香港で5日、「2023ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」の前日セレモニーが行われた。

日本でもおなじみのライアン・ムーア騎手、トム・マーカンド騎手、ホリー・ドイル騎手らをはじめ計12人のジョッキーが集結。JRAの川田将雅騎手(38)も出席した。

メディアの写真撮影やインタビューに応じ、時折、騎手仲間と談笑するなどリラックスした様子だった。川田騎手は「日本とは違う雰囲気の中で、セレモニーが終わって、みんなで無事に終われればというのが一番です。知った顔ばかりで、初めましてという人はいませんね。日本を代表して出るという気持ちはもちろんあります。個人的にも楽しめれば」と意気込んだ。

「2023ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」は6日に香港のハッピーバレー競馬場で開催され、4つのレースで12騎手がポイントを争う。

【参加騎手】川田将雅(日本)、B・ムルザバエフ(ドイツ)、H・ドイル(英)、J・マクドナルド(ニュージーランド)、K・ティータン(香港)、L・ヒューイットソン(香港)、M・バルザローナ(フランス)、R・キング(オーストラリア)、R・ムーア(英)、T・マーカンド(英)、C・ホー(香港)、Z・パートン(香港)

※()内表記は主催者発表による。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】