。【文化社会部・Hデスク】

インタビュー

日曜日のヒーロー&ヒロイン

立川志の輔 初主演映画、想像超えた充実1カ月
サタデージャニーズ

SixTONES京本大我 「もっと世界へ」歌で貢献

今週はジャニーズJr内グループSixTONESの京本大我(24)です。3月7日から上演のミュージカル「HARUTO」に主演。映画「少年たち」(3月29日上演)にも出演します。Jrでも屈指の歌唱力をいかして、貪欲にグループを引っ張ります。【横山慧】

★映画にも出演

ミュージカルは初主演になります。全部で23曲くらいあって、全部新曲。ソロのパートもかなりあるので苦戦してます。読み合わせを終えただけで疲労感があるくらいの量なので、体力づくりのために筋トレをしたいと思っています。筋肉マスターのSnow Manの岩本照にプランを考えてもらったトレーニングメニューをやろうと思っています。毎回作品に出る前には筋トレをするんですけど、家で上裸(上半身裸)でやるので、必ず風邪をひいちゃいます(笑い)。

恋愛ストーリーはほとんど経験したことないので、女性と一緒に歌うのもほぼ初めてです。共演する能條愛未さんはすごく頼もしいですし、実はおもしろい方だとも聞いたので、いろいろ助けてもらいたいです。僕は引っ張っていくようなタイプではないので、みんなで楽しく進んでいくような雰囲気で稽古をしていければと思っています。

映画「少年たち」での経験も、新鮮でした。試写会で初めて見た時に、ジャニー(喜多川)さんならではの演出やシーンも盛り込まれていて、歌が入ってくるタイミングとかも独特。もはや「ジャニーズミュージカル映画」という新ジャンルの作品だな、と思っています。唯一無二です。

歌という存在は自分の中で本当に大きいです。去年からユーチューブをやらせていただいて、少しずつですけどいろんな方に知っていただけてきたのかなと思うし、もっともっと大きく、世界に向けてSixTONESの名前をとどろかせられるように、自分は歌声で貢献していきたいです。1つ1つのことがチャンスだと感じて、どんどん貪欲になっています!

▼グループ

雑誌の撮影で。ありがたいことに、最近はいろんなジャンルの雑誌に出させていただくようになってきました。今までなかった世界観での撮影もあったりするので、うれしいです。

▼プライベート1

薮(宏太)くんの誕生会を開いていた戸塚(祥太)くんから「おいで」って呼ばれてカラオケに行きました。薮くんの名前が書かれたケーキを持って僕が登場して。3人ともMr.Childrenさんが大好きなので「ミスチル縛り」で歌い続けました(笑い)。

▼プライベート2

「滝沢歌舞伎ZERO」の初日公演を見に、宮近(海斗)と七五三掛(龍也)と一緒に京都まで行きました。次の日天ぷら食べておみやげ買って帰りました。

▼愛用品

1年くらい前に岩本照に誕生日プレゼントでもらったポーチです。使い勝手がよくて、ハンドクリームとか乳液とか、爪切りとか入れています。

◆京本大我(きょうもと・たいが)

1994年(平6)12月3日、東京都生まれ。06年ジャニーズ事務所入り。15年ミュージカル「エリザベート」でオーストリア皇太子ルドルフを演じた。174センチ。血液型B。

◆「HARUTO」

昨年上演のミュージカル「恋する■ヴァンパイア」のスピンオフ。京本は「ヴァンパイア貴公子」と呼ばれるハルトを演じる。3月7~13日に東京・品川プリンスホテルクラブeX、同16日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。※■=ハートマーク

ズームアップ

川栄李奈 「3年A組」に出演 年重ねて味出したい

川栄李奈さん

 2月12日で24歳。今年の誕生日も制服の役で迎えた。ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日テレ系、日曜夜10時30分)で、高校生役を演じている。担任教師(菅田将暉)が人質にとった29人の生徒の1人だ。

 ちょうど1年前も映画で高校生を演じていた。「(高校生に)見えるから選んでるんだろうと思い、やろうと。さすがに来年はないだろうと思っていますけど」と笑う。

 クラスメートの自殺の真相を究明していく物語で、友達への嫉妬心を制御できなくなった少女を好演。過去に出演してきた青春学園ドラマとは違い、人の暗い部分も描いた作品だと感じている。「人ってピンチになると、助かりたいから、他人を蹴落としたりする。そういう一面って、誰もが持っていますよね」

