<極ウマ制定21-22年クラシック番付>

牡馬部門では青葉賞Vのプラダリアが前頭5枚目で新入幕を果たした。未勝利を勝ったばかりの身で挑んだが、能力と距離適性の高さを見せた。

牝馬部門は変動がなかった。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】