日曜函館メインでは牝馬重賞クイーンS(G3、芝1800メートル、8月1日)が行われる。

ダービー卿CTに続く重賞2勝目を狙うテルツェット(牝4、和田正)は、放牧先のノーザンファーム天栄から直接函館に入厩して調整を進めている。今回は快勝した新馬戦以来の1800メートル。和田正師は「掛かる馬じゃないし、こなせていいと思う」と前向きに捉える。前走ヴィクトリアMは出遅れが響いて14着に大敗。「気性的に危うい面が出てしまった。小回りだからゲートは出てほしい」と発馬を1つの鍵とした。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】