 高校1年までは普通の高校生だったが、友人に誘われ、「ノリで」応募したAKB48に合格。最初の目標、選抜メンバー入りを遂げ、進路を見失っていたころ。出演した学園ドラマで「同世代の俳優らがかける熱量」に触れた。より幅広い作品に挑むため、AKBを卒業。立てた目標は、NHKの連続テレビ小説と大河ドラマへの出演だった。

 それからわずか3年半で、目標は達成。2016年の「とと姉ちゃん」で朝ドラ出演を果たし、大河初挑戦の「いだてん」では、ビートたけしや小泉今日子、神木隆之介らと堂々の共演中だ。番組やCMで見ない日はない存在となったが、今後の目標は?

 「光石研さんのように、年を重ねるたびに魅力を増し、味が出てくる俳優さんになりたいなと思います」

 (文・真野啓太 写真・村上健)

     *

 かわえい・りな

芸能コラム

乃木坂46寺田蘭世

乃木坂46寺田蘭世 沢山の愛をくれた衛藤美彩さん

つい、最近見ていた景色。1つ1つ大切にしたいですね。

あまりの寒さに手が震えています。

外を見てみると、雨なのか雪なのか

微妙ではありますがほんのり

雪が降ってきました。

ここ数日は寒さが我慢できません。

21日から、京セラドーム大阪にて

乃木坂46恒例のバースデーライブがあるので

ここで体調を崩したら今までの準備が

水の泡になってしまうこともあり

絶対に気を抜けません。

そんな今回のニュースは、

衛藤美彩さんの卒業発表。

一緒に道を作る途中から

先輩としてライバルとしても

そばにいた1期生の皆さん。

沢山叱ってくれて、沢山愛をくれた。

美彩さんは特にお世話になりました。

私が大きなポジションを任されたら

「おめでとう」って声を掛けてくれて…

加入したてで何も分からない中で

がむしゃらにやって、それでも

上手くいかなかったときに

「ちゃんと見てるよ」って

抱きしめてくれたのも

美彩さんは覚えてないかも知れないけど

私は覚えてます。

そんな関係でいてくれたことが嬉しかったし、

とても感謝の気持ちでいっぱいです。

ソロコンサートでの卒業は

乃木坂46としては初めてのことです。

美彩さんとの日々を大切にしたいです。

透明感がある真っ直ぐな歌声、

最後にたくさんの方の心に響く

ライブになることを祈ってます!

(ニッカンスポーツ・コム「乃木坂46寺田蘭世 NEWSがとまらんぜ」)

映画この一本

愛得るため…壮絶な女の駆け引き/女王陛下のお気に入り(アイルランド、米、英)

18世紀のイングランドを舞台に、アン女王(オリヴィア・コールマン)の愛を得ようと、女官長レディ・サラ(レイチェル・ワイズ)と侍女アビゲイル(エマ・ストーン)が、壮絶な駆け引きを繰り広げる。

日本時間25日発表の米アカデミー賞に作品賞をはじめ、9部門10ノミネートされている注目作。コールマンが主演女優賞に、ワイズ、ストーンはそれぞれ助演女優賞候補に挙がっているように、女優3人の火花の散らし合いだ。

アン女王の深い孤独とあきれさせるほどのわがままさをチャーミングに演じたコールマンと、超がつくほどの冷徹ぶりを見せるワイズ、成り上がっていくさまを体当たりで演じたストーン。3人それぞれが主演と言ってもいいくらいだ。

それにしても、悲しい愛憎劇だった。しょせんは宮廷の中で生きるしかできなかった女たちの物語。時折見せる彼女たちの空虚な表情が切なかった。

じわじわと不安をあおる音楽、魚眼レンズの多用など、時代ものとしてはかなり新鮮。驚くのはすべてを自然光で撮影していること。建物や風景、人物がより立体的に、今に近い感覚で浮かび上がってくる。【小林千穂】

(このコラムの更新は毎週日曜日です)

舞台雑話

「平成の-」で選んだ大竹しのぶ 30年で大女優に

舞台「ピアフ」の公開稽古を行った大竹しのぶ(2016年2月6日撮影)

演劇雑誌「悲劇喜劇」3月号で、「平成の演劇」を特集している。

30年間の演劇状況を現代演劇、歌舞伎、商業演劇、ミュージカルのジャンルごとにまとめたり、作り手の側から見た30年間の演劇を座談会で俯瞰(ふかん)するなど、読みごたえのある内容になっている。

