<小倉サマージャンプ>◇28日=小倉◇J・G3◇芝3390メートル◇3歳上◇出走8頭

熊沢重文騎手(53)騎乗のアサクサゲンキ(せん6、音無)がメモリアルな勝利を収めた。熊沢騎手は障害通算254勝とし、星野忍騎手が持つ障害最多勝記録に並んだ。17年小倉2歳Sを制しているアサクサゲンキは史上14頭目の平地&障害重賞制覇。鞍上とコンビでの偉業達成となった。

好スタートからやや離れた2番手を追走。2周目の正面から逃げるセプタリアンに取り付き、向正面で先頭に立つ。背後に迫るマサハヤドリーム(せん9、今野)を振り切るように、ゴールを駆け抜けた。

熊沢騎手は7月18日、小倉1Rの未勝利戦を10番人気ツブラナヒトミで勝ち、偉大な記録に王手をかけた。それから1カ月あまり、待望の瞬間は、18年京都ジャンプS以来3年ぶり16勝目の障害重賞という華やかな舞台で訪れた。

「(記録は)ずっといい目標、目指すべきところだと思っていた。ただ、それは数字というよりも、星野忍さんというジョッキーを目標にやってきた。まさか数字的にここまでこれるとは」。あと1勝の重み、さらにはこれまで積み重ねてきた白星の重みを、そんな言葉で語っていた。同時に「超えないと記録じゃないからね。あとひとつ勝っても並ぶだけです」とも口にしていた。偉大な先輩に肩を並べ、次なる目標は前人未到の新記録樹立だ。

2着はマサハヤドリーム、3着は外を追い上げたビーオールアイズ(せん4、松下)。

馬連(2)(6)は230円、馬単(6)(2)は330円、3連複(2)(6)(7)は1670円、3連単(6)(2)(7)は3690円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

◆熊沢重文(くまざわ・しげふみ)1968年(昭43)1月25日、愛知県生まれ。86年に内藤繁春厩舎所属でデビュー。88年オークス(コスモドリーム)で重賞初制覇。91年にダイユウサクで有馬記念V。12年にマーベラスカイザーで中山大障害を勝利した。99、00、02、04年と最多勝利障害騎手を4度受賞。JRA通算1048勝、重賞32勝、G14勝(いずれも平地&障害合計)。153センチ、53キロ。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】