<朝日杯FS:追い切り>

2戦2勝のドゥラモンド(牡2、手塚)は美浦ウッドで併せ馬を行った。

ニシノコトダマ(古馬2勝クラス)を3馬身後ろに従えて、直線では馬体を並べながら馬なりで併入した。5ハロン68秒5-12秒8。多くの2歳馬が活躍する新種牡馬ドゥラメンテの産駒は今回が初のG1挑戦。手塚師は「体もいいし、中身もできている。阪神のワンターンで切れると思う。一瞬の脚がはまれば」と話した。同厩舎は11年アルフレード、13年アジアエクスプレスで朝日杯FS2勝。勝てば単独トップの3勝目となる。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!