その中で「私がえらぶ、平成のこの一本」というアンケートが特集されている。大ベテランの演劇評論家から、演劇を専門とする大学教授、そして私のような演劇ジャーナリストまで36人が、30年間で上演された舞台、俳優、戯曲から「この一本」をそれぞれ選んでいる。

その結果が興味深い。俳優部門で最も多かったのは、一昨年に亡くなった平幹二朗さんで、9人だった。その舞台として、蜷川幸雄演出「近松心中物語」「王女メディア」「テンペスト」から、最後の出演舞台となった「クレシダ」などが挙がっていた。続くのは大竹しのぶで、5人。舞台もライフワークとなりつつある「ピアフ」から、井上ひさしさん作「太鼓たたいて笛ふいて」、ラシーヌ作「フェードル」エウリピデス作「メディア」と多岐にわたった。滝沢修さん、坂東玉三郎、野村萬斎が各2人だった。

戯曲では、井上ひさしさんの「父と暮せば」が8人で、最も多かった。井上作品では「シャンハイムーン」や東京裁判3部作を挙げる人もいた。続くのは野田秀樹「パンドラの鐘」で4人、三谷幸喜「笑の大学」、小幡欣治「熊楠の家」が各2人だった。

舞台は意見が分かれた。最も多かったのは、蜷川幸雄演出で、上演時間が9時間に及んだ大作「グリークス」の4人だった。複数の人が挙げたのは、同舞台だけだが、ちなみに蜷川演出の舞台はこのほかに「ひばり」「近松心中物語」「海辺のカフカ」「天保十二年のシェイクスピア」が挙がっていた。

ちなみに私が選んだのは、俳優は「大竹しのぶ」、戯曲は「父と暮せば」、舞台は野田秀樹作・演出「エッグ」だった。大竹は30年間で女優として目覚ましい成長を見せ、名実共に大女優になった。「父と暮せば」は広島の原爆で命を落とした父の亡霊と娘を主人公に、原爆をテーマにした舞台の最高傑作。「エッグ」は、架空のスポーツ競技の話から、旧満州で人体実験を行った731部隊にまで飛躍する中で、熱狂する大衆の怖さを鮮烈に見せた。

【林尚之】(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム「舞台雑話」)

映画な生活

「天国でまた会おう」原作の胸にじんと残る読後感

「天国でまた会おう」の1場面 (C)2017 STADENN PROD.-MANCHESTER FILMS-GAUMONT-France 2 CINEMA (C)Jerome Prebois/ADCB Films

フランスのミステリー作家ピエール・ルメートルの「その女アレックス」を読んだのは、本屋大賞(翻訳小説部門)で1位を取った後だから4年近く前になる。

キャラの立った登場人物、本格ミステリーの筋立てに引き込まれ、この作品と前後する「悲しみのイレーヌ」と「傷だらけのカミーユ」を合わせたヴェルーヴェン警部3部作を短期間で読み切った。この間に文庫本化されたのが今作「天国でまた会おう」(3月1日公開)の原作だ。

ルメートルつながりで手に取ったのだが、最初は違和感があった。舞台は3部作の現代から、いきなり第1次世界大戦末期に移され、ミステリーというよりはヒューマン・ドラマの色合いが濃い。最初はだまされたような気がしたが、先の読めない筆運びにいつの間にか夢中になり、読み終われば、胸の奥にじんと残る読後感があった。

ルメートル作品の主人公は身体的コンプレックスを抱えていることが多い。例えば、ヴェルーヴェン警部は身長140センチ台である。そんな設定が独特の視点や感情描写の厚みとなっているのだが、今作は極端だ。映像化は難しいだろう、と思っていた。

主役コンビの片割れエドゥアール(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤード)は戦場でアゴを吹き飛ばされ、言葉が発せられない上に鼻から下を覆うマスク無しには人前に出られない。そのマスクは妙に芸術的な自作である。一歩間違えば怪奇映画のようなビジュアルになってしまうし、彼を慕う少女との微妙な関係も、その雰囲気だけを想像できる小説の世界だからこそ成り立つと思っていた。

そんな高いハードルをクリアしたのが監督、脚本、そして主役コンビのもう1人、マイヤールとして出演もしたアルベール・デュポンテルと、共同脚本に入った原作者ルメートル本人だ。セピア色に見える戦場、自作マスクをアートに見せる絵画のようなドラマ部分。ルメートルはデュポンテルの仕事ぶりを「才気あふれる驚きばかりで、私はもっとも幸福な小説家」と最上級に評価している。

