上へ戻る

ニッカン★バトル

大相撲裏話

元稀勢の里結い続けた床鳴、口数少ない2人に見た絆

9月29日、父・荻原貞彦氏にはさみを入れられ涙を拭く元横綱稀勢の里の荒磯親方(撮影・鈴木正人)

元横綱稀勢の里の荒磯親方(33=田子ノ浦)が、9月29日に東京・両国国技館で断髪式を行った。東幕下筆頭だった17歳の04年3月春場所4日目、初の十両土俵に際し、...

将来性楽しみな琴勝峰ら「花の99世代」誕生なるか

新十両昇進会見で琴手計から改名したしこ名を披露する琴勝峰

また一人、生きのいい関取が誕生した。大相撲九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の番付編成会議で、新十両昇進を決めた琴手計改め琴勝峰(20=佐渡ケ嶽)だ...

霧馬山、憧れ横綱が突然兄弟子に 手本身近に成長を

霧馬山

ブレークの予感が漂う若手の十両力士が、思わぬ形で“横綱の弟弟子”になった。西十両4枚目霧馬山(23=陸奥)は目を丸くする。 「最初聞いたときは『え?』って思った...

隆の勝「僕も乗ってます」仲良し明生の活躍横目に

4日目に霧馬山(左)を破った隆の勝(撮影・河田真司)

幕内での活躍と同時につくばエクスプレスでの「電車通勤」に注目が集まる明生を横目に、十両隆の勝(24=千賀ノ浦)がつぶやいた。「僕も、たまに乗っているんですよ」。...

大相撲中継で名実況「あ、行司が消えた」

豪栄道と朝乃山の取り組みで土俵下に落ちた行司の木村玉治郎(撮影・丹羽敏通)

秋場所6日目、NHK大相撲中継で名実況があった。朝乃山-豪栄道戦、取組中に行司の木村玉治郎が足をもつれさせて転倒し、土俵下に落ちていった。NHKの佐藤洋之アナウ...

歴代2位の11回目 不戦勝が魁聖の活力源

青狼の休場により不戦勝の勝ち名乗りを受ける魁聖(撮影・小沢裕)

東前頭4枚目の玉鷲(34=片男波)と東十両8枚目の魁聖(32=友綱)が、不戦勝で星を伸ばした。玉鷲は鶴竜、魁聖は青狼と取組予定だったが相手が休場。実はこの2人、...

嘉風引退に角界ショック 影響力の強さ感じさせた

嘉風(19年3月撮影)

関取最年長で元関脇の十両嘉風(37=尾車)が秋場所5日目の12日に日本相撲協会へ引退届を提出し、角界にもショックが広がっている。 5日目の取組後、支度部屋で「嘉...

天国に旅立ったムギのために活躍届ける荒汐部屋勢

「荒汐部屋のモルとムギ」発売記念イベントで、若い衆の大部屋でファンと交流するムギ(16年10月撮影)

荒汐部屋の看板猫「ムギ」が5日に死んだ。部屋の若い衆によると7月に容体を崩し、足に腫れが見られたという。最初に連れて行った病院では「肉離れ」と診断されたが、食欲...

台風余波 前泊力士はリラックス…しすぎて負けた

台風15号の影響で混乱するJR新木場駅=9日午前11時半(撮影・鹿野芳博)

9日の台風15号は、相撲界にも大きな影響を及ぼした。取組は30分遅らせて午前9時10分開始。それでも電車のダイヤが乱れた影響で、序ノ口から取組に間に合わない力士...

貴景勝の判断力、回転の速さは取材対応でもピカイチ

貴景勝(2019年9月3日撮影)

「ごめんね」。そんな気遣いの一言が、いくつ年齢を重ねても、うれしいものだと感じたことがあった。今月5日、千賀ノ浦部屋での稽古後だった。1場所での大関返り咲きを目...

弓取り式も危機管理“2人目”将豊竜が選ばれた理由

将豊竜(2019年7月11日撮影)

打ち出し前の弓取り式。巡業部の花籠副部長(関脇太寿山)は緊張した面持ちで土俵上を見つめていた。「だいぶ良くなってきましたよ」。大相撲夏巡業が北海道・函館市で行わ...

頑張ってほしい“おっさん”32歳栃煌山

栃煌山(2016年9月11日撮影)

年は取りたくない。名古屋場所が終わり、大阪に戻って家で朝起きたら、右肩が痛い。肘を曲げても、前後左右、どっちに腕を振っても脂汗をかくほど痛い。我慢できず病院に行...

貴ノ富士「きつい時間が幸せ」暴行、謹慎を経た思い

大相撲夏巡業の稽古後、親方衆にアドバイスを受けた貴ノ富士(右端)(2019年8月8日撮影) 「今は、きつい時間が幸せです」。十両貴ノ富士(千賀ノ浦)が、つぶやい...

アキラさんお疲れ様…横綱と苦楽共にした仲間が定年

特等床山の床蜂氏(右)にまげを結ってもらう白鵬(撮影・河田真司)

「アキラさん、50年間お疲れさまでした!」。横綱白鵬(34=宮城野)が花束を手渡すと、アキラさんは照れ笑いを浮かべながら、周囲に一礼した。名古屋場所千秋楽、西の...

初めて横綱のまげを直し「夢がかなった」床竣

47歳差の世代交代!? 11日目の打ち出し後、西の支度部屋。不戦勝の横綱白鵬のまげを直しているのは、17歳の五等床山、床竣(宮城野)だった。入門時から白鵬のまげ...

引退安美錦「貴乃花最後の相手」に苦しむ

最年長関取の安美錦(40=伊勢ケ浜)が、名古屋場所10日目の16日に現役引退を表明した。安美錦は、横綱貴乃花の最後の相手としても知られている。 03年初場所8日...

AEDに救われた命“稽古”のたまもの

御嶽海(左)に水をつける出羽海親方(2018年7月22日撮影)

稽古はうそをつかない。土俵外でも、そんな出来事が起きたのは今月4日、愛知・犬山市の寺に宿舎を構える出羽海部屋。初日を3日後に控えた午前7時45分だった。序二段力...

安美錦、竜虎へ粋な気遣い LINEでメッセージ

竜虎(左)との取組で右膝を痛めた安美錦(撮影・鈴木正人)

右膝のケガで休場中の安美錦(40=伊勢ケ浜)が、粋な気遣いをしていた。2日目の取組で古傷を痛めたが、対戦相手の竜虎(21=尾上)が「申し訳ない」と気にしているこ...

朝乃山が出題!若い衆を「だきまくってます」の意味

朝乃山(2019年7月7日)

「今日はオレが、だいてやる」。何とも妖艶な香りが漂う言葉を発していたのは、東前頭筆頭の朝乃山(25=高砂)だ。先場所の初優勝で人気、知名度ともに大幅に上がっただ...

ササの葉に短冊…関取の願いは何?

千代大龍

今年も真夏日が当たり前となってきた名古屋場所に、涼しげなササの葉が飾られている。関取衆の願い事が書かれた短冊つき。初めて行った昨年に続く企画で、初日から5日目ま...

 取組を見るだけじゃ分からない、日刊スポーツの大相撲担当記者が土俵周辺から集めてきた「とっておきネタ」をお届けします。