今週の日曜東京メインでは天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、31日)が行われる。

カイザーミノル(牡5、北出)がさらなる距離延長に活路を見いだす。前走・毎日王冠は約1年ぶりの芝1800メートルで5着。3番手から直線は懸命に粘った。中村助手は「十分な結果。前走後、横山典騎手が『もっと頑張れる』と言ってくれた。この言葉を信じる。馬は今年になって本格化してきた」と話す。引き続き名手を背に、初G1、初2000メートルで見せ場を作るか。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】