チャンピオンズCを優勝したレモンポップ(牡5、田中博)は4日、美浦トレセンで静かな朝を迎えた。

前日のレースでは南部杯に続いて1番人気に応える逃げ切りでG1連勝を達成。日付が変わった深夜1時半ごろに美浦トレセンに帰厩し、この日の朝は洗い場にてトロンとした目つきでシャワーを浴びながら、激戦の疲れを癒やしていた。

田端助手は「中間で攻めた分、初めてパドックや返し馬で気負いが見られて、馬もギリギリの状態だったと思います。その分、疲れもいつもよりはあるかなと思います。さすがに疲れている感じがしますね」とねぎらった。

創意工夫の上につかんだG1・3勝目。究極を求めた仕上げが歓喜の勝利につながった。田端助手は「これで負けたらしょうがない」と攻めの調整を振り返る。中間は10ハロンからの追い切りやインターバル調教など、距離を乗り込む調整を取り入れ、初の1800メートルに臨んでいた。

「(坂井)瑠星のおかげ。うまく乗ってくれましたよね。ロスなく。ジョッキーカメラも見たんですけど、すごいですよね。外からあれだけ先行してくれて。坂の途中にゲートがあってつまずく馬が多いと言っていたので、そこだけ気を付けて乗る、と。短い距離を使っている馬なのでね」

人馬はダッシュを決めて、すぐさまハナに立つ。田端助手はレースをゲート裏まで付き添った厩舎スタッフが待機するバスの中で観戦した。発馬直後に外へ膨れかけたが、瞬く間に修正して二の脚を発揮。その姿を見て、1角を迎える頃には好走を予感していた。ゴール前で脚は上がりかけたが、終盤までのリードを1馬身1/4守り抜いてくれた。

すでに来年以降の現役続行が発表されている。田端助手は「まずは疲れを取ってあげて、来年に向けてつくっていきたいと思います。彼の中で一番疲れていますから。楽しみですよね。なんとか出来の良さで距離をこなしてくれた。3歳のときに1年休んだのが結果的に今に結びついたと思います。コントロール、操縦性がいい馬ですから。厩舎のみんなで考えて、結果が出た。これで厩舎力も上がったのかと思います」と満足げに語った。

フェブラリーSに続く、同一年のJRAダートG1制覇は史上4頭目。明日5日は同馬を管理する田中博康師の38回目の誕生日を迎える。「いい誕生日プレゼントになったと思います」。そう言うとまた笑みがはじけた。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】