土曜中京メインの京都新聞杯(G2、芝2200メートル、7日)で、ブラックブロッサム(牡、斉藤崇)が無傷の3連勝でダービー行きを決める。ここまでのデビュー2連勝は圧巻のパフォーマンス。特に、前走の大寒桜賞は力の要る重馬場をものともせずに8馬身差の快勝劇だった。斉藤崇師は「前走はこちらが思っていた通り、もしくはそれ以上。言うことなしの強い競馬だった」と振り返る。

デビュー前から素質を期待され520キロ超の雄大な馬格もあって慎重にレースを使われてきた。師は「能力が高いし、体もいい。ただ、今回は気持ちと体の面で少しバランスがかみ合っていない部分もある。その点は少し気になるが、ここはしっかり結果を出してほしい」と期待。同じ新種牡馬キタサンブラック産駒は、皐月賞2着のイクイノックスなど初年度から活躍。「ここで結果が出れば当然、ダービーも考えられる」。強敵の待つ大舞台へ、試金石の一戦となる。【奥田隼人】

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】