日本競馬界の悲願成就ならず。69年スピードシンボリを皮切りに、のべ33頭の日本馬が挑戦してきた凱旋門賞。今年はタイトルホルダー(牡4、栗田)、ディープボンド(牡5、大久保)、ドウデュース(牡3、友道)、ステイフーリッシュ(牡7、矢作)の過去最多4頭が挑んだが、またも世界の壁に阻まれた。これまでの最高成績はエルコンドルパサー(99年)、ナカヤマフェスタ(10年)、オルフェーヴル(12、13年)の2着が4回だった。初挑戦から53年、凱旋門賞へ挑んだ日本馬の全成績をまとめました。

【イラスト】日本馬の凱旋門賞挑戦
【イラスト】日本馬の凱旋門賞挑戦
  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】