日刊スポーツ

「#勝ちながら修正」体現 川崎F田中碧が終盤の絶好機で見せたキープ 

スコア速報

5月6日(木)
本日は試合がありません

5月6日(木)
本日は試合がありません

5月6日(木)
本日は試合がありません

新着ニュース

「#勝ちながら修正」体現 川崎F田中碧が終盤の絶好機で見せたキープ 

川崎F対名古屋 後半、相手と競り合いながらコーナーキープする川崎F田中(左)(撮影・浅見桂子)

4日に行われた、川崎フロンターレと名古屋グランパスのJ1首位決戦。後半ロスタイム、3-2でリードする川崎フロンターレのU-24日本代表MF田中碧(22)は、相手センターバックからボールを奪った。カウンターで試合を決める、絶好のチャンス。しかし田中は、迷わずコーナーにボールを運んで、時間を稼いだ。

3点リードして迎えた終盤、2失点してなおも相手に押し込まれていた。同点の気配も漂う中で、迎えた後半ロスタイムだった。田中のプレーに、会場は少しどよめいた。川崎Fなら、追加点を狙ってもおかしくない場面だったからだろう。

鬼木監督は一夜明けた5日、田中のコーナーキープについて「ピッチ内の判断」だったと明かした。

シーズン序盤の苦い経験が生きている。開幕6連勝を逃した、3月17日のヴィッセル神戸戦。後半55分(ロスタイム10分)に同点弾を決められて、1-1で引き分けた。

鬼木監督はこの試合の後、「ロスタイムに自分たちのやるべきことがぼやけた。最後の最後まで(得点を狙う姿勢を)見せたいところと、勝たなきゃいけないところのバランス」と指摘し、「しっかりと判断して、点を取って試合を決められたら成功だし、時間を進めて勝ちきるのも成功」と話していた。

名古屋戦では、その反省をふまえて勝利を引き寄せた。コーナーでのキープも、勝利のための立派な選択肢。指揮官は神戸戦の後、「ロスタイムの使い方」について、あらためて選手に確認したという。「(追加点を)取りに行ってもいいシーンも当然あるが、昨日は全体的にかなり疲弊していた。はっきりしたプレーをした、選手の判断を尊重したい」。

川崎Fの選手らが、合言葉のようにSNSにつづる「#勝ちながら修正」を体現した試合だった。【杉山理紗】

川崎F対名古屋 後半、相手と競り合いながらコーナーキープする川崎F田中(左)(撮影・浅見桂子)
川崎F田中碧

関連するニュースを読む

名古屋DF森下龍矢が川崎F戦で全力疾走アシスト 稲垣も称賛した推進力

森下龍矢(2020年11月21日撮影)

<明治安田生命J1:川崎F3-2名古屋>◇第12節◇4日◇等々力

名古屋グランパスのDF森下龍矢(24)が、4日の川崎フロンターレ(等々力)とのJ1リーグ戦で実力の片りんを見せつけた。

出番が来たのは、既に0-3と敗色濃厚だった後半20分。DF成瀬と交代して右サイドバックに入った。同28分にMF稲垣の得点をアシスト。右サイドで球を持つFWマテウスの背後から全力疾走で追い越した森下が、パスを受けてマイナスのグラウンダーを稲垣に送り、名古屋には待望の1点が入った。

もちろん大量得点差があったからこそ、名古屋が反撃の時間を多くつくれたとはいえる。だが、森下が途中出場してからの約25分間は明らかにチームのテンポが上がり、右サイドで主導権を握れるようになった。マテウスとの相性も抜群だった。

試合後に森下は会見に出席しなかったが、稲垣が多くの時間を割いて後輩を称賛した。

「もちろん、あのパスをくれれば、自分は(ゴールを)決める自信はあるが、やはり、そこまでいった森下選手のオーバーラップからのクロス、そっちをほめてあげてほしい。彼の推進力は、あの場面に限らず、いくつもチームにポジティブな要素として出ていた。彼のような勢いをもたらせる選手がいるのは、僕たちにとって励みになるし、今後にも明るい材料になる」

森下は明大から昨年、サガン鳥栖に入団。1年目から33試合3得点とずばぬけた結果を残し、今季は名古屋に引き抜かれた。大卒2年目で異例の出世街道を歩んだが、名古屋の右サイドバックは成瀬や宮原が先発に定着した。

森下はベンチ入りするも、移籍後初出場したのは4月18日の古巣鳥栖戦の後半途中から。その時も稲垣の得点を演出するクロスを供給していた。この日がようやく2試合目。いずれも負けた試合だけに、本人もまだ納得はしていないだろう。

開幕前の森下は「前への推進力」が武器だと自己紹介した上で、「鳥栖では僕のよさを理解してもらっていたが、五輪や海外を目指す上で、チームの戦術に適応して、プラスアルファを出せるのが、サッカー人生のプラスになる」と意気込んでいた。

