<ダービー:1週前追い切り>

G1馬キラーアビリティ(牡3、斉藤崇)が一変をはかる。Cウッドコースを単走で6ハロン83秒8-11秒7。ゴール後も手綱をしごいて追われた。

横山武騎手は「舌を縛ったことで、いつもより左右のバランス差を感じなかった。馬具を工夫した点がいい方に向けば。皐月賞の時より明らかに、もっさりしたところが消えていた」と上積みを実感していた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】