牝馬クラシック第1弾、桜花賞(G1、芝1600メートル、11日=阪神)の枠順が8日に確定した。

2歳女王ソダシ(須貝)は4番。インからチャンスをうかがう。北村助手は「ゲートは(枠順にかかわらず)先入れなので、どこでもよかった。追い切った後も変わりない。少しでも内でロスなく運べるのはいいのでは」と前向きに受け止めた。この日は引き運動で調整した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!