原作からの足し引きはもちろんあるが、小説を読んだときに抱いたイメージに近いし、それをいい方に膨らませた印象があった。ユーモラスな描写もあって不必要な緊張感を強いるところもない。そしてコンビの固い友情、エドゥアールと厳格な父の深い愛情にグッとくる。

大戦末期の西部戦線で、理不尽な上官によって体と心に大きな傷を負った主役2人は何とか戦後を生き抜く。上官に象徴される権力者への恨みは消えない。実は富豪の長男で美術の才能に恵まれたエドゥアールと実直で行動力のあるマイヤールはある「計画」でそんな権力者に一泡食わせ、大金を稼ごうとする。くしくも、そこにはあくどさを武器に戦後ものし上がったあの上官がいて…。

サディスティックな上官を演じるのは仏人気コメディアンのロラン・ラフィット。彼をよく知るフランス人にはけっこう笑える演技なのだろうが、あまり知らないこちらからすればただただ憎らしい男に見える。それだけ好演ということなのだろう。

エドゥアールと心を通わす少女ルイーズを演じたエロイーズ・バルステールもしたたかな演技。彼の言わんとするところを読み取る「通訳」の役割で、しっかりと映画の軸になっている。

ポスターなどにはアート色が強いが、ルメートルならではの「謎解き」がしっかりと底流にあり、ひと味違う娯楽作品に仕上がっている。

【相原斎】(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム「映画な生活」)

B面★梅ちゃんねる

フジ日曜改革は裏目?視聴率3%台の踏ん張りどころ

フジテレビ本社

【先週の数字】3・3%

10日に放送されたフジテレビバラエティー「アオハル(青春)TV」(日曜午後9時)の視聴率です(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「視聴率改革のスピードを上げるために、4月改編を待たずに1月改編を断行する」(宮内正喜社長)。そんな期待を背負って1月27日という異例のタイミングでスタートした新番組ですが、やはり宣伝期間が短いのか、初回4・1%で今回さらに下落。スタート早々、ゴールデンタイムで3%台というピンチに直面しています。

同日の他局は、日本テレビ「行列のできる法律相談所」17・2%、テレビ朝日スペシャルドラマ「庶務行員・多加賀主水が悪を断つ!」12・0%、TBS日曜劇場「グッドワイフ」8・5%、テレビ東京「池上ワールド」5・4%。

ドラマ、情報番組のジャンルでは復調の兆しも見え始めた同局にとって、バラエティーのスランプは大きな課題となっています。特に弱点となっているのが金土日のGP帯(午後7時~11時)。昨年の10月改編で「坂上どうぶつ王国」(金曜7時)など金曜、土曜に3つの新番組を立ち上げ、今回の“1月改編”でいよいよ日曜GP帯に着手。それが9時枠の「アオハルTV」と、8時枠「でんじろうのTHE実験」の2番組です。

「日曜ファミリア」「ニチファミ!」と続いた単発SP枠を終了し、約3年半ぶりとなるバラエティーのレギュラー番組。特に「アオハルTV」に関しては、定例会見でも役員たちから「幅広い層の支持を得られると思う」「結果を楽しみにしている」と期待の声が寄せられました。ですが、改編前の1月分と比べると、「ジャンクSPORTSスペシャル」7・1%、「警察24時」8・9%、「超見逃せない瞬間SP」6・4%とニチファミ時代より下回ってしまい、苦悩は続いています。

そんな「アオハルTV」ですが、テンポの悪さを感じるものの、視聴率ほどひどい内容でもないというのが個人的な印象です。タレントのヒロミがMCを務め、ビビる大木、DAIGO、Sexy Zoneの菊池風磨と佐藤勝利がレギュラー出演する青春応援バラエティー。3・3%だった回は、風磨&勝利が工業高校のロケット部を訪ね、手作りロケットの打ち上げという夢舞台に立ち会いました。

「学校へ行こう!」(TBS)みたいなテイストですが、男子部員たちが2人のことをあまり知らず、ジャニーズが来たのにノーリアクションという新しい展開。「Sexy Zoneって知ってる?」「…」。ショックすぎて菊池が「ロケット部」を「ロボット部」と言い間違えたり、何げなく「姉がHey!Say!JUMPのファン」と口にした部員を佐藤勝利がマッハで黙らせたり。V6のようにはいかない2人の必死さが新鮮で、けっこう笑えました。

