<東京5R>◇10日◇芝2000メートル◇2歳新馬◇出走12頭

7番人気テラフォーミング(牡、相沢、父エピファネイア)が2番手追走から直線で抜け出した。勝ちタイムは2分4秒4。4Rで落馬負傷した木幡巧に替わって騎乗した鮫島克騎手は「急きょの乗り替わりでしたが、所属の石川騎手や相沢先生から聞いた情報や返し馬の感触から前につけて抜け出すイメージでその通りに行ってよかったです。まだ緩いところがあるのでこれからよくなると思います」とコメントした。

土曜東京5Rの新馬戦に続き、2日連続で単勝1倍台の人気馬を負かした相沢厩舎。相沢師は「相手が強いからどうかと思ったけど、いい勝ちっぷりでこれからが楽しみだね」と笑顔を見せた。今後は東スポ杯2歳S(G2、芝1800メートル、11月20日=東京)を視野に入れる。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】