<宝塚記念:2週前追い切り>

上半期のグランプリ宝塚記念(G1、芝2200メートル、27日=阪神)に向けて9日、昨年の覇者で、グランプリレース3連覇を狙うクロノジェネシス(牝5、斉藤崇)が2週前追いを行った。Cウッド、単走で6ハロン84秒4-11秒9をマーク。馬なりながら軽快な動きを披露した。斉藤崇師は「いつも(帰厩後の)1本目はまだスイッチが入っていないというか、重たい部分がありますが、ドシッとしているという意味ではいいと思う。これで変わると思います」と振り返った。

この日は普段の調教役・団野騎手が不在だったため福永騎手が騎乗。「さすがにいい馬。バランスもいいし、牝馬らしからぬパワーもある」と評した。レースで初コンビを組むルメール騎手は1週前、当週と追い切りにまたがる予定。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】