にぎやかになりにくいテーマ選びや、一芸コーナー「アオハルフェス」の面白さがいまひとつ伝わらない感じにもどかしさも感じますが、高齢者シフトが激しいテレビ界で、何とか若年層を取り込もうというガッツはアリだと思うので、「4月改編を待たずに終了」なんてことにならないよう、健闘を祈ります。

【梅田恵子】(B面★梅ちゃんねる/ニッカンスポーツ・コム芸能記者コラム)

社会コラム

政界地獄耳

普天間返還 実は不確実/政界地獄耳

★沖縄の辺野古基地県民投票を前に整理しておきたいのは、沖縄県の辺野古基地建設の根拠は首相・安倍晋三が「悪夢」という民主党政権の首相・鳩山由紀夫が沖縄の基地負担軽減から「少なくとも県外」を打ち出したことからスタートした。鳩山は国として決定すれば可能なはずと徳之島案を打ち出す。ところが外務省は極秘指定文書なるものを持ち出し、「ヘリコプター部隊は訓練場のある沖縄本島から65カイリ(約120キロ)以内に置く必要がある」と書かれ、「それを超える例は世界的にない」と、徳之島案を認められないと鳩山の判断を鈍らせた。

★鳩山は辞任に追い込まれたが、のちに米軍は「そんな基準はない」とし外務省も「そんな文書はない」ととぼけ始めた。今でこそ官僚にとっては「官邸のご意向」が威力を発揮するが、鳩山官邸はその逆で「米軍の意向」と外務官僚が官邸を誘導した。このいきさつが政府が錦の御旗にする「普天間飛行場の危険除去のため辺野古が唯一の解決策」「普天間の固定化は避けなければならない」につながる理屈になっている。ところが辺野古に基地が移設されれば普天間基地はなくなる、または日本に返還されると誰もが思うし、辺野古基地建設はそのために行うとなっているが、普天間基地が返還されるか否かは実は不確実だ。

★2800メートルある普天間に対して辺野古の計画は1800メートルが2本造られる計画。17年の米政府監査院(GAO)報告書は代替施設の滑走路は必要な長さを満たしていないと指摘し、条件が整わなければ普天間を米軍が手放すことはない。つまり現状では軟弱基盤でいつ完成するかもわからない辺野古が唯一の解決策にはなりえない。政権の“悪夢のような”説明、米軍へのおよび腰、いずれも我が国が抱える矛盾の象徴が辺野古基地建設であり新しい基地建設でしかない。沖縄県民以外も、もう少しこの事実を知るべきだ。(K)※敬称略

政界地獄耳

部下のミス…責任者は首相だ/政界地獄耳

★自民党大会という身内の会合で「あの悪夢のような民主党政権」というのはいい。だがだめ押しするように予算委員会で言うのは言論の自由などではなく首相としての品格が問われる。首相・安倍晋三の品格だけを問えば、自民党支持者としても、いささかなりとも首相に疑問符を付けざるを得ないだろう。

★公文書改ざん、信じているだけなのか勘違いが続いているのか、繰り返されるウソと虚偽答弁。森友・加計学園疑惑に連なる政治の私物化とお友達優遇人事、アベノミクスの失敗とそれを認めない対応、格差の拡大と先進国とは思えぬ賃金の低さ、国民の税金を吸い上げ、その使い道は自由とばかり海外にばらまくものの、一向に成果が上がらない外交。首相を支持する理由に他に人材がいないからという答えがあるそうだが、体調を崩し再チャレンジするときにも首相は適格者としてカウントされているわけではなかった。つまり首相のファンが支持しているものの、その支持者が内閣の行状に目をつぶっている現実がある。

★首相は野党の「恣意(しい)的な統計の操作を官邸主導でやったのではないか」との問いに「何ら指示をしていない」とし「私は当時の秘書官から(厚労省の)検討会に関する報告を受けてもいないし、私からは何ら指示をしていない」と答弁したのち、調査方法の見直しについて「統計的観点から行われた」と首相官邸や自らの関与を否定した。無論、首相の直接の指示でもなければ首相周辺がご機嫌を取るために勝手にやったのかもしれない。またはすべてが偶然ですべての統計のミスが、たまたまアベノミクスの経済効果を示すような数値に入れ替わってしまったのかもしれない。だが、それでも首相は関与していないから「知らない」とか「関係ない」とは言えないのだ。公文書の改ざんが首相のあずかり知らないところで行われても、統計の調査方法がずさんなのは首相の知らないところで行われていたとしても、その責任者は政府・国家の責任者の首相なのだ。部下のミスの責任を取るのが首相の仕事なのだ。それが嫌なら首相を辞めるか、無能な役人しかいない国家にしたことを憂うしかない。責任者は首相、あなただ。(K)※敬称略

