<新潟ジャンプS>◇31日=新潟◇J・G3◇芝3250メートル◇3歳上◇出走13頭

10番人気トゥルボー(牡5、小笠)が直線の激しい追い比べを制し、JRA重賞初制覇を果たした。勝ちタイムは3分29秒0。

後続を引き離すサーブルオールにただ1頭、栗毛の馬体が迫ってきた。最終障害を飛越し、2頭の追い比べ。石神騎手には自信があった。「オルフェーヴル産駒で勝負根性があるから大丈夫。最後は遊んでいたし、まだ伸びしろがある」。首差以上の完勝だった。

障害競走通算253勝で、星野忍元騎手が持つ歴代最多勝記録(254勝)へあと1勝としていた熊沢騎手が騎乗したバイオレントブロー(セン6、佐々木)は10着だった。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】