中盤や左サイドもできる器用さはあるが、何よりパワフルでスピードのある動きが魅力だ。東京五輪世代の強化合宿に招集された経験もある背番号17は、川崎Fとの2連戦に完敗した名古屋の中で希望の星となりそうだ。【横田和幸】

関連するニュースを読む

森保監督が川崎Fの強さに言及「代表候補にほとんどの選手が入っている」

日本代表の森保一監督

<明治安田生命J1:川崎F3-2名古屋>◇第12節◇4日◇等々力

Jリーグのチェックを怠らない日本代表の森保一監督が4日、オンライン取材で、今季無敗の川崎フロンターレの強さについても言及した。

早くも独走状態の川崎Fについて、「代表候補に、ほとんどの選手が入っている」と、昨季リーグベストイレブンの候補(優秀選手)に13人が入った選手層の厚さを、理由の1つに挙げた。

今季加入したMF塚川ら、新戦力もフィット。あまり目立った実績がない選手でも、すぐ活躍できる。この点も川崎Fらしさのひとつとみる。「チームに合う選手をスカウトして、いい経験をさせて育てている。即戦力と同時に伸びしろある選手を戦力にしていく、そのバランスがいい」。ピッチ内外で一貫したコンセプトが確立されていることも強さの一部だとみている。

川崎Fと日本代表が試合をしたらどうなるかと問われると「おもしろい試合になると思います」と笑った。

関連するニュースを読む

「ほぼほぼ薫のゴール」決めた川崎F山根も感謝した三笘薫の技ありターン

後半、チーム2点目のゴールを決めた川崎F山根(右)をハイタッチで迎える三笘薫(左から2人目)(撮影・浅見桂子)

<明治安田生命J1:川崎F3-2名古屋>◇第12節◇4日◇等々力

川崎フロンターレのU-24日本代表のMF三笘薫が華麗なアシストで会場を沸かせた。後半5分、左サイドで後ろ向きにボールを受けると、DFから遠い右足でボールをキープして、相手が足を出したところで技ありのターン。持ち前のスピードでDFを置き去りにし、ピンポイントクロスでDF山根の得点につなげた。「狙い通り。足を出してくれたら僕の触る範囲のほうが広いと思ったので、その時点で勝ったなと思った」と三笘。山根も「相手が反応できないボールをくれたので、ほぼほぼ薫(三笘)のゴール」と感謝した。

川崎F対名古屋 後半、チーム2点目のゴールを決める川崎F山根(右)(撮影・浅見桂子)
川崎F対名古屋 後半、シュートを放つ川崎F三笘(中央)だが阻まれる(撮影・浅見桂子)

関連するニュースを読む

【解説】川崎F-名古屋、異例の2連戦となった理由

川崎F対名古屋 3-2で逃げ切り勝利し、スコアボードの下でほっとした表情で喜び合う川崎Fイレブン(撮影・浅見桂子)

首位の川崎フロンターレが2位名古屋グランパスを3-2で下し、開幕14戦負けなしで勝ち点を38とした。名古屋は同29のままで、その差は早くも同9にまで開いた。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の影響で日程が変更されて組まれた4月29日に続く同一カード2連戦。目立ったのは2連勝し、早くも独走態勢に入った川崎Fの圧倒的な強さだった。

 ◇   ◇   ◇

【解説】異例の2連戦は、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の日程変更により実現した。ACL東地区の1次リーグは当初、4月21日~5月7日に予定されていた。ところが3月11日、新型コロナウイルスの感染状況をふまえて、6月~7月への開催延期が発表された。

ACLに出場する川崎Fと名古屋は、6月~7月に予定されていたリーグ戦の日程変更を余儀なくされた。「名古屋-川崎F(豊田ス)」は7月11日に開催予定だったため、ACL延期により、空白となった4月29日に変更となった。

「川崎F-名古屋(等々力)」は当初、5月12日に実施予定だった。そのまま同日に開催することもできたが、これも5月4日に前倒しすることで、12日に「川崎F-ベガルタ仙台」「名古屋-鹿島アントラーズ」の試合を組むことができ、消化試合数を増やすことができる。

このような理由もあって、ゴールデンウイークの2連戦開催が発表されたのは、約1カ月前の3月31日。首位攻防戦を序盤に終えてしまうのは、リーグ全体の盛り上がりを考えるともったいない印象もあるが、Jリーグ関係者は「何より日程が決まってよかった」。コロナ禍、東京五輪イヤーの厳しい日程の中で、胸をなで下ろしていた。

川崎F対名古屋 後半、シュートを放つ川崎F三笘(中央)だが阻まれる(撮影・浅見桂子)

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。