政界地獄耳

何を切り取るべきか?/政界地獄耳

★五輪相・桜田義孝が競泳選手の池江璃花子の白血病公表についてのコメントに批判が相次いだことを受けて産経新聞電子版は14日、「『がっかり』だけではなかった 桜田五輪相発言全文」を報じた。13日、衆議院予算委員会で桜田は「突然の話にショックを受け、率直に残念である旨を発言をした。発言の中で『がっかりしている』『盛り上がりが若干、下火にならないか心配だ』という部分については配慮を欠いたと思い、お詫(わ)びをし、撤回したい」と陳謝、撤回した。

★しかし産経が掲載したように全文を読めば特段問題はないと感ずる人もいる。マスコミの悪意ある切り取りが問題だという声もある。だが、発言の中で“特異”な発言があるからニュースになる。その部分が切り取られるのは当然のこと。新聞やテレビ・ラジオは紙面や時間が限られ、その“特異”な部分だけが取り上げられることがニュースバリューとなる。ところがネットの出現により全文掲載が可能になった。

★何がニュースなのか、その「切り取り」をマスコミに任せず全文掲載させて読者や視聴者が判断すべきという声がある。前後を読めば理解されるという理屈だ。「早く治療に専念していただいて、頑張っていただきたい。また元気な姿を見たい」とした上で「がっかり」「下火」発言を書き込めば桜田発言は問題はなかったのか。

★マスコミの役割は膨大な情報量の中から何がニュースなのかを切り取ることにある。それを放棄したらマスコミは無用になり、発言録の全文だけ掲載すればいい。メディアがどの部分か、何を切り取るかがニュースの価値だからだ。ただ産経がネットに掲載したように「要旨」ではなく全文を載せるべき事柄もあるはずだ。メディアの環境が変化する中、何がニュースなのか、何を切り取るべきかが問われているといえる。(K)※敬称略

海外コラム

from LA

LAの猫カフェは新しい家族を探すための素敵な場所

クランブス&ウィンカーズでは保護猫たちがお客様をお出迎えしています(写真は公式インスタグラムから)

飼育数が犬の数を上回るなど猫ブームに沸く日本ではすっかり定着している猫カフェですが、ロサンゼルス(LA)でもここ数年は猫カフェが次々とオープンしています。日本では猫と触れ合うことが目的の猫カフェですが、LAでは野良猫や捨て猫たちに新しい家族を探すための場所となっています。LAに初めて猫カフェがオープンしたのは2016年こと。おしゃれなショップが立ち並ぶメルローズ・アベニューにオープンした「クランブス&ウィンカーズ」にいるのは、全てシェルター(保健所)から引き取られた猫たちで、訪れた人たちは猫と触れ合うだけでなく、お気に入りの子を見つけたら里親として家族に迎えられるシステムになっています。

元カレの名前を書いたトイレで猫に用を足してもらおうというバレンタイン向けの企画が発表され、多くの女性がカフェを訪れて猫用トイレに名前を書いたそう(写真は公式フェースブックから)

路上で暮らすホームレス猫や殺処分されそうな猫たちを助けることを目的にオープンしたもので、1匹でも多くの猫たちが新しい家族と出会うための場として猫好きたちの間でじわじわ人気となり、インスタグラムやフェースブックなどSNSでもかわいい猫たちの様子が公開されています。料金は15分の触れ合いが15ドルで、全て時間制で3種類のコースがあり、パリス・ジャクソンら多くのセレブも訪れています。飲み物やフードのオーダーも可能で、まったりとお茶を飲みながら猫たちを眺めたり、一緒に遊んだりすることができます。またここでは猫と触れ合うだけでなく、ユニークなイベントも行われており、今年のバレンタインデーには猫用トイレの中に元カレやフレネミー(友人を装う敵)など憎き相手の名前を書いてもらい、最後にそこで猫たちに豪快に用を足してもらう様子を生中継する企画を発表。これが女性たちに大受けし、多くの人がカフェを訪れてトイレが元カレの名前で埋め尽くされたそうです。

