日曜函館メインは今夏の開催を締めくくるエルムS(G3、ダート1700メートル、8日)が行われるが、昨年の覇者タイムフライヤー(牡6、橋口)が連覇を狙う。

3日は角馬場からダートコースを駆け抜けた。五十嵐助手は「順調です。いい状態で臨めそう。気配もいい」と手応えを伝えた。前走マリーンSは大外8枠14番から2番手を追走したが、逃げ馬とともにハイペースとなって12着に大敗。「大外枠でもあったし、いろいろ条件が合わなかった」と振り返る。前走後はここを目標に調整。武豊騎手との初コンビで巻き返しを期す。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】