10日にシャティン競馬場で行われる香港国際競走に向けた関東馬の国内最終追い切りが1日、美浦トレセンで行われた。

田中博師が送り出す、香港カップ(G1、芝2000メートル)に挑むローシャムパーク(牡4)と香港ヴァーズ(G1、芝2400メートル)に出走予定のレーベンスティール(牡3)が美浦ウッドで2頭併せを行った。前者が外から先行、後者が内から1馬身ほど追走。ゴール前で内のレーベンスティールがやや仕掛けられ、馬なりのローシャムパークと併入に持ち込んだ。

タイムはローシャムパークが6ハロン82秒8-11秒3、レーベンスティールが6ハロン82秒5-11秒3を計時した。

日が昇る前の午前4時半過ぎから2頭の動きを見守った師は「いい追い切りでしたね。それほどやったという感覚はないですが、この2頭ならこのような追い切りになると思います。土曜の夜に出発しますが、しっかりと負荷をかけていますし、現地での追い切りは到着後の様子を判断します。最悪追い切りができないことまで意識して仕上げています」と納得の表情を見せた。

函館記念、オールカマーと重賞2連勝中のローシャムパークについて師は「入厩時からカイバ食いが悪く今までにない状況で、調整が遅れたところはありますが、回復してひきずっているところはないですし、走りを見ている感じではいい状態にあると思います」と説明。

セントライト記念で皐月賞馬ソールオリエンスを破り重賞初制覇を果たしたレーベンスティールについては「前走を境に馬体の強さが出てきました。以前は心身の弱さがありましたが、トップラインの傷みが出にくくなり、3歳のこの時期で成長が感じられますね。体重は微増ですが、中身が強くなっています」と上積みを強調した。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】