現2歳世代が初年度産駒となるロゴタイプ産駒の牝馬(母スノーレガーロ、母の父ネオユニヴァーズ)が24日美浦の田中剛厩舎に入厩し、トレセン内での調教をスタートしています。

ロゴタイプは現役時代同厩舎に所属し、12年朝日杯FS、13年皐月賞、16年安田記念のG13勝を挙げ、田中剛厩舎の看板馬とし12年から17年まで活躍していました。朝日杯、皐月賞も強かったですが、やはり6歳時に制した安田記念での復活Vが記憶に残っています。田中剛師は「動きや体の使い方がしっかりしていて、顔つきもお父さんに似ていますね」と同産駒について話していました。他にも数頭現時点で同産駒の入厩が決まっているそうで、デビューする姿を楽しみにしていました。

父はスプリントから2000メートルまでをこなし、産駒の距離、条件の融通性も期待されます。欧州の血を受け継ぐローエングリンの後継種牡馬として、幅広い活躍を期待したいところです。【極ウマPOG取材班】

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!