昨年フランスG1フォレ賞で3着に好走したエントシャイデン(牡7、矢作)は8日中山メインのニューイヤーS(リステッド、芝1600メートル)に出走後、2月26日にサウジアラビア・キングアブドゥルアジーズで行われる1351ターフスプリント(G3、芝1351メートル)を目指すことが分かった。

矢作芳人調教師(60)が3日、明らかにし「国際レーティングからも出走できると思うので」と経緯を説明した。フランスから帰国後も「しっかりと疲れをとって立ち上げた」と順調で、態勢は整っている。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】