ムーン・キャット・カフェのトレーラーの中でくつろぐ猫(写真は公式HPから)

ちょっと変わったところでは、移動式の猫カフェもあります。「ムーン・キャット・カフェ」は、トレーラー式のカフェながらスタイリッシュな洗練されたデザインで落ち着く空間を提供。LA近郊で行われているさまざまなイベントに出展し、お茶を飲みながらトレーラー内で猫たちと触れ合うことができると人気を博しています。もちろんここの猫たちも保護猫ですが、トレーラー内で暮らしているわけではなく、出張先の近隣シェルターなどと提携してそこの猫たちをトレーナー内でお披露目し、里親探しをするシステムになっています。様々なイベントに参加することで保護猫に対する認知度を広めることにもつながっているようです。

キャット・カフェ・ラウンジの猫たち(写真は公式ホームページから)

ウエストLAにある「キャット・カフェ・ラウンジ」には常時30匹の保護猫たちがいて、猫との触れ合いの他にも「キャットヨガ」と題したヨガ教室も開催されています。猫たちが自由に室内を動き回る中でヨガマットを引いてヨガをするというものですが、猫たちはお構いなしにヨガをする人たちの間を走り回り、時にはじゃれてきたりするのが猫好きにはたまらないようです。中には途中からヨガそっちのけで猫と遊んでしまう参加者もいるほど。もちろん新たに猫を家族に迎えようと思っている人だけでなく、単純に猫と触れ合いたいという人も気軽に利用することができるLAの猫カフェですが、多くの人に癒やしを与えると同時に猫たちの幸せにもつながる素敵な空間となっています。(米ロサンゼルスから千歳香奈子。日刊スポーツ・コム「ラララ西海岸」)

ハリウッド直送便

司会不在、繰り返す白紙撤回…アカデミー賞異常事態

アカデミー賞授賞式で与えられるオスカー像(AP)

いよいよ今週末に迫ったアカデミー賞授賞式ですが、今年は直前まで何かともめ事が起きる異常事態となっています。日本からは「万引き家族」が外国語作品賞に、「未来のミライ」が長編アニメーション映画賞にそれぞれノミネートされるなど日本でも注目が集まる今年のアカデミー賞は、ネット配信映画として初の受賞が期待されるネットフリックスの「ROMA/ローマ」が作品賞、監督賞など最多10部門にノミネートされ、レディー・ガガが初主演映画「アリー/スター誕生」で主演女優賞に、「ブラックパンサー」がアメコミ作品として初の作品賞候補入りするなど何かと話題性もありますが、昨年から度々トラブルに見舞われています。世界中が注目する映画の祭典で一体全体何が起きているのでしょう。

今年の授賞式を巡っては、司会に決まったコメディー俳優のケビン・ハートが、過去の同性愛者に対する差別的ツイートが原因で発表からわずか数日で降板する騒動が勃発。その後も新たな司会者が決まらないまま、今年は司会者抜きで進行されることになったのはすでに報道で伝えられている通りですが、今度はテレビの生中継時間を1時間ほど短縮する関係で撮影賞など4部門をCM中に発表し、テレビで生中継しないことを決めたアカデミー賞に対し、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ロバート・デ・ニーロら大物俳優やギレルモ・デル・トロ監督、クリストファー・ノーラン監督ら業界内部から、「この4つの部門に携わる人たちへの侮辱だ」との批判の声があがったのです。世間一般であまり注目が集まらない賞をCMの間に発表し、結果と受賞者スピーチを編集したものをその後に放送するという案でしたが、50人以上の映画人たちが公開書簡に署名し、映画界で最も権威あるアカデミー賞に対して「愚かな決断だ」と待ったをかけたのです。その結果、発表からわずか4日後にはこの案は撤回されることになりました。近年の視聴率低迷が理由としてあげられていますが、「ROMA/ローマ」でメガホンを取ったアルフォンソ・キュアロンも、「映画の歴史において、音響色、物語、出演者、音楽がない名作は存在しません。撮影や編集なしで映画は成り立ちません」とコメントするなど、映画の根幹に関わる部分を無視するようなアカデミー賞の決定に失望した人も多かったようです。

