<東京5R>◇11日=東京◇2歳新馬◇芝2000メートル◇出走13頭

ドゥラメンテ産駒の6番人気レインフロムヘヴン(牡、堀)が勝利した。

好スタートから3番手につけると、向正面で先頭へ。直線もしぶとく脚を伸ばし、ディアドラの全妹セブンシーズを1馬身退けた。勝ちタイムは2分4秒5。父の主戦だったM・デムーロ騎手は「ドゥラメンテの子で勝ててとてもうれしい。スタートをうまく出たけど、競馬を教えたかったので控えた。先頭に立つと物見をしたけど後ろから馬が来たら頑張った」と振り返った。次走は未定。断然の1番人気に支持されたレイデオロの全弟アルマドラード(牡、藤沢和)は4着に敗れた。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!