牝馬クラシック2冠目のオークス(G1、芝2400メートル、22日=東京)の最終追い切りが18日、東西トレセンで行われた。前走フローラSで重賞初制覇を飾ったエリカヴィータ(国枝)は福永騎手が騎乗し、併せ馬を行った。同馬を管理する国枝栄師(67)が共同会見に出席した。一問一答は以下の通り。

   ◇   ◇   ◇

-フローラSを振り返って

国枝師 しまいがグッとガッツを見せてくれて、すごくよかったと思います。

-前走後、鞍上の田辺騎手とどんな話を

国枝師 乗りやすいし、勝負根性があると喜んでいましたよ。

-最終追い切りは併せ馬

国枝師 細身の馬なので様子を見ながらやりましたが、今日は福永君に乗ってもらっていい感触だったみたい。よかったと思う。

-レースの位置取りは

国枝師 どうしても「ここ」というのはない。乗りやすいし、流れや枠によって自由が利くと思う。そこは福永君に任せたいと思う

-最後に抱負を

国枝師 もともと素質はあると思っていて、負けた一戦も不利があった。そんなに差はないと思うので頑張ってほしい。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】