授賞式の時間短縮は、他にも歌曲賞(主題歌賞)にノミネートされた楽曲のパフォーマンスにも影響を及ぼしています。「アリー/スター誕生」で主題歌賞にノミネートされたガガとブラッドリー・クーパーは、授賞式でパフォーマンスを行うことがすでに発表されていますが、主題歌賞にノミネートされている5曲中2曲しか当日ステージで披露されないと今月に入ってバラエティー誌が伝え、批判が殺到。後に「RGB」からジェニファー・ハドソンが「I’ll Fight」を、ベッド・ミドラーが「メリー・ポピンズ リターンズ」から「幸せのありか」を歌うことが発表されましたが、「バスターのバラード」からの楽曲披露は明らかにされていません。それぞれの楽曲を短縮して全5曲披露される可能性もあるようですが、「司会者も音楽もないない授賞式なんてありえない」「不公平だ」といった声があがっていました。

この他にも「人気映画賞」部門を新たに設立することが決まりながらも、作品賞へのノミネートが有力視されていたマーベル映画「ブラックパンサー」を作品賞から除外するのが目的ではないかと映画ファンからも批判が相次いだことを受けて人気映画賞を新設する案が白紙になるなど、今年は一度発表された事案が批判を受けて覆る事態が何度も繰り返し起きています。

前代未聞のトラブルで30年ぶりに司会者なしで開催される今年のアカデミー賞は、果たしてどのような授賞式になるのでしょうか。第91回アカデミー賞授賞式は現地時間2月24日にハリウッドのドルビー劇場で開催されます。

【千歳香奈子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム「ハリウッド直送便」)

from LA

LAシルバーレイクの知られざるスポット…それは

ロサンゼルス(LA)のダウンタウンの北に位置するシルバーレイクは、アーティストやミュージシャンが多く住む街として知られています。おしゃれなカフェやレストラン、ショップも多く、街散策するのも楽しいエリアですが、シルバーレイクには隠れたスポット「階段」があります。

筋肉痛覚悟で上まで登りたくなる階段がいっぱいです

平坦で広大な土地が広がるLAですが、実はシルバーレイクは丘が多く、インスタ映えするかわいい階段がたくさんあるのです。数ある階段の中からおすすめの階段を紹介します。

ハートとレインボーカラーがフォトジェニックな階段

●大きなハートの階段

一番のおすすめは、Micheltorena Stairs(ミシェルトレナス・ステアーズ)と名付けられた写真撮影にぴったりのかわいいハートの階段。メインストリートのサンセット・ブルバード沿いにある小学校Micheltorena Elementary Schoolの向かいある階段は、側面がハートや虹色に塗られていて見ているだけで楽しい気分になります。階段は3段に分かれており、トータル177ステップを上りきるまでに両脇のフェンスやコンクリートに壁画なども見ることができ、フォトジェニックな階段は知る人ぞ知るLAっ子に人気の写真撮影スポットです。

近くで見るとハートに顔が。細かなディテールまでこだわっています

●ピアノの鍵盤の階段

Ali Mama Cafeの横にある階段には、ピアノの鍵盤が描かれています。演奏している気分で階段を上るのも楽しく、ミュージシャンが多い街らしいアートな階段です。音楽好きにはたまらない階段は、弾むように上りたくなります。

音符の壁画にピアノの鍵盤の階段も写真に収めたくなる人気スポット

●もっとも急な丘にある階段

Almanda Elementary School(アルマンダ小学校)の裏にある丘は、LAでも最も傾斜がきついと言われる丘。そこにある196ステップの階段を上りきると、街を見下ろすパノラマビューが楽しめます。

●アーティスティックな階段

フーバー・ワーク・ステアウェイ(Hoover Walk Stairway)と名付けられた階段は、住宅地にある小さな階段なのでLA初心者は探すのが難しいと思いますが、目玉の壁画が目を引くインパクト大の穴場スポットです。

アーティスティックなカラフルな壁画が目を引く階段は、LAらしい雰囲気

●映画のロケ地にもなった階段

アカデミー賞短編映画賞を受賞した映画「ミュージック・ボックス」(32年)の撮影に使われた階段は、現在は「ミュージック・ボックス・ステップス」と正式に名付けられてファンが訪れる名所となっています。階段を上りきったところには、「Music Box Steps」の看板もあり、ダウンタウンが一望できます。

ショッピングやグルメも良いですが、ちょっとディープな穴場の階段巡りでインスタ映えを狙うのもLAならではの楽しみです。(米ロサンゼルスから千歳香奈子。日刊スポーツ・コム「ラララ西海岸」、写真も)