<バレンタインS>◇11日=東京◇オープン◇ダート1400メートル◇4歳上◇出走15頭

6番人気のレッドヴェイロン(牡9、鹿戸)が後方待機から鮮やかな差し切りを決め、19年10月27日の紅葉S以来、1568日ぶりの勝利を挙げた。勝ちタイムは1分24秒0。

吉田豊騎手は「ここ2戦(欅S3着、霜月S2着)でああいう競馬をしているので、じっくりためていきました。直線はよく伸びてくれましたね」と声を弾ませた。

鹿戸雄一師は「うまくはまったけど、この距離はしっかり脚を使ってくれる。ジョッキーも慣れているから」と人馬をたたえた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】