上へ戻る

ニッカン★バトル

新着

大相撲裏話

休場中も稽古場「ずっと努力」親方認める白鵬の強さ

白鵬

 3月。春場所真っただ中のエディオンアリーナ大阪1階。観客に混じって会場内に設置してあるテレビで、十両の取組を何げなく立ち見していた。会場隣のコンビニで買った...

原功「BOX!」

ゴロフキンvs村田も?注目のミドル級トップ戦線

 主要4団体すべての王座収集を目指していたWBAスーパー、WBC、IBF世界ミドル級王者、ゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン/米 39戦38勝34KO...

リングにかける男たち

WWEで夢をつかめ!世界中からスター候補を募集

 WWEの「虎の穴」に門戸開放の動きがあった。  今夏に5周年を迎えるプロレスラー育成施設WWEパフォーマンスセンターがトライアウト参加用の専用サイトをこのほ...

原功「BOX!」

“ハンター”クロフォード“スズメバチ”下し3階級制覇なるか

 全階級を通じたボクサーの強さ指数ともいえる「パウンド・フォー・パウンド」ランキング上位常連のテレンス・クロフォード(30=米)が9日(日本時間10日)、米国...

リングにかける男たち

ジュニア最強の高橋ヒロム、予知できない言動が魅力

 「ヒロムワールド」が面白い。4日の新日本プロレス、ジュニアヘビー級の最強決定戦「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」優勝決定戦を制した高橋ヒロム(28)の予...

大相撲裏話

栃ノ心を採寸 右太もも91cm、尻回りにビビった

栃ノ心(左)との一番で待ったを掛ける白鵬(2018年5月24日撮影)

 20年以上前のことだが、師と仰ぐ先輩に言われたことがある。  「ええか、記事で大事なんは事実の積み重ねや。下手な形容詞、副詞を極力使うな。オマエがいくら『す...

原功「BOX!」

山中倒すも体重超過で無期限出場停止のネリ、復帰戦の行方は…

 昨年8月と今年3月、WBC世界バンタム級王座をめぐり山中慎介(帝拳)と2度対戦し、連勝しながらドーピング違反、体重オーバーという失態を犯したルイス・ネリ(2...

リングにかける男たち

知名度アップへ「拳四朗&会長」セット売りいかが?

 気がつけば、安定王者である。WBC世界ライトフライ級王者拳四朗(26=BMB)。25日、東京・大田区総合体育館で3度目の防衛戦を行い、昨年5月にベルトを奪っ...

大相撲裏話

結び5番前に「菊川茶」懸賞旗

 相撲人気に比例して懸賞の本数が増加している。永谷園などのおなじみがあれば、その場所ごとに新規で出す企業もある。今場所、新規で懸賞を出した企業は7社。静岡・菊...

大相撲裏話

「捨てたもんじゃない」現場の熱伝える手作り懸賞

感謝状を手に記念撮影に臨む森永製菓株式会社の森永剛太代表取締役会長(左)と八角理事長

 日本相撲協会が24日、「森永賞」を続ける森永製菓に感謝状を授与した。森永賞は初、夏、秋の東京場所限定の“ファン投票懸賞”で、その日1番の好取組に選ばれたもの...

大相撲裏話

白鵬の強さは外国人も感じ取れる

アンケートで白鵬を選んだノルウェー人のマーレンさん(右)と遠藤を選んだスイス人のデリアさん

 連日、満員御礼の両国国技館には、多くの外国人観光客が訪れている。欧米やアジアなど、さまざまな地域から、大相撲に詳しい人も、そうでない人も観戦。そこで日刊スポ...

原功「BOX!」

93年ぶりにフィリピン選手同士の世界戦が実現

 IBF世界スーパーフライ級王者のジェルウィン・アンカハス(26=比)は26日(日本時間27日)、米国カリフォルニア州フレズノで同級1位の指名挑戦者、ジョナス...

リングにかける男たち

全日四天王・川田利明、現役時に寡黙キャラ貫いた訳

丸藤とトークバトルを行った川田利明(2018年4月26日撮影)

 大相撲では、現役時代に取り組み後のインタビューでひと言もしゃべらず記者泣かせの横綱、大関がいた。  しかし、引退すると、急に笑顔で話し掛けられ驚いたことがあ...

大相撲裏話

ネット情報発信量が多いから「鳴戸部屋」

 鳴戸親方(元大関琴欧洲)が新序出世披露にほくそ笑んだ。鳴戸部屋には今場所、3人の新弟子が入ったが、そのうち1人が狙い通りの入り方だったからだ。相撲未経験で角...

