牝馬クラシック2冠目のオークス(G1、芝2400メートル、22日=東京)の最終追い切りが18日、東西トレセンで行われた。2歳女王サークルオブライフ(国枝)は美浦ウッドでの3頭併せで僚馬に併入。今年2戦はチューリップ賞3着、桜花賞4着に敗れてはいるが、巻き返しに向けて体調を上げている。同馬を管理する国枝栄師(67)が共同会見に出席した。一問一答は以下の通り。

   ◇   ◇   ◇

-前走の桜花賞は4着

国枝師 その前(チューリップ賞3着)が良くなくて、折り合いを欠いたのでスムーズな競馬ができた。だが、外でけん制していたのか、遅れてしまって内の馬が抜けた。しょうがなかった。残念だったが、しまいの脚を使ってくれたのでよかったと思う。

-前走後の疲労は

国枝師 何も問題なく順調です。

-1週前追い切りの評価は

国枝師 予定より速くなったが楽に動いてくれたので、よかったと思う。

-最終追い切りの動きはどうか

国枝師 あまり速くしすぎないようにしまいだけ少し伸ばした。いい動きだった。

-距離について

国枝師 ずっとマイルを走ってきたが、落ち着いて走れるし、しまいも脚を使うので大丈夫だと思う。

-かつて管理した3冠牝馬アパパネやアーモンドアイとの比較

国枝師 さすがにそこはまだ結果も付いてきていないので。これからその域に行けるようになってくれれば。

-意気込みを

国枝師 2歳でタイトルを取ってくれたので、桜花賞は残念でしたが、オークス、秋華賞と頑張りたい。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】