英オークスを史上最大の16馬身差で圧勝したディープインパクト産駒スノーフォール(牝3、A・オブライエン)について、父の主戦だった武豊騎手(52)が賛辞を贈った。

「衝撃的でしたね。ディープのダービーみたいだった。ディープは(父としても)すごいね」

自らの手で5馬身差Vへ導いた05年ダービーを引き合いに出し、その強さに舌を巻いていた。

ブックメーカー各社では、すでに凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月3日=仏ロンシャン)の前売り1番人気に浮上している。16年勝ち馬ファウンドのめいにあたり、血統背景からも期待は大きい。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】