大相撲裏話

豊響 生命の危機乗り越え関取復帰目指す

豊響

 元幕内で東幕下20枚目の豊響(33=境川)が生命の危機を乗り越え、関取復帰を目指している。現在3戦全勝と、3場所ぶり勝ち越しに王手。3勝目を挙げた5日目は「...

大相撲裏話

角界変化…エレベーターも開放

これまで国賓級の要人のみ使用されていたエレベーターを、一般にも開放したことをPRする芝田山総合企画部長(左)

 国技館の正面入り口を入り、広いエントランスを抜けたすぐ右にエレベーターが1台設置してある。これまで一般開放はされていなかった。天覧相撲時の天皇、皇后両陛下や...

原功「BOX!」

また世界戦で計量失格 今年5人目、全て世界王者経験者

 3月と4月に日本で開催された世界戦で計量失格者が出て問題になったが、5月5日に英国で行われたIBF世界バンタム級王座決定戦でもポール・バトラー(29=英)が...

大相撲裏話

貴乃花親方も振分親方も 豪華すぎる審判部

序の口、序二段の審判をする貴乃花親方(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇2日目◇14日◇東京・両国国技館  今場所から阿武松審判部長(元関脇益荒雄)をはじめ、新たに8人の親方衆が審判部として、土俵下から取組に目を光...

リングにかける男たち

「なんか起きる」予想は当たった亀田興毅の試合

10カウントの途中でゴングを止める亀田興毅

 何かやるかもしれない。そんな思いで後楽園ホールに向かった。  東京ドームでは安室奈美恵のコンサートがあったが、開演時間が近く人通りは少なかった。ところが後楽...

大相撲裏話

皆が復活願う稀勢の里の危機に慣例よりも一致団結を

横綱稀勢の里(2018年2月4日撮影)

 横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)の夏場所休場が決まった。横綱の途中出場は考えられず、初の2場所連続全休が確実。何よりも1958年(昭33)の年6場所制以降の横...

原功「BOX!」

天才vs天才、凱歌はリナレスとロマチェンコどちらに?

 WBA世界ライト級王者、ホルヘ・リナレス(32=帝拳)の4度目の防衛戦が12日(日本時間13日)、米国ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われる。...

リングにかける男たち

オカダ・カズチカ、米基準の王座保持期間でも金字塔

 新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(30)が、4日の福岡大会で歴代最多となる12度目の防衛に成功した。初代王者アントニオ猪木が88年に4度...

大相撲裏話

白鵬の人間力注目、父の死乗り越え夏場所母へ元気を

白鵬

 数々の記録を樹立してきた大横綱にとって、出場を目指す大相撲夏場所(13日初日、東京・両国国技館)は、その「人間力」が問われる場所になりそうだ。  すでに前人...

原功「BOX!」

ゴロフキンKOで陰り払拭、V20に花を添えるか

 ミドル級のトップ戦線は風雲急を告げる状況ではあるものの、その主役がWBAスーパー王座とWBC王座、IBF王座を持つ3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン(3...

リングにかける男たち

ボブ・バックランドに「とげぬき地蔵」は似合わない

倒立してのストレッチをみせるバックランドに驚く藤波(2018年4月18日撮影)

 その68歳は太い幹だった。  4月20日、後楽園ホールでドラディションの「バック・トゥー・ザ・ニューヨーク・ツアー」を取材した。  主宰の藤波辰爾(64)の...

大相撲裏話

人気者の朝乃山 豊山とのライバル物語に注目

朝乃山

 5月13日に初日を迎える夏場所まで、1カ月を切っている。4月1日から始まった春巡業も、きょう27日で終了。4月30日には夏場所の新番付発表も行われ、いよいよ...

原功「BOX!」

目が離せないミドル級トップ戦線左右する注目ファイト

 15日に村田諒太(32=帝拳)がエマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)を8回TKOで下してWBA世界ミドル級王座の初防衛戦を果たしたが、その試合を含め...

リングにかける男たち

比嘉大吾の“明日のために”長谷川穂積氏が贈る言葉

 プロボクサー比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が減量に失敗し、WBC世界フライ級王座を失った。前王者としてリングに上がり、9回途中TKO負けを喫した翌日...

大相撲裏話

不祥事ラッシュの相撲界も…今後は是々非々で堂々と

 相撲担当で1年。知人によく言われる。「オマエ、持っとるな~」。半笑いの問い掛けに、イラッとさせられ「相撲を取材してるんは山ほどおるがな」と思ったりする。しか...

原功「BOX!」

ヘビー級王座統一戦は来春か 簡単には決まらない事情も

 ヘビー級のWBAスーパー王座、IBF王座、WBO王座を持つアンソニー・ジョシュア(28=英)と、WBC王者のデオンタイ・ワイルダー(32=米)の4団体王座統...