JRAで16年ぶりに誕生した女性ジョッキーの藤田菜七子。2016年3月3日に地方の川崎競馬場でデビューし、同5日のJRAデビュー戦で2着、同24日の浦和遠征で初勝利を挙げました。

常に注目を浴びながら騎乗を重ね、18年8月25日、牧原(現増沢)由貴子元騎手の持つJRA女性騎手最多勝利を上回るJRA通算35勝を達成。

19年は6月にスウェーデンで開催されたウィメンジョッキーズワールドカップ(W杯)で総合優勝。10月の東京盃(統一G2)ではコパノキッキング(セン4、村山)で勝ち、女性騎手初の統一ダート重賞制覇。12月8日のカペラS(G3)もコパノキッキングで勝ち、日本人女性騎手と初めてJRA重賞制覇。そして、12月15日の中京6RでJRAと地方の通算100勝を達成しました。

さらに記録を更新し、上のステージをめざして努力を続ける藤田菜七子騎手の足跡をまとめました。

 ◆藤田菜七子(ふじた・ななこ)1997年(平9)8月9日、茨城県生まれ。小6の時に競馬中継を見て騎手を志望。13年に32期生として競馬学校に入学。9月まで根本厩舎で厩舎実習。目標騎手はリサ・オールプレスと丸山元気。趣味は音楽鑑賞、睡眠。特技は早風呂。尊敬する人は坂本龍馬。好きな芸能人はEXILE。座右の銘は正々堂々。157センチ、46キロ。血液型A。(15年10月9日紙面より)

 ◆JRAの女性騎手 96年に田村真来、細江純子、牧原(増沢)由貴子の3人がデビューしたのが初。翌97年に板倉真由子と押田純子、00年に西原玲奈がデビューした。13年9月の増沢の引退により女性騎手はいなくなったが、16年に藤田菜七子が騎手免許試験に合格し16年ぶり7人目の女性騎手となった。

藤田菜七子まとめ(2012年10月30日~2016年03月24日)

藤田菜七子まとめ2(2016年03月31日~2016年10月09日)

藤田菜七子まとめ3(2016年10月10日~2017年08月30日)

藤田菜七子まとめ4(2017年09月30日~2018年02月17日)

藤田菜七子まとめ5(2018年07月07日~~2018年09月28日)

藤田菜七子まとめ6(2018年07月07日~~2018年09月28日)

藤田菜七子まとめ7(2019年05月01日~~2019年09月21日)

藤田菜七子まとめ8(2019年09月29日~~2020年07月4日)

藤田菜七子 2020年7月12日~

藤田菜七子5週連続V アイアムスゴスギル勝利導く

福島7R、アイアムスゴスギルで勝利した藤田菜七子騎手(左)、2着エリモグリッター(撮影・柴田隆二)
福島7R、アイアムスゴスギルで勝利した藤田菜七子騎手(左)、2着エリモグリッター(撮影・柴田隆二)
福島7R、アイアムスゴスギルで勝利した藤田菜七子騎手(撮影・柴田隆二)
福島7R、アイアムスゴスギルで勝利した藤田菜七子騎手(撮影・柴田隆二)

藤田菜七子5週連続V アイアムスゴスギル勝利導く 詳細記事

藤田菜七子4週連続V 通算108勝目/福島4R

福島4R、アルピニズムで今季18勝目をあげた藤田騎手
福島4R、アルピニズムで今季18勝目をあげた藤田騎手

藤田菜七子4週連続V 通算108勝目/福島4R 詳細記事

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