クラシック最終戦・菊花賞(G1、芝3000メートル、24日=阪神)の枠順が21日に確定した。

7番はディープモンスター(牡、池江)は馬群で末脚を温存する。

川合助手は「内めでよかった。馬の後ろで待機して脚をためたい。休み明けで3000メートルなので厳しいところはあるけど、やれることはやってきたので」と底力にかける。この日は引き運動で調整された。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】