上へ戻る

ニッカン★バトル

新着

大相撲裏話

御嶽海の今年の1字「魅」を物語った九州場所千秋楽

九州場所の千秋楽で高安を下した御嶽海(右)(2018年11月25日撮影)

今年の漢字が「災」に決まった。関脇御嶽海(25=出羽海)に「今年の1字」を聞くと、10秒近く熟慮して「『魅』ですかね」と答えた。「今年は自分の魅力を存分に出せた...

原功「BOX!」

3階級制覇か大番狂わせか NYのリングに熱視線

今年9月、39戦無敗だったWBA、WBC世界ミドル級王者のゲンナディ・ゴロフキン(37=カザフスタン)を僅差判定で破って戴冠を果たしたサウル・カネロ・アルバレス...

リングにかける男たち

那須川、メイウェザー戦はボクシング転向への試金石?

メイウェザー(左)と那須川天心(2018年11月5日撮影) 今年も年末は格闘技イベントが花盛りだ。15年に始まったRIZINは総合格闘技が主体だが、キックボクシ...

大相撲裏話

非日常が日常にある相撲界「そんな簡単にはなあ…」

車で部屋に戻った貴ノ岩(2018年12月6日撮影)

1年前と違う平和な九州場所が終わったと思ったら、貴ノ岩が付け人を殴った。1年前に殴られた人が、殴った。たまげた。でも、驚きは結構早く冷めて「まあそんな簡単にはな...

原功「BOX!」

ペドラサと決戦「ハイテク」ロマチェンコに死角は?

現在のプロボクシング界で17階級を通じて最も高い評価を受けているボクサー、WBA世界ライト級王者、ワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ)が8日(日本時間9日)...

リングにかける男たち

資金潤沢17億人視聴可能なONEはまさに黒船団体

8月23日、都内のホテルで開催されたONEチャンピオンシップの公式会見

2018年も残り1カ月弱。日本の格闘技界では、大みそかのRIZIN14大会(さいたまスーパーアリーナ)で50戦全勝のボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェ...

大相撲裏話

偉ぶらずまじめでユニーク 19年波乱の男だ松鳳山

大相撲九州場所6日目 琴奨菊を上手ひねりで破る松鳳山

今、最も観客を沸かせる力士は、松鳳山(34=二所ノ関)だろう。11月の九州場所は西前頭7枚目で10勝5敗の好成績。中でも、個人的に最も印象に残ったのが6日目、東...

原功「BOX!」

注目米英対決!強打ワイルダーか技巧派フューリーか

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンタイ・ワイルダー(33=米)対挑戦者で元WBA、IBF、WBO3団体統一王者タイソン・フューリー(30=英)の12回...

リングにかける男たち

元王者石本さん、弟子のやる気引き出すトレーナーに

石本さん(中)は勝利を飾った愛弟子を祝う。山田(左)と小林

1月の現役引退から10カ月、久々にかいだ後楽園ホールの匂いに、緊張感と責任感が自然と芽生えたという。元日本スーパーバンタム級王者石本康隆さん(36)が11月22...

大相撲裏話

幟(のぼり)は関取の勲章

福岡国際センター前に林立する幟(撮影・加藤裕一)

福岡国際センター周辺には「○○関江」などと書かれた多くの幟(のぼり)がはためく。安全面等を考慮、会場周辺に立てられるのは1人(1部屋)1本限りで、関取には“勲章...

大相撲裏話

「最重量力士」となった250キロ謙豊は愛嬌抜群

新最重量力士の序二段謙豊

角界で最も重い力士は? 歴代最重量は292・6キロの元大露羅のミハハノフ・アナトーリ・ワレリリエチェ氏(35)だが、引退して勢力図が変わった。新たに「最重量力士...

大相撲裏話

振分親方、予約忘れず無事に高砂一門会

振分親方(2018年11月15日撮影)

八角理事長(元横綱北勝海)らが所属する、高砂一門の一門会が9日目の打ち出し後、福岡市内で2年ぶりに開催された。振分親方(42=元小結高見盛)の謝罪で始まった会だ...

原功「BOX!」

帰ってきたフューリー 王者ワイルダーと注目の一戦

12月1日(日本時間2日)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われるWBC世界ヘビー級タイトルマッチが注目を集めている。ここまで7連続...

大相撲裏話

尾上親方の長男・浜洲、病乗り越え親子2代関取へ

新序出世披露した浜洲(撮影・鈴木正人)

りりしい眉と柔和な笑顔が、現役時代の父と重なる。180センチに満たない体で観客を沸かせた尾上親方(元小結浜ノ嶋)の長男、浜洲(本名・浜洲泉啓、17=尾上)が今場...

リングにかける男たち

メイウェザー側に“本気”ないなら無理にやっても…

フロイド・メイウェザー(左)と那須川天心(2018年11月5日撮影) 大みそかにRIZIN14大会(さいたまスーパーアリーナ)で行われるボクシング世界5階級制覇...

大相撲裏話

元貴乃花親方最後の弟子貴正樹「貴の字変えません」

貴正樹(18年10月3日撮影)

「この子は強くなります。信念がただ者ではない子です」。先月1日、日本相撲協会退職が決まった元貴乃花親方(元横綱)が、自身の応援会サイト内のブログを更新。最後の弟...

大相撲裏話

琴奨菊、ソフトバンク内川から「日本一のバトン」

琴奨菊の勝利を喜ぶソフトバンク内川(2018年11月12日撮影)

福岡出身で地元場所の琴奨菊(34=佐渡ケ嶽)が、日本一になったプロ野球ソフトバンク内川聖一内野手(36)から刺激を受けた。2日目の12日。観戦に訪れた内川と、会...

原功「BOX!」

スペンス対ガルシア PFP10傑同士の戦い実現へ

全17階級を通じたトップボクサーの総合評価ともいえる「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で、現役10傑に名を連ねる猛者同士、IBF世界ウエルター級王者のエロ...

大相撲裏話

関取でも付け人 友風の思い

志摩ノ海(左)にはたき込みで勝利した友風(撮影・栗木一考)

連勝スタートを切った新十両の西十両14枚目友風(23=尾車)が、今場所も平幕の嘉風(36=尾車)の付け人を務めている。 関取昇進で付け人を卒業するケースがほとん...

リングにかける男たち

人生ヒップアタック越中詩郎、いまだ侍魂は衰えず

来年1月30日に後楽園ホールでデビュー40周年記念大会を開催する越中詩郎(2018年11月6日撮影) 越中詩郎(60)が元気だ。最近、レジェンドプロレス、マスタ...