<新潟5R>◇2日=新潟◇芝1600メートル◇2歳新馬◇出走18頭

3コーナーで2番手に上がった6番人気ハヴァス(牡、橋口慎、父ルーラーシップ)が、早め先頭から後続を振り切った。勝ち時計は1分35秒6。前半は口向きの悪さも見せていたが、しまいは内にもたれながらもしっかり伸びた。丸山騎手は「少し真面目過ぎるが、能力は高い」と評価した。次走は30日の新潟2歳S(G3、芝1600メートル)の予定。

父ディープインパクト、母アパパネの子で注目された1番人気アカイトリノムスメ(牝、国枝)は、スタートで出遅れ、直線も伸びを欠き7着に敗れた。戸崎騎手は「調教では前向きでしたが、周囲に気を使って集中し切れない感じ。うまくかみ合わなかったですね」と話した。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