<NHKマイルC:追い切り>

弥生賞2着からのローテで挑むシュネルマイスター(牡3、手塚)はルメール騎手を背に、美浦ウッドコースで2頭併せで追い切られた。角馬場で入念に体をほぐした後、ウッドコースに入り、僚馬を5馬身程度追走。直線は軽く促すと反応良く並びかけ、余裕を持って併入した。

手綱を取ったルメール騎手は「今日は無理しないでという指示でした。馬は一生懸命走ってくれて、すごくいい追い切りができました。大きな馬でストライドがパワフルですね。絶対に重賞レベルの力がある馬だと思っています。G1で相手もレベルアップしますが、やれると思います」と好感触を得ており、同馬の能力を高